結婚の決め手ってなに?【男女別】にまとめました♡

結婚の決め手ってなに?【男女別】にまとめました♡のカバー写真

プロポーズをOKしたら結婚というのが一般的なカップルの流れ。でも、結婚した本当の理由について、お互いの本音を知ることって意外とないですよね⁉︎ そこで今回は、気になる「結婚の決め手」について。「みんなどんな理由で結婚してるの?」「 結婚を意識した相手のタイプって?」など男女別に、結婚の実態や本音などを徹底解説しちゃいますよ!

結婚する・しない相手って一体何が違うの?

付き合っても結婚する相手としない相手。一体何が違うのでしょう?  結婚にはタイミングや経済事情、お互いの気持ちなど色々な要素が関わってきますよね。

付き合いは順調なのに、いざ「結婚」となるとなかなか踏み出せないカップルも多いかもしれません。

でも、みんな色々な理由で結婚に踏み切っているみたい。そんなキッカケとなった出来事などについてもご紹介していきますね♡

結婚の実態!独身から既婚にかわったのはいつ?

「結婚適齢期」という言葉もあるぐらい、いつ結婚するかはやっぱり気になる問題。とくに周囲に結婚が増えてくると、ますます自分の婚期を意識しちゃいますよねー。

「年々、晩婚化が進んでいるって聞くけど本当?」など、まずはみんなが「独身から既婚にかわったのはいつなのか?」男女別の数字でみていきましょう!

年齢

ゼクシィ 結婚トレンド調査2017調べ」によると、

全国の男性の結婚平均年齢は30.0歳、女性は28.6歳でした!

女性の方が若干、結婚の平均年齢が若めという結果です。晩婚化が進んでいると言われる今日、実際に男女共にアラサーで結婚する人が多いようですね。

ただし、結婚年齢は地域によって若干の違いがあるみたいです。首都圏においてはやはり全体的にもう少し高めで、男性は30.3歳、女性は29.1歳という結果でした! 

男性編

結婚した時の年齢を割合別にもう少し詳しくみてみましょう。

《男性》
・24歳以下:7.3%
*25~29歳:48.2%
・30~34歳:28.0%
・35歳以上:16.4%

男性は25~29歳で結婚する人が最も多く、半数近い割合となっています。
ただ、30歳前半で結婚する人も28%と多くなっています。女性と比べて、35歳以上で結婚する人の割合が多いのも特徴なんですね。

女性編

《女性》
・24歳以下:10.9%
*25~29歳:56.6%
・30~34歳:24.7%
・35歳以上:7.7 %

女性も20代後半の25~29歳が全体の半数以上を超えて最も多い結果となりました。女性の場合は、男性と比べて24歳以下で結婚する人が一割はいるんですね。

また、男性よりも25~29歳で結婚する人が多い結果となっています!
「30歳までには結婚したい、子供が産みたい」と意識する女性が多いのかもしれません。

付き合った年数

結婚となると少なからず相手を知る期間が必要ですよね。付き合った年数も気になるところ。

みんなどれぐらいの交際期間で結婚しているのでしょうか?

恋愛結婚した夫婦の平均交際期間は、4.55年
(国立社会保障・人口問題研究所
第15回 出生動向基本調査」より)。

数年前の調査結果に比べると、年々交際期間が長くなっているようです。だいたい5年未満の交際期間を経てゴールインするのが平均みたい♡

付き合って◯年の節目

付き合った年数が結婚の決め手になることもありますよね。付き合いが長くなれば、「そろそろ結婚かなぁ」とお互いに意識することも多くなるかと思います。

相手を良く知った上で結婚すれば、結婚生活で「こんなはずじゃなかった!」というギャップも生まれにくくなりますよね。

ただし、交際期間が長くなると、結婚に踏み切るには何かキッカケが必要かも⁉︎

その点、付き合って◯年の節目や、交際記念日は結婚に踏み切る良いキッカケになりそう!

「このままずっと一緒にいたいから」と、交際記念日にプロポーズというのもステキですよね♡

スピード婚

「愛に時間は関係ない⁉︎」。数年前、交際期間0日で結婚した女性芸人が話題になりましたが、交際期間が半年以内のスピード婚のカップルも! 

「結婚は勢いが大切」とも言われます。もしかして、慎重になりすぎるあまりタイミングを逃すこともあるかもしれません。

「運命の人だと感じたから」「お互いの気持ちが一番盛り上がっているタイミングでの結婚がベスト」という考え方もありますよね♩

ただし、相手のことをを深く知らない上でのスピード婚は、思っていた相手と違うという「スピード離婚」のリスクがあることも知っておきましょう!

お互いに昔から知っている間柄の場合は、スピード婚でも関係ないかもしれませんね。

きっかけとなる出来事があった

とはいえ、日々の結婚生活は「愛情だけ」で成り立つほど甘いものでもありません。「結婚=生活の場」でもありますよね。

そのため、きっかけとなる現実的な出来事が背中を押すことで、結婚に踏み切ったパターンもあるようです!

実際に結婚のきっかけとなった理由に、どんなものがあったのか、みていきましょう♩

転勤が決まった

彼もしくは彼女に転勤が決まったタイミングでプロポーズ♡のパターンです。「遠距離恋愛」を選ぶという選択肢もありますが、やっぱり好きな人と離れるのは寂しいですよね。

そこで、結婚して「夫婦」として新生活のスタートを切るのも一つの選択肢。新しい土地でのスタートも、二人なら心強いです♡

周りが結婚した

なんだかやけに周りが結婚ラッシュになる時ってありませんか?

「自分はまだ先だな」と考えていても、実際に結婚式に招かれたり、結婚して幸せそうな友達の様子をみると、焦ったり羨ましくなるのが人間というもの。

男女共に、そんなタイミングで実際の「結婚」へのスイッチが入ることもあるみたい!

親に会った

交際の挨拶に行った際や遊びに行った時など、彼や彼女の両親に会うと、やはり結婚を意識しますよね。会った時に「それとなく結婚のプレッシャーをかけられたから」という少々後ろ向きな理由から、

「親に会ったら、やっぱりきちんとしないといけないと思った」「彼女(彼)の親に会ったら素敵な人で、自分もそんな家庭を築きたくて結婚を決意した」

なんていう前向きな理由もあるみたいです♡

アパートの更新時期

「えっ?そんな理由で」とがっかりするロマンチストもいるかもしれませんね。

でも賃貸アパートやマンションの更新料は、家賃の1ヶ月分程度〜かかるのが相場です。家賃が高い都会暮らしであればなおさら痛い出費。

更新を期に引っ越しをするのであれば、結婚して新居を探すという選択肢もあるんです! 長い目で見れば、一人暮らしよりも二人で暮らす方が経済的ですよね。

彼女の妊娠がわかった

いわゆる「授かり婚」も結婚のきっかけのひとつ。

新しい家族が増えるのはとってもおめでたいこと♩ 産まれてくる子供のためにも「結婚しよう!」という強力な決め手になりますよね。

とくに男性にとっては、父親としての「責任」を果たしたいという気持ちも強いようです。

【男女別】ズバリ☆結婚を意識した相手のタイプ20選**

結婚の決め手となる相手には何を求めるのでしょうか? 性格や好みなど色々な決定要素があると思います。

そこで、ここからは結婚を意識した相手のタイプについて、男女別に厳選した20の理由を集めてみました!  

普段、お互いに明確に口にすることはないと思われる!? この話題について男性・女性それぞれの本音を探っちゃいましょう♩

男性編

男性が結婚を決める時、相手の女性のどんな部分が結婚の決め手となったのか? 結婚願望がある女性にとっては気になるところですよねー。

また、結婚生活を送るにあたっても、「世の男性が結婚に何を求めているのか」を知っておくと今後の夫婦としての生活がスムーズにいくかもしれませんね♡

価値観が一緒

長い結婚生活では、衝突もあるかもしれませんが、相手が「何を大切にしているのか」、根本的な物事のとらえ方が同じであれば、わかりあえないことはないはず。

お互いの価値観が一緒の相手とは、巡り会うこと自体が貴重かも!?  そんな女性と出会えたら一気に結婚を意識してもおかしくはありませんよね。

性格・相性が合う

上の「価値観」と少し似ていますが、性格は生まれもった部分も大きいもの。「似た者同士」という言葉も聞きますが、なんとなく性格が似ているカップルって多いですよね。

例えば、外交的な性格か?内向的な性格か? といったこと一つとってもタイプが分かれます。性格や相性が合う相手とは、ずっと一緒にいても疲れないですよね♡

一緒にいて落ち着く

「外では仕事をバリバリして、家ではゆっくりくつろぎたい」と思う男性は多いもの。帰ってきても一緒にホッとできる女性がいたら、仕事の疲れも吹き飛んじゃいます!

ストレスが多い現代、一緒にいて落ち着ける・くつろげる女性とだったら、家庭を築きたいと思うのも当然かもしれませんね。

共通の趣味がある

二人で一緒に楽しめる時間があることは、長い結婚生活においてとっても重要なこと♩

特に、男性は「車やバイク」など自分が好きな趣味に、女性が理解を示してくれるととても嬉しいみたいです。

お互いに好きなことが一緒ならば、自然と過ごす時間が増え、コミュニケーションが豊富に♡* 多少の喧嘩があっても、仲直りのキッカケ作りにもなります。趣味を通じて夫婦円満が期待できますね!

「えーっ!」と思った女性のみなさん。ここで言う「顔」とは必ずしも「絶世の美女」を求めているわけではなさそう。

確かに、「ルックスは良いに越したことはない」「周囲に美人の嫁さんを自慢したい」というのは男性の本音みたい。

ただし、「顔」が結婚の絶対条件である男性は少数派。結婚相手はあくまでも、自分好みの「容姿」かどうか、そうでなくても許容できるかどうかみたいですよ。

金銭感覚が一緒

結婚を意識するにあたって、重要なポイントとしてあげれるのが「金銭感覚」。

この感覚がズレていると、一緒に暮らすことを想像するのは難しいかも!? どこにどれぐらいお金をかけるのかは、人によって違いますよね。

特に男性は、高級化粧品やブランド物のバッグ、服といった女性の浪費について敏感になる人が多いみたいですよ。

笑いのツボが一緒

意外と多いのがこの理由。価値観が一緒というのに近いですが、二人でいる時に「面白い物を見て一緒に笑えるか」どうかは、楽しい結婚生活にするためにわりと大切なんですね♡

例えば、好きなテレビを見て笑っている時に、彼女に隣で「どこが面白いの?」という顔をされたら白けてしまいますよね。

笑いのツボが同じだと、それだけで距離感が縮まります。

家庭的(料理が上手)

昔から「彼の心を掴みたければ胃袋を掴め」と言われますが、美味しい料理を彼女に出してもらえたら、それだけで結婚したくなる男性は多いですよね。

特に食事は毎日のことなので、結婚において重要度が高めなのもうなずけます。

結婚するなら、料理に限らず「生活の基本となる家事は得意でいてほしい」というのが今も男性の本音みたい!

「家事は分担する時代」とはいえ、基本的な家事全般は男女関係なく身につけておくのがいいみたい。

包容力がある

イマドキの男性らしい理由かも!? ですね。 良い時も悪い時も、大きな愛情で包んでくれるような女性だと男性も安心できるみたい。

特に自分が辛い時に精神的な支えになってくれたら、この先もずっと一緒にいてほしいという気持ちになりますよね♡

一方で、自分の趣味やワガママに付き合ってくれる心の広い女性だったら、結婚したいという意味合いもあるみたい!?

明るくて気立てが良い

楽しい結婚生活には欠かせない要素として挙げる男性が多数。明るいというだけで、一緒にいても元気がもらえますよね。

また、周囲に対する気配り・心配りがデキる女性はそれだけで尊敬の対象に。男性が結婚をしたいなと思ってもおかしくない相手です♡

自分にはない面を持っている

先に挙げた「価値観が一緒」と正反対ですが、恋に落ちる理由の一つに「自分にはない面を持っている」というのがあるそうです。

例えばそれが「行動力や決断力」など、自分が苦手と思っているものであれば、尊敬の意味からも相手に惹かれちゃいますよね♡

常に新しい発見がある者同士だったら、結婚生活でもお互いに成長できそうです。

女性編

さて、ここからは「女性が結婚を意識した相手のタイプ」についてみていきましょう。男性が結婚に求める条件とどう違うのかも、注目したいところです!

安定した収入、職業(将来性)

やはり、男性に比べ「経済力」を重視する女性が多い様子。何が起きるかわからない時代、子育てにはお金がかかりますので、「子供も欲しい」となると、安定した職業や収入を求めてしまうのかもしれません。

また、自分が考えるライププランを叶えてくれるような将来性が、その男性にあるかどうかも女性はみているみたいですよ。

器が大きい

小さいことにこだわらずに、全てを受け入れてくれる男性に女性は弱いです。

長い結婚生活では良い出来事ばかりではありません。そんな時も、じっくりと話を聞いてくれたり、どっしりと構えていてくれる男性だと安心感がありますね♡

金銭感覚が一緒

男性側でも挙がった意見、「金銭感覚」は結婚生活における重要事項なんですね。「お互いのお金の使い方が似ている相手との方が、一緒にいて気がラク」という女性の意見もあります。

金銭感覚がズレていると小さな喧嘩が絶えず、お互いにストレスになりそう。

価値観が一緒

こちらも、男性の場合と同じ「価値観の一致」をあげる女性が多数でした。

「同じようなタイミングで同じことを考えていた。やっぱり相性がいいのだと思う」「こうしたいと思う未来や、家庭・子育てに対する意見が似ていた」という女性も。

長い結婚生活、お互いに同じ方向を向いていけると順調ですよね♡

優しい

「優しさ」を男性に求める女性は多いですよね。先に挙げた「器が大きい」と少し重複しますが、広い心で優しく受け止めてくれる男性だと自然と結婚を意識するみたい♡

「優しい=女性を大切にしてくれる」というイメージもありますよね。

また、自分に対してだけでなく、家族や友人など周囲の人に対しても優しい男性は信頼できます。そんな信頼感が結婚の決め手となることもあるようです。

一緒にいて違和感がない

恋人と違って、結婚相手の条件に挙げる女性が多いのが、「一緒にいて違和感がない」こと。

無理して自分を飾らずに自然体でいられるかどうかは、結婚生活を送るにあたって大切ですよね。

そのままの「素」の自分をお互いに好きでいられることが、結婚生活を長続きさせる秘訣なのでは?

頼りになる

結婚生活では色々なことを決断していかなくてはなりません。いざという時に頼りになる男性だと女性もやはり嬉しいですよね。

「普段は少し頼りないけれど、親への挨拶でビシッとキメてくれた姿に結婚を意識した」という女性の経験談もあったりします。

何かトラブルがあった際にも、対応が頼もしい男性だと、「この人についていこう!」という気持ちになりますよね。

食べ物の好みが一緒

一見、些細な理由のように思えるかもしれませんが、食事は毎日のことなので食べ物の好みが同じでないと一緒に暮らすのは少し厳しいかもしれません。

特に女性の場合、せっかく作った食事を美味しく食べてもらえないのはかなりのストレスに!

同じものを食べて「美味しいね」と言い合えるのは、実は幸せにつながる時間なんですねー♩

誠実さ(浮気をしないかどうか)

結婚相手として相手をみる際に、「誠実な人柄かどうか」はかなりの女性が意識するみたい。

誠実であるということは、「相手を悲しませない」ひいては“浮気をしない”ということに繋がります!

浮気は多くの女性が嫌がることなので、結婚前に彼氏を厳しくチェックしているという女性も多いようですよ。

【男女別】☆結婚の決め手となった言葉15選♡

みんなの体験談によると、正式なプロポーズの前にも、なんとなく「それっぽい言葉がキッカケだった」という人も♡

そろそろ結婚かもと思った人は、これらの言葉がプロポーズまでのカウントダウンになるかもしれませんよ♩

では、ここからは実際に結婚の決め手となった「言葉」について。男女別にみていきましょう!

男性編

結婚したけど「彼から正式なプロポーズがまだで…」と悩んでいる女性も少なくないですよねー。

では、男性は女性のどんな「ひとこと」に背中を押されて結婚を決意したのでしょうか?

「男性が女性に言われて」結婚を決断した言葉からご紹介していきますね♩

ずっと一緒にいたい

素直に「これからもずっと一緒にいたい」と言われて心に響かない男性は少ないと思います。

「辛いことがあっても、一緒に乗り越えていきたい」というのは、結婚におけるとても正直な気持ちですよね。

あなたの味方でいるよ

逆境の時に「どんな時でも私はあなたの味方でいるよ」と言ってもらえたら、生涯のパートナーを決めるキッカケになりますよね♡ 

その他にも、冗談めかして「どんな時も私が守ってあげるから!」と頼もしい女性キャラのセリフで成功した例も!?

あなたについて行く

「ついていく」と言われて嫌な気持ちになる男性は少ないかも。特に転職や転勤のタイミングなどで、「あなたと一緒だったら、どこへ行ってもやっていける。ついていくよ」と言われたら、男性は覚悟を決めたくなりますよね。

「ついていく」という言葉は相手を信頼、尊敬していないとなかなか出てこない言葉です。

そろそろ決断して

かなり直球勝負な言葉です! その他にも、「結婚するか別れるかはっきりして欲しい」「結婚しないなら地元に帰ろうと思っている」というのもありますよ!

女性にとってもかなり賭けとなる言葉。でも、自分が思い描く将来のライフプランもありますよね。そんな時、なかなか煮え切らない優柔不断な彼には、これぐらいの方が心に届くかも!?

この言葉の後に、実際に彼からプロポーズがあったという女性もいるようです。

一緒にいると楽しい

自然体でさらりと言える言葉ですよね。共通の趣味などのシーンで、「一緒にいると楽しい。ずっとこうしていたいなー」とさりげなく織り込めそう。

ちなみに「私と結婚すると、楽しいと思うんだけどな」と逆プロポーズした有名な女優さんもいますよ。

何気ない一言だからこそ、逆に心に響いたという男性も!?

あなたしかいない

こちらもかなり直接的ですが、男性の心にとても響く言葉のようです。「結婚するのはあなた以外、考えられない」とストレートに告げて成功した女性も。

これを言われて「男として最高の褒め言葉だと思う」と答える男性もいました。

【番外編】一言じゃ決められない!

なかには女性から言われた「一言じゃ決められない」という男性の意見も。

「言葉よりも付き合った年数の積み重ねを重視する」「相手との相性やタイミングなど総合的に判断して」という人もいるようですよ。

女性編

一方、女性側は男性からのどんな「言葉」が決め手となって結婚へと踏み出したのか? みていきましょう♩

プロポーズの言葉を考えている男性は特に必見ですよ〜!

君以外いない

「君以外は考えられない」、「僕が幸せになれるのは君とだけ」「結婚するのは君と決めている」など、男性は少し照れると思いますが♡思い切って!

こんな言葉を言われたら感激してしまう女性は多いですよね。生涯、奥さんを大切にしてくれそうです。

俺についてこい!

古風な男らしさが、今の時代は逆に新鮮かもしれません‼︎

ここぞという場面では、これぐらいビシッと言ってもらえると女性も心強いですよね♡ 

転勤や転職などのシーンでこの言葉を切り出してみても◯*

年をとっても一緒にいたい

幸せな未来を想像させてくれる素敵な言葉です。

「おじいちゃん、おばあちゃんになってもずっとこうしていたいね」「歳をとってもずっと変わらない関係でいたい」など、照れ屋な男性でもわりと言いやすい言葉かと思います♡

ただし、鈍感な彼女の場合は気づかない時もあるかもしれないので、プロポーズとして使う場合は、もうひと言「結婚したい」の言葉を入れておいた方が無難かも!?

親の面倒もみる

そこまで決心してくれるなんて!と感動する女性も多いですよね。「君の親も含めて大事にしたい」「君の親の面倒も見るつもりだ」などの言い回しも。

彼女が親の老後を心配している場合や、同居を前提に結婚したい場合などにもグッとくる言葉です。

結婚における決意の強さと責任感を感じさせます。

一緒に生きていきたい

「結婚する理由=一緒に生きていきたいから」は、とてもシンプルで素直に心に響きます。

「一緒に生きて生きたい」と言われたら、相手との将来を真剣に考えない女性はいないと思います。

この言葉が出たら、「いよいよ結婚だなー」と女性側の心の準備もできそう♡

君の子供が欲しい

この言葉に対しては、「子供が欲しいから結婚するわけではない」「願ってもできない場合もある」「好きだったら、相手との子供が欲しいと思うのは当然」など賛否両論あるのも事実。

あまり真剣に言われると、(とくに付き合いが浅いうちは)少しひいてしまう言葉ですが(汗)。

ただ、日常会話の延長で「子供が生まれたらきっと◯◯だろうなぁ」「そろそろ子供がいてもいいな」などとさりげなく言われたら、女性は否応無く結婚を意識してしまいますよね。

2人で貯金をしよう

「この言葉を言われて、彼がきちんと将来のことを考えていることがわかった」「貯金をしたいと言われて、彼との結婚が現実的なものとして考えられるようになった」という女性も多いようです。

結婚式や新居など、第二の人生のスタートにはとてもお金がかかるもの。短い期間でまとまった額を貯めるのは難しいので、前もって少しずつ貯めていくのが正解ですよね。

現実をしっかり見据えた堅実派の彼なら、結婚後も頼もしいです♡

【番外編】プロポーズの言葉を聞いて

そろそろ結婚かなと思っていても、彼の決定的な一言=「プロポーズ」がないと、女性はなかなか確信が持てなくて不安になりますよね。

やはりプロポーズの言葉が、結婚の決め手となったパターンは多いみたい。

「結婚してくださいとストレートに言われたので」「プロポーズされたので」と理由にあげる女性が多数派。

凝った言葉でなくても、正直な気持ちがきちんと伝わるプロポーズなら、どんな女性でも嬉しいはずです♡

それぞれのカップルごとにドラマが♡

いかがでしたか? 「結婚の決め手」について。男女別の意見をみてきました♩ みなさん、結婚に到るまでは色々なきっかけや言葉があり、それぞれのカップルごとにドラマがあるんですね♡

なかには男女の本音が垣間見えるところもあって、参考になる!? 意見もありました** この記事が、みなさんの幸せな結婚生活のための一歩になれたら嬉しいです♡*

クリップするには登録が必要です