結婚式の新郎謝辞の基本とすぐ使える文例集35選!

新郎の見せ場である、謝辞*スピーチで一体何を話せばいいのかわからないという花婿さん必見!新郎謝辞について、例文と実例を交えながらご紹介させていただきます♩当日スマートに格好良く決めれるよう、ぜひ参考にしてくださいね*

2018.4.15 公開 2019.1.24 更新

披露宴を締めくくる大切な場面*謝辞*

披露宴の最後に行われる謝辞*ふたりのために集まってくれたゲストに向けて、感謝と歓迎の気持ちを短い言葉の中で伝えられるよう、しっかりと準備しておきたいですよね!

こちらでは謝辞の基本から例文までしっかりとご紹介していきます♡

基本構成は3つのみ!

導入~結びまで

【導入】
はじめにゲストへ結婚式へ出席してくれたことへのお礼を伝え、当日の温かい言葉や祝辞に対して感謝を伝える。ゲストはもちろん、花嫁や両家の親や当日までにお世話になった方たちへの感謝の想いも合わせて冒頭で伝えることが大切です!◎

 

【本題】
本題のポイントは、結婚式を振り返って、どのようなことを思い、何を感じたのかを伝えるのが大切です。事前に原稿を用意していても参考程度にとどめておき、なるべくご自身の言葉で、その時・その場で感じたことを伝えるのがポイントです。アドリブでその時に素直に話すのもありです。また、これからふたりがどんな夫婦になりたいのか、抱負もしっかり述べるようにしましょう。

 

【結び】
参列してくれたゲストへ、最後に両家の代表としてしっかりと結びの言葉でしめる。ここまで紙を見て話していた場合でも、最後は正面を向き思いを込めてお礼の言葉を伝え、挨拶をすることでゲストに気持ちが伝わりますよ*

NGワード(忌み言葉・重ね言葉)

結婚式披露宴などのお祝いの席では、絶対に使ってはいけない禁句の忌み言葉・重ね言葉があります。

その場に相応しくない不吉な言葉は絶対に述べないようにしましょう!

別れを連想させる別れる・切る・切れる・割れる
不吉を連想させる死・葬式・仏・病む・潰れる・消える・割れる・負ける・敗れる・悲しむ・嫌う・九・四
重ね言葉戻す・戻る・繰り返す・またまた・しばしば・相次いで・二度・二回 ・再び・再度・再三

その他にも、過去の恋愛や自慢話、下ネタや宗教に関することは避けるようにしましょう!

この記事を書いた先輩花嫁
natsuho

2016年9月10日ノートルダム神戸にて結婚式を行いました卒花嫁のなつです♩DIYが好きで、こだわりの手作りアイテムを使用した結婚式を行いました! これから結婚式を迎えるプレ花嫁さんや卒花さんに向けてお役に立つ情報をお伝えできたらと思っています*

TOP画像出典: www.weddingnews.jp