感動のエンドロールムービーはこう作る!結婚式準備のためのアイデア特集

2019.6.10 公開 演出

結婚式の最後は、「エンドロール」で締めたい!


@mrem.wedding

結婚式準備をしているとき、意外と悩むのが披露宴の締め方です*
近年、御見送りの準備ができるまでの間、披露宴の最後にエンドロールムービーを流すケースが定番化。
各新郎新婦が、ゲストのみなさんに最後まで楽んでもらうために、工夫をこらしさエンドロールムービーに挑戦しています。

@maru_wedding

とはいえ、結婚式ぐらいしか作成することのないエンドロールムービー。
どんな風に制作したらいいのか、悩みますよね。。
自分で作るか、式場に頼むかはもちろんのこと、出席者の名前はどんな順番がいいのか、疑問はつきません。

そこでここでは、エンドロールムービーを準備するためのアイデアを大特集!
結婚式を感動の空気で包む、素敵なエンドロール作りを学びましょう。

先輩花嫁のエンドロールムービー実施率は、約75%!

 

そもそも、どれくらいの花嫁さんがエンドロールを実施しているのか。
ゼクシィ結婚トレンド調査2018」によると、映像演出をエンディングに実施した人は74.9%!
大半の花嫁さんがエンドロールムービーを実施している結果となりました。
次に多いのが中座の71.9%。
どちらもやる場合を考えると、映像準備にそれなりの時間が必要そうですね*

エンドロールムービー、自作する?会社に頼む?

@yuchukamo

エンドロールの準備方法は、一般的に二通り。
自分たちで手作りするか、式場や制作会社に頼んで作ってもらうかを選びます。
同じく ゼクシィの調査によると、自分で手作りした方は56%、式場の提携会社や外部の事業社に頼んだ割合が62%と、ちょうど半分の割合となりました。
まずはそれぞれの準備の仕方を見ていきましょう。

エンドロールを自作する場合

エンドロールを自作する場合は、構成から素材集め、作成まで全て自分たちで行なっていきます。
まずは全体の構成を考え、どんなムービーにするかを決めるところから。
最もオーソドックスなのは、こんな構成。

  1. ①新郎新婦からゲストのみなさんへの感謝のコメント
    ②新郎側のゲスト紹介と一言コメント
    ③新婦側のゲスト紹介と一言コメント
    ④新郎新婦の家族の紹介と一言コメント

この構成をベースにしつつ、間に二人の写真を挟んだり、アニメーションを挟んだりしながら、工夫をすると良いでしょう*

どんな写真を使えばいい?

@mo1119yu.wd

エンドロールを作ると決めたけど、素材集めに悩む新郎新婦さんも多い様子。
一体どんな写真を使えば良いのでしょうか?

基本的にエンドロールは、ゲストと作り上げてきた結婚式の集大成です。
友人知人と写っている思い出の写真や、家族との集合写真を使うのがベター。
中座の定番であるプロフィールムービーと分けるためにも、たくさんの人が写っている素材を選ぶのがおすすめです。

どんなBGMを使えばいい?

次に悩むのがBGM。
お気に入りの音楽を使いたい方がほとんどかと思いますが、ムービーはゲストの人数によって時間も変わります。
50人前後のゲストであれば、5分の曲に収まります。
曲調や繰りかえしなどを工夫しながら、4〜6分程度でチョイスするのがベストです。

その他、詳しい作り方やコメントの例文は、以下の記事も参考にしてみて♡


エンドロールを作成依頼する場合

自分で作る自信がない、他の準備で忙しいという花嫁さんは、思い切ってプロに作成依頼するのがおすすめ。
お値段はそれなりにかかりますが、プロならではのクオリティに仕上がるので、感動を呼ぶ演出に繋がるでしょう。
依頼先は、式場の提携会社か外部の制作サービス。
式場の場合、プラン内に入っていることもあるのでムービーのクオリティやスケジュールをよく確認しておきましょう。

自分で作る自信がない、他の準備で忙しいという花嫁さんは、思い切ってプロに作成依頼するのがおすすめ。
お値段はそれなりにかかりますが、プロならではのクオリティに仕上がるので、感動を呼ぶ演出に繋がるでしょう。
依頼先は、式場の提携会社か外部の制作サービス。
式場の場合、プラン内に入っていることもあるのでムービーのクオリティやスケジュールをよく確認しておきましょう。

おすすめの制作会社

▽First Film

出典:http://first-film.com

結婚情報誌やTVでも取り上げられるほど、今注目の制作会社。
新郎新婦とゲストに繋がる、見えない絆を映し出すような、リアルなエンドロールムービーを作り上げてくれます。

【ENDING MOVIE】
サンプルムービーは こちらから

【SPECIAL ENDING】
サンプルムービーは こちらから

▽BEREL

まるで、映画のような淡い色合いを作り出すのがベレール。
色合いにこだわり、おしゃれかつ記憶に残る映像を作ってくれます*
エンドロールだけなく、前撮りや結婚式のオールデイムービーの作成も手がけているため、映像をフルで頼む花嫁さんもいるんだとか!

【ウエディングエンドロール】
サンプルムービーは こちらから

▽ナナイロウェディング

制作実績が5000本と、多くの花嫁の支持を得ているのがナナイロウェディング。
アニメーション風や映画風、アルバム風など、様々なテーマで作ってもらえるのが特徴です。
映像の本数によって、セット割りが出るのも嬉しいところ♡

【ロードムービー風エンドロール】
サンプルムービーは こちらから

流行中の「撮って出しエンドロールって?」


@mo1119yu.wd

作成依頼するエンドロールでは、最近撮って出しと呼ばれる演出が人気!
これは当日の挙式風景をそのまま撮って、最後にダイジェストで出してもらえるもの。
結婚式当日を映像で残したい、ゲストと一緒にその日の感動を共有したい、そんな新郎新婦におすすめのエンドロールです。

撮って出しはリアルタイム上映になるため、確認を入念に。
入れてもらえるサービスが式場にあるか、持ち込みなら受け入れてもらえるかなどを確認しておきましょう。

【エンドロールのマナー】名前の順番はどうする?

@ayk.y.wedding

自作するにせよ、依頼するにせよ、知っておかなければならないのがエンドロールのマナー。
特に、名前を出す順番には一般的なルールがあります。
おさえておきたいのは、 “新郎側のゲスト→新婦側のゲスト”の順番で紹介すること!
ここから紹介のパターンによって切り替えていきます。

<席次順で紹介する場合>
席次で紹介する場合、 主賓→職場関係→友人→親族→家族の順になるように並べます。
自分たちの座る高座から近い方を先頭に、どんどん遠くなっていく、と覚えておきましょう。

<あいうえお順で紹介する場合>
最近では全員を平等に五十音で表示するパターンも増えています。
こちらは新郎新婦のゲストで分ける場合と、分けないパターンが二通り。
紹介順を気にされる親御さんもいるかと思うので、事前に相談するのがベターです。

敬称はつけるべき?

目上の方もお呼びしている場合、悩むのが敬称について。
こちらは失礼に当たらないためにも「様」などで統一しておくのがベターです。
小さいお子さんがいらしている場合は、「ちゃん」や「くん」を使ってもOK。
ちなみに両親や結婚していない兄弟は、新郎新婦と同じ立場にあたるため、何もつけないのが一般的とされています。

いかがでしたか?

@ayk.y.wedding

結婚式のエンドロールムービー、あなたにあったアイデアは見つかりましたか?
自作、依頼、どちらにもメリットはありますが、

・自分たちらしいメッセージを残したい
・ムービー部分はお得に用意したい
→自作
・作業に自信がないので、プロに頼みたい
・撮って出しムービーがやりたい
→作成依頼

とポイントで選ぶとGOOD!
作る際のルールやマナーはどちらも代わりないので、こだわりたい方をぜひ選んでくださいね♡

お二人の結婚式、感動の締めくくりとなるエンドロールムービーができることを祈っています。

この記事を書いた先輩花嫁
ウェディングニュース編集部

インスタ花嫁支持率No.1の結婚式準備アプリ♡ウェディングニュースです**結婚式の参考になる情報や、お得な情報まで花嫁さまにとって本当に役にたつ情報を毎日発信中♩

TOP画像出典: www.weddingnews.jp