【保存版】似合うタキシードの選び方&色別コーディネート12選

悩める新郎様必見!似合うタキシードの選び方とコーディネートをご紹介します♡

2018.6.22 公開 2018.7.30 更新
この記事を書いた先輩花嫁

大変!新郎衣装が決まらない!?

結婚式準備でとてもウキウキするのが衣装選びだと思いますが、”ドレス迷子”ならぬ”タキシード迷子”になっている新郎様はいませんか?
ドレスは決まったけど、どんなタキシードを合わせたらバランスが良いのか分からず、悩んでいる新婦様はいませんか?

今回は、そんな悩める新郎新婦様必見!似合うタキシードの選び方と色別コーディネート12選をご紹介いたします♡♡ぜひ、新郎衣装選びの参考にしてくださいね♡♡

タキシードの基礎知識

新郎衣装を総称して”タキシード”と呼んでいますが、これは日本独自のもの。
正式には格式ごとに生礼服、準礼服、略礼服があり、場所や時間帯によって着るものが変わってくるんです。
日本の結婚式ではそこまで厳格なルールを守らなくても良いとされていますが、タキシードの基礎知識を知っておけば、試着やオーダーの時とっても便利ですよ♡♡

モーニングコート(正礼服*昼)

モーニングコートとは、昼間の時間帯で最も格式の高い正礼装のこと。一般的には、黒の共布のジャケットにベスト、縞のコール地のスラックスを合わせます。

また、日本では、新郎新婦の父親が着る衣装というイメージが強いですが、色をグレーなどに変え新郎衣装として選んでも、とっても素敵だと思いますよ♡♡

フロックコート(正礼服*昼)

フロックコートとは、ジャケット丈が長く、モーニングコートよりも歴史の古い、伝統的なフォーマルウエアです。正統派・クラシカル・ゴージャースなイメージが強く、華やかな結婚式にはぴったりな1着です♡♡

テールコート/燕尾服(正礼服*夜)

テールコートとは、モーニングコートの逆で夜の正礼装のこと。裾がツバメの尾のように切れ込みが入っている事から燕尾服と呼ばれるようになりました。

晩餐会等の招待状にホワイトタイの指定がある時は、燕尾服着用という意味合いになるそうです。

現在では、表彰式やオーケストラの指揮者などが正式な行事で着用するイメージ印象が強く、あまり一般の方が着用しないそうですが、周りと差をつけたい個性派新郎様にはおすすめです♡♡

タキシード(準礼服*夜)

夜間に着る黒と白でまとめたフォーマルウェアを指しますが、近年は時間帯問わず新郎がきる衣装で1番メジャーなものとなりました。白のウィングカラーのドレスシャツに黒の蝶ネクタイを合わせ、カマーバンドかベストを着用するのが基本です。

また、衿のデザインは2種類あり、先が尖ったピークドラペルと、全体的に丸いショールカラーがあります。

結婚式のタキシードの選び方

タキシードもドレスと同じように普段から着るものではないので、どんなものが自分に似合うのか、悩んでしまいますよね。ここでは選び方のポイントをご紹介します♪♪

体型で決める

まずは、一番分かりやすい体型別にご紹介!自分の体形に合うデザインを見つけましょう♡

高身長

高身長さんは比較的どんなタイプでも似合うと思いますが、低身長さんが挑戦しにくいような着丈が長いフロックコートや明るいトーンの色が爽やかに決まるのも高身長さんの特権だと思います!

低身長

低身長さんには、ジャケットの前丈が短くカットされたテールコートがおすすめです!自然と目線が上に行き、背を高く見せてくれますよ♪♪

痩せ型

細身の方はスリムすぎるスーツだと貧相なイメージを与えてしまうので要注意!少しゆとりがあるデザインを選んでみましょう。また、ワイドタイやカマーバンド、ベストなど、1枚重ねるだけで、ボリュームが出るので体型をカバーする事ができますよ!

ぽっちゃり型

ぽっちゃりさんには、ジャケット、ベスト等を全て同系色で統一すると縦のラインが強調され、すっきりとした印象を与えてくれるのでおすすめです。
また、縦ストライプの物を選ぶと身体が引き締まって見えますよ♪♪

新婦のカラードレスと合わせてコーディネート

新婦のカラードレスに合わせて新郎衣装を選べば、とってもオシャレな印象に!お色直しでガラリと印象が変わって周りと差をつける事ができますよ!

新郎新婦の参考コーデが30選も載っている記事はコチラ

お色直しに気回せるかどうか?

最近ではリバーシブルベストやタイ、シャツ、靴下などを変えてお色直しをする新郎様も多いんです。少しアイテムが変わるだけでも、雰囲気が変わるので、節約術としてもオススメですよ♡♡

靴下の色がさりげなくカラードレスとリンクしていたりすると、とってもオシャレですよね!

番外編:白いタキシードが似合わない場合は?

白いタキシードって、とっても憧れるけど、似合う似合わないが大きく分かれますよね。一度試着して、似合わないと諦めてしまっていませんか?

実は白と言っても色んな種類の白があるので、肌の色に合わせて選べば大丈夫なんです!

真っ白が似合わない場合は、クリームや生成りを選んでみてください。また、3ピースのタキシードで中に黒やグレーを着る事で、意外としっくりくることもあるので、試してみてくださいね♡♡


TOP画像出典: www.weddingnews.jp