aoipalaceさんのアイコン画像

aoipalace

アットホームな披露宴。
同級生婚なのでゲストのメインが学生時代の友人たちでした。
リラックスした雰囲気で同窓会のようにお食事や会話を楽しんでいただけるように、スピーチ等は減らして歓談タイムやフォトラウンドの時間を多くしました。

また、和装と洋装の両方を着てみたいけれどゲストのことを考えると中座時間は短くしたかったので、挙式と披露宴開始を和装、後半を洋装にして着替えやすくしました。

前半を和装にしましたが、パレスホテルならではのチャペルでの挙式を主人が希望したため、人前式を行うことにしました。
和装と洋風でモダンなチャペル・披露宴会場とのバランスを取るために、ヘアスタイルは洋髪にしたり、ヘアード生花やテーブル装花を洋花にするなど、和風になりすぎないようにコーディネートしました。

挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度5
2020-01-11
パレスホテル東京(PALACE HOTEL TOKYO)
100人未満

チャペルは天候や季節によらず自然光が全面に入り、新郎新婦の姿を明るく美しく見せてくれます。
また、モダンですっきりとしたデザインで宗教色が薄いので、人前式にも向いていると思います(その場合、十字架は外していただけます)。
私たちは和装で人前式をしましたが、和モダンな空間としても違和感はなかったと思います。

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度5
2020-01-11
パレスホテル東京(PALACE HOTEL TOKYO)
100人未満

山吹東を利用しました。
山吹の良さは、全面ガラス張りの広々とした専用ホワイエをウェルカムスペース・お見送りスペースとして使えること、お部屋自体はホワイエの内側のため天候に直接左右されないことです。
また、天井がたっぷりと高く圧迫感がないこと、高砂背景がすっきりしたオフホワイトで装花や新郎新婦の姿が引き立つことも良いところです。

コンセプトやこだわったこと

アットホームな同窓会のような披露宴にすること、
旬のお花を楽しんでもらうこと、ブランドや価格よりも自分たちに似合うお衣装を選ぶことなどこだわりました。

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
和装 1着目

スタイル
白無垢

白無垢(ちりめん地に銀刺繍、「鶴に花車」)
知り合いの呉服屋さんでお譲りいただきました。

王道の緞子織ではなく、ちりめん地のものを選びました。
ちりめんは薄手で柔らかいので、小柄でなで肩な自分の体形によく馴染んで首や肩が優しいラインに出来ることと、マットな質感な分、その上にあしらわれた銀刺繍が映えて、背中の花車や袖の鶴の模様が綺麗にお写真に残ることが決め手でした。

SECOND DRESS
和装 2着目

スタイル
白無垢

挙式と同じ白無垢姿で、ヘアードと抱え小物のみピンク色に変更しました。
胸元に挿し色を入れるだけで、挙式のきりっとした雰囲気から、華やかでやわらかい雰囲気に変えることができました。

THIRD DRESS
ドレス 3着目

ブランド
YNS WEDDING

YNS WEDDING
SL17938

プリンセスラインのウエディングドレスをオーダーしました。
スカート部分は光沢のあるチュール、上半身はビジューの沢山ついたくっきりした形のハートカットでオーダーしました。
オーダーした決め手は、小柄で骨格がストレートタイプの私にとって、既製のレンタルドレスは上半身の縦が余ってしまったりデコルテが窮屈に見えてしまい、ジャストサイズで胸元を綺麗に出せるビスチェを着たかったからです。
小柄な方や、上半身のフィット感が気になる方にはオーダーはとてもおすすめです。

SHOES
シューズ

ベニルのレースサテン地のオープントウ12cmにしました。

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

和装のお着付けやヘアメイクも安心してお任せできるハツコエンドウ美容室さんにお願いしました。

〈白無垢〉
お着物らしくえりあしをすっきり出してトップや後頭部もしっかり膨らませた洋髪のアップスタイルにして生花を飾りました。
ベースメイクは、艶感が出るようにしていただきました。
リップとチークは、挙式では綺麗な血色感のあるローズレッド系にしていただき、白一色の衣装とヘアードに映えるようにしていただきました。

〈披露宴〉
白無垢のままヘアードと抱え小物をピンクに変えたので、リップとチークも艶のあるピンク系に変えていただきました。

〈お色直し後〉
ティアラとショートベールに合うようにトップにボリュームを出した王道のアップスタイルにしました。

ACCESSORIES
アクセサリー

白無垢にコーディネートした抱え小物は、挙式では白無垢の銀刺繍の雰囲気に合わせて、白地に銀糸の入ったものにしました。披露宴では、クリアなピンク色の抱え小物にチェンジして挿し色にしました。

お色直しのウエディングドレスでは、ビスチェのビジューとティアラが華やかなのでネックレスは無しで、ドロップタイプのイヤリング(Love Tiara)のみつけました。お色直しなのでグローブはつけませんでした。

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

〈白無垢(挙式)〉
白で統一し、胡蝶蘭と紫陽花の生花と、プリザーブドのかすみ草を飾りました。
生花の胡蝶蘭はみずみずしい質感やお写真映えがアーティフィシャルとは違ってくるのでとてもおすすめです。

〈白無垢(披露宴開始時)〉
ヘアードをピンク系のグラデーションカラーの生花に変更しました。
生花の種類は、トルコキキョウやスイートピーなど華やかなフリルのある洋花にしていただきました。
和テイストのお花はあえて使わず、洋花にしてモダンな雰囲気の会場に合わせたのがこだわりです。
また、生花の飾り方は、面長な顔の形をカバーできるように顔の横に大きく張り出すように飾っていただいたり、左右をアシンメトリーにして変化がついて抜け感がでるようにお願いしました。

〈WD〉
Ivory&CoのElizabethを合わせました。
フラットで幅が広めのティアラなので、可愛すぎず華やかで上品な雰囲気が出るのと、滑らかなカーブがついたデザインが頭のはちに綺麗に沿ってヘアスタイルを綺麗に見せてくれると思います。

NAILS
ネイル

ピンクのラメグラデーションをネイルポリッシュで、セルフで塗りました。
余興で楽器演奏を予定していたので爪を短めにしましたが、白無垢な雰囲気にはちょうどよかったです。

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

ピンク〜アプリコットカラーの春の花材をたっぷり使い、春らしいクリアな色味をお願いしました。
チューリップ、スイートピー、ラナンキュラスをたっぷり使っていただきました。

FOOD
お料理のこだわり

伝統メニューの入ったコースと、季節感のあるシーズンコースのうち、彩りが華やかに感じたシーズンコースを選びました。
お魚料理のみ、パレスホテルの伝統メニューで人気の高い舌平目に変更しました。

ゲストからは年齢層や性別を問わず、「こんなに美味しい婚礼料理ははじめて!」という感想を沢山いただけました。
中にはお留守番している家族に一品ずつ感想を知らせているゲストもいたそうです。

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

パレスホテルオリジナルのペルルブランシュという、白い三段の生ケーキを選びました。
当初はゴールドの文字のケーキトッパーだけ飾る予定でしたが、白無垢姿でのケーキ入刀だったので、主人とフローリストさんがアイデアを出してくださり、水引とダリアやピンポンマムを飾って和テイストにしていただきました。

WEDDING FAVORS
引出物

【引出物】
ゲスト全員共通でバーニーズニューヨークのペアグラスと、上司や親族には今治謹製の至福タオルを合わせました。

【引菓子】
ゲスト全員共通でパレスホテルのケークオランジュとフィナンシェのセットにしました。

PETITE GIFTS
プチギフト

Piaryで購入したレモンキャンディです。

ENGAGEMENT RING
婚約指輪

BVLGARIのGRIFFEです。
ハーフより少し長い距離にメレダイヤが入っているので手元が華やかに見えます。
センターのダイヤモンドも存在感がありますが、高さを抑えたデザインなので日常使いしやすいこともとても気に入っています。

WEDDING RING
結婚指輪

MIKIMOTOです。
男性用はパール状の光沢が出るように表面が加工されたデザイン、女性用は大きめのメレダイヤの入ったV字デザインにしました。
両親も結婚指輪はMIKIMOTOなので、自分も同じブランドにしたいと思っていました。

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

フラワーシャワーや披露宴入場、お色直しなどで登場するたびに、父が誰よりも嬉しそうな笑顔で拍手を送ってくれたことです。
子供の頃から父ととても仲良しで何でも話す父娘関係なので、父の笑顔を見てあらためて、幸せにならなくてはと思いました。

二人らしさとは

友人や家族と楽しく過ごせるアットホームな空間を結婚式でも新居でも意識しています。
また、二人とも旅行が大好きなので、結婚前にもたくさん旅行してその写真をウェルカムスペースに飾りました。
これからも二人でたくさんの場所に出かけたいと考えています。

嬉しかった参加者の反応

同窓会のようでとても楽しかった
二人らしさが出ていてアットホームで良い結婚式だった
チャペルに挿した光で紋付袴と白無垢がとても綺麗だった

などの嬉しい言葉をいただきました。

私にとって結婚とは

相手と相手の家族を心から大切にすることです。

後悔していること

披露宴のおひらきの新郎からのご挨拶のとき、気恥ずかしくてうつむき加減になってしまいましたが、にこやかに前をしっかりむけばよかったです。

やりたかったけれど諦めたこと

丸の内での前撮りと京都での和装前撮りをいずれも予算やお仕事のスケジュールなどを考えて諦めました。

節約のための工夫

友人を中心としたお式で、親族にもこだわる人がいなかったため、お日柄や季節に強くこだわらずに日取りを決めました。
オフシーズンのお値引きが適用されたようです。
また、ペーパーアイテム、ウェルカムボード 、プロフィールムービー、エンドロールは式場の提携業者さんではなく、外注や友人の力を借りてDIYにしました。

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

ドレスえらびは、憧れのブランドやデザインも大切にしつつ、最終的には自分の骨格・体型に似合うものを選ぶと良いと思います。
私のように小柄な方は、上半身の縦の長さや胸元のフィット感をとくに大切にすると、着られた感じがしなくて綺麗に着こなせるのではないかと思います。
お式の直前まで細かなお直しに対応してもらえるブランドやショップがお勧めです。

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

テーマから探す

WN編集部が選ぶ おしゃれ花嫁
2022花嫁必見!【秋婚】レポ特集
一流のおもてなし ホテルウェディング集
ステンドグラスが魅力!大聖堂チャペル特集
伝統×おしゃれ 和モダンウェディング
リラックス&アットホーム 少人数ウェディング集
開放感抜群! ガーデンウェディング
洗練された気品 大人ウェディング集

エリアから探す

スタイルから探す

LINEウェディングニュース相談カウンター
担当アドバイザーが結婚準備をサポート
何も決まっていない方でも大歓迎
無料相談受け付け中♪
ウェディングニュース相談カウンター
マイレポイメージ

あなたもマイレポを作りませんか?

ウェディングニュースのマイレポで、
あなたの大切な結婚式の記録を残しましょう♡
あなたの経験が次の花嫁の力になります。

保存するには登録が必要です