その言葉マナー違反!?スピーチや招待状で使ってはいけない忌み言葉

結婚式で使うとマナー違反になってしまう「忌み言葉」って知っていますか?*
ついつい使ってしまっていないか、チェックしてみましょう‼

2018.10.5 公開
この記事を書いた先輩花嫁
kotori-wedding

数年前に卒花♡一児の母をしながら、ハンドメイドアクセサリーの制作・販売をしています。 自身の式でいろいろなアイテムをDIYしたことがきっかけで、すっかり手作りのおもしろさにハマりました。 プレ花嫁さんのお役に立つ情報をお届けできたら嬉しいです♩

https://www.instagram.com/kotori_accessories/

ゲストも気をつけたい⁉︎ 忌み言葉

新郎新婦はもちろん、スピーチなどを頼まれたゲスト側も気をつけたい「忌み言葉」。

知らずに使ってしまい常識を疑われないように!? しっかり意識しておきましょう♡

忌み言葉とは?

縁起が悪いとされる言葉や漢字のこと。

簡単に言うと、「おめでたい席なので、別れや不幸を連想させる言葉=忌み言葉を使うのは避けましょう」というルールのことなんです*

結婚式に使ってはいけない!忌み言葉の種類

忌み言葉の他にも、結婚式で使うのはタブーとされている言葉があるのを知っていますか?

実は「重ね言葉」や「繰り返し」もふさわしくないと言われているんです(*´-`) *

不幸を連想させる言葉

では、どんな言葉を使うとNGなのか具体的にみていきましょう!

まずは「不幸」を連想させる忌み言葉を挙げてみます**

*《不幸を連想させる忌み言葉》*
悪い
死ぬ、亡くなる
無くす
・苦しい、悲しい
・泣く
・しめやか
負ける
衰える、色褪せる
・破れる、散る、滅びる
・壊す
・倒れる、落ちる
・捨てる
etc…

別れを連想させる言葉

ふたりの新しい門出にふさわしくない、「別れを連想させるもの」も使うのを避けるべき忌み言葉です。

とくに「返す」や「帰る」「忘れる」などは、スピーチで使いがちなのでご注意を‼︎

*《別れを連想させる忌み言葉》*
・別れる、離れる、放す
・忘れる
去る、散る、消える
失う
・終わる、短い
・切る
・出す
・割れる、壊れる、破れる
・冷める
・離れる、飽きる
・流れる
・逃げる
・ほどける
・返す、帰る
etc…

重ね言葉

意味を強調するために、同じ言葉を二回使う「重ね言葉」と「繰り返しの言葉」。

こちらも忌み言葉と同じで、使うのをひかえるべきとされています。

なぜ「重ね言葉、繰り返しがいけないの?」と思った方も多いかと思います。実は、これらは「繰り返すこと=再婚」を連想させるからなんです!

では具体的に言葉をみていきましょう。

*《重ね言葉》*
たびたび、しばしば
・重ね重ね、重々
くれぐれも
・いろいろ
・かえすがえす
・たまたま
・わざわざ
・ますます
・みるみる
・再び
・次々
・時々
etc…

*ただし、後ろに良い意味の言葉が続く場合はあまり気にせず使ってもOKです!
 例:ますますのご発展を、みるみる成長して、など

「、」「。」の句読点

句読点には「区切りをつける」「終わり」の意味があり、結婚式にはふさわしくないので使いません。

とくに招待状はゲストの手元に渡るものなので、ついうっかり句読点を入れてしまわないように気をつけて!

プロフィールムービーやエンドロールなどで字幕やコメントを入れる際も同様です。

でも、句読点を入れないと読みづらい文章になってしまうのも事実です(涙)。

なので代わりに、「 」スペースを入れて対処しましょう☆ 


TOP画像出典: www.weddingnews.jp