卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

chiy_wedding

chiy_weddingさんのプロフィール写真
テーマは 【Thanks always as ever 】

今まで私たちを支えてくださった方々に感謝を伝えること、そしてこれからも感謝の気持ちを持って二人で歩んでいきたいと思い、このテーマにしました!

ゲストの方に喜んでもらうことを一番に考え、悩んだ時はゲスト目線で再度考えるように意識しました。
東京都 / 東京
東京會舘

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
東京會舘
70人以下

大きな窓から皇居が臨め、自然光のたくさん入る明るいチャペルが魅力的です。
また、チャペルのデザインはスタイリッシュでありつつ、木目の格子によって温かみも感じることができる空間となっています。

挙式入場時は窓のカーテンが閉まっており、ゲストの方にはまだ外の風景は見えない工夫がされています。
新郎新婦が祭壇に上がるとチャペルの照明が暗くなり、厳かな雰囲気に包まれます。

挙式が一通り終わると、新郎新婦は正面を向き、聖歌隊の歌声と共にカーテンがオープンします。
明るい空間の中みんなからの祝福を受け、退場となります。

式の場面によってチャペルの雰囲気がガラリと変わるところが他の式場には無い魅力だと思います。
バージンロードも長く、トレーンの長いドレスやボリュームのあるドレスもとても映えます。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
東京會舘
70人以下

煉瓦の壁、木製のアーチ型の窓、クラシカルなシャンデリア等、クラシカルで温かみのある空間に魅力を感じました。
装花等の華美な装飾は必要ないほど、披露宴会場そのものが素敵な空間です。
会場も広すぎず狭すぎずのちょうど良い広さで、アットホームなウェディングがお好きな方にお勧めです!

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

ゲストの方へのおもてなしの部分である、お料理や引出物選び、当日のBGMやムービー等はたくさん悩み考えました。
プロフィールムービーは手作りで、二人のことよりも、ゲストの方との思い出を多めにしたり両親への感謝の言葉を含めました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

ブランド:hatsuko endo
ドレス名:Olivia

最初からロングスリーブでクラシカルな雰囲気のドレスが良いと思っていました。
インスタで検索し、オリビアのドレスを知りました。

東京會舘はハツコエンドウと提携していたためすぐに予約し試着に伺いました。
レースボレロが素敵で、全体のボリュームやトレーンの長さもチャペルの雰囲気にぴったり合うと思い、まさに理想通りで初回の試着で決めました。

ブランド
Hatsuko endo
ドレス 2着目

ショップ:TIG dress shop
ブランド:ローラアシュレイ

披露宴会場の雰囲気や装花の雰囲気に合わせたドレスを検討しました。
色々なドレスを試着しましたが、提携店には自分に合うドレスが見つからず…。
インスタでたまたまローラアシュレイのドレスを見つけ、これだと思い提携外のドレスショップではありましたが試着に伺いました。

TIG dress shop様は毎度とても丁寧に対応して頂けました。
ドレスショップ専門なだけあり、ドレスの価格の面でも大変助かりましたし、アクセサリーやシューズも無料で追加することができました。

ブランド
ローラアシュレイ
シューズ

【撮影】
ブランド:Manolo Blahnik
シューズ名: ハンギシ

【着用】
ブランド:なし
ドレスショップでレンタルした白の無地もの。
SATCが好きでウェディングシューズはマノロのハンギシに憧れていました。
実際に使ったのは前撮りと当日のお支度場面の撮影の際です。
ハツコエンドウではピンヒールのシューズは不可です。
歩きやすさの面とピンヒールはドレスに引っ掛けてしまうリスクがあるからです。
挙式披露宴中はレンタルの靴を履きましたが、当日はたくさん歩きますし、床の絨毯がフカフカなので歩きやすさ重視にして良かったと思いました。

ヘアメイクのポイント

挙式は少し高めなシニヨンスタイルです。
ドレスがクラシカルなので、クラシカルさは残しつつも、少しイマドキな雰囲気にもなるようにゆるめなシニヨンでお願いしました。

お色直しは高めのポニーテール。
カラードレスに合わせたドライフラワーのヘアパーツを付けてもらいました。

アクセサリー

挙式はロングスリーブのレースボレロを着用していたため、イヤリングのみです。
友人から結婚祝いにウェディングドレスに合うイヤリングをプレゼントしてもらいました。

ヘッドアクセサリー

【ティアラ】
ブランド:ivory &co (clementine)
レンタル:White Angelia

【ヘアード】
レンタル:TIG dress shop

【カラードレス】
ドライフラワーのヘッドパーツ

ネイル

ネイルはMOONLITのshoko様にお願いしました。
全て手描きアートで、挙式のブーケやお色直しのブーケを描いてもらいました。

メインで使った花や装花のテイスト

披露宴会場のシャンデリアや煉瓦の雰囲気に合う、クラシカルで温かみの感じられる、レトロな空間にして頂きました。

たまたまではありますが、令和カラーのコーディネートになっています。
お花の種類は特に指定はせずお任せしました。

装花のポイント

ナイトウェディングでしたので、少しムーディーな雰囲気にもなるようにゲストテーブルはキャンドルをメインに仕上げて頂きました。
あとはフローリストさんのセンスが抜群でしたのでお任せです。

フローリスト

日比谷花壇 門田 沙由香様

お料理のこだわり

お料理は東京會舘伝統のトラディショナルコースにしました。
全体的なバランスも良く、とても美味しかったです。
試食会に伺い、食べ比べて料理のコースは決めました。

ウェディングケーキ

ウェディングケーキには特にこだわりはなかったので、スタンダードなスクエア3段ケーキにしました。

スタンダードの中でも様々な形やタイプのケーキを選ぶことができます。
スクエアの3段ケーキは苺が多く使われており、写真映えもバッチリでした。
ケーキの周りにも装花をお願いしました。

ファーストバイトに加え、お互いの母親に感謝を込めてサンクスバイトも行いました。

引出物

〈引出物〉
親族…カタログギフト/お吸い物/Fikaのクッキー
女性ゲスト…AVEDAの名前入りパドルブラシ/NAVARASAの紅茶/Fikaのクッキー
男性ゲスト…ナカタハンガーの名前入りネクタイハンガー/お吸い物/Fikaのクッキー
夫婦で参列の方…スガハラガラスのペアプレート

東京會舘は伊勢丹や高島屋と提携しているため、そこを通して引出物等を選べば持ち込み料や送料もかかりません。
実際に物を自分の目で見て、試食などもして決めることができ良かったです。

友人のゲストへはカタログギフトではなく敢えて物を選びました。
過去自分が結婚式で引出物を頂いた中で、物をいただく方が誰の結婚式で頂いたものかの印象が強いと感じたからです。
女性ゲストへは既婚者の方にも独身の方にも喜んでもらえるような物を選びました。

プチギフト

三万石のエキソンパイにしました。

主人が東北出身で、主人のお母様からエキソンパイを頂き大好きになりました。
この美味しさをゲストの方にも味わってほしいと思いこちらにしました。
サンキュータグは手作りし、ラッピングも二人で行いました。

婚約指輪

カルティエのソリテール

結婚指輪

mederu jewelry
浅草にある素敵なジュエリーショップです。
オーダーしてから職人さんにひとつひとつ作って頂けます。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

高砂から見える景色に一番感動しました。
今まで私たちを支えてくださった方々がひとつに集まる空間はとても幸せなものでしたし、最高の時間を過ごすことができました。
また、挙式やプロフィールムービー上映中、花嫁の手紙や謝辞等それぞれのシーンで涙している方が大勢居ました。
私たちの結婚式で同じ気持ちになって泣いたり笑ったりしてくれる方が多くいることを改めて感じ、今後も周りの人に感謝の気持ちを持って大切にしていきたいと思いました。

二人らしさとは

自然体でいることです。
相手によく思われようとか気を遣ったりせず、ありのままで居られる気楽な関係です。
男女で価値観の違いもありますし、喧嘩することもありますが、自分の考えを押し付けるのではなく、こんな考え方もあるのかと認めるようにしています。
お互いの良さは活かしつつ、弱点は補い合える関係でありたいと思います。

嬉しかった参加者の反応

「とっても感動した!」
「ドレスも装花も全てがセンスが良くて羨ましくなった!」
「ご飯もとっても美味しかった!」

と言って頂けた事です!!

私にとって結婚とは

結婚とは自分の人生だけではなく、相手の人生も一緒に背負うことだと思います。
結婚をして今後は楽しいことだけではなく、悲しいことや困難もきっとあると思います。
相手が辛い時や道に迷うことがあったら、一緒に悩んで一緒に答えを出して、前に進んでいきたいと思います。

後悔していること

特にありません!

やりたかったけれど諦めたこと

特にありません!

節約のための工夫

持込ができるものは式場にお願いするのではなく、自分たちで手配しました!
具体的に持込したものは、カラードレス、ブーケ、ウェディング小物です。
ドレスのレンタルでの持込は式場の方に要相談です!
ムービーやリングピローは自分で手作りしました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

なぜ結婚式を挙げるのかを準備を始める前に二人でしっかり話をしておくと良いと思います!
長い結婚準備の期間で、お互いぶつかることもあると思いますが、結婚式への想いを共有できれば乗り越えられると思います!