ふたりだけの海外挙式は本当にお得?おさえておきたいメリットデメリット一挙紹介!

ハネムーンも兼ねて気軽に行える二人だけの海外挙式がじわじわと人気になっています。二人だけの挙式は結婚式にかかる費用が節約できたり、準備の手間が大幅に減ったりとメリットがたくさん♡だけど結婚の報告の仕方に悩んだり、二人だけの挙式って寂しそう…?と悩んでしまうかもしれません。二人だけの結婚式のメリットやデメリットや予算を詳しく紹介していくので、二人だけの海外挙式について詳しく学んでみましょう♡

2019.6.15 公開 2019.6.14 更新 結婚式準備初期(〜6カ月)

海外挙式、ふたりだけですると本当にお得なの…?

@meme0206

海の向こうでする非日常的な結婚式♡
一生の記念になる海外挙式は、花嫁さんの憧れの対象。
しかし実際は、予算の関係やゲストの都合を合わせるのが難しいなど、そのハードルに悩んでいる花嫁さんが多いようです。

それでもやっぱり海外挙式がしたい!
そんな諦めきれないカップルさんにおすすめしたいのが、ふたりだけで行う海外挙式
ここでは普通の海外挙式との違いやメリットやデメリット、費用を抑えるコツなど、気になるポイントをしっかりご紹介していきます

ふたりだけの海外挙式♡メリット・デメリットは?

@aki

結婚式は、家族や友人を呼んでするのが一般的。
二人だけで挙げていいのかな…と悩んでしまう方もいらっしゃるかもしれません。
実際のどれほどの花嫁さんが、二人だけの挙式をしているのでしょうか。

ゼクシィ海外ウェディング調査2018 によると、海外挙式をふたりで行った割合はこのような結果になっています。

これをみると、ふたりだけの海外挙式スタイルはまだ少数派の様子。
ですが今は自由に結婚式を選べる時代。
決まったスタイルを選ぶ必要はありませんから、メリットやデメリットを参考に納得のいく挙式スタイルを見つけていきましょう♡

メリット

①結婚式とハネムーンが一緒にできる

@bonjour_natsumi

ふたりだけの海外挙式では、挙式後そのままハネムーンを過ごすことができます。
そのため国内で挙式をしてハネムーンに行くよりも効率的*
挙式は準備を合わせても半日で終わることがほとんどなので、残りの時間を全てハネムーンとして満喫できます。
ハネムーンも合わせてとなれば会社にもお休みの申請をしやすくなるので、希望のタイミングで海外挙式をしたい方におすすめなんです。

②費用をおさえられる@mayu.k

通常、国内で挙式と披露宴を行い、ハネムーンに行く場合の平均金額は約350万と言われています。
比べて、ふたりだけの海外挙式はとってもお得!
例えば海外挙式で一番人気のハワイだと、挙式とハネムーンで60万円程度で行うことが可能。
さらに日本に近いアジアのリゾートやグアムであれば、より旅費を抑えることもできます。

③ふたりだけの時間が過ごせる@hachiho08

国内での挙式・披露宴は、ゲストに楽しんでもらうための演出がメインで主役のふたりは大忙し。
一日中緊張感が漂い、あっという間に時間が過ぎて、楽しいけれど体はヘトヘト…なんてことも。

ふたりだけの海外挙式なら、気遣いの必要はなし!
周りも時間も気にせず、ゆっくりと二人だけの時間を過ごすことができます。

④準備に時間がかからない@t.ayaka0221

ふたりだけの海外挙式は、準備の手間がかなり省けるのも特徴です。
招待状や席次表の作成、ムービーの写真やゲストの席順などは全て不要。
費用が減るだけでなく、気楽に挙げられるという点もメリットになります。

準備に時間を取られないので、忙しい二人でも挙げやすいスタイル。
その他の準備も、基本的に海外挙式の手配会社がリードしてくれるので安心しましょう。

⑤フォトツアーなどロケーションフォトが豊富

@meme0206

海外はおしゃれなフォトスポットがたくさん♡
日本で挙式をした後「海外でフォトウェディングだけしたい…!」と、改めて撮影を申し込む花嫁さんもとても多いんです。

その点ふたりだけの海外挙式なら、このフォトツアーも心ゆくまで堪能できます*
ゲストを招待する場合、早朝や挙式とパーティーの合間に撮影したりと忙しくなりがち。
二人だけの場合はなら時間もゆっくりあるし、待たせる人もいないので心ゆくまで撮影することが可能です。

デメリット

①家族、親族に花嫁姿を見せられないa_o_wedding

やはり大きなデメリットになるのは、挙式本番の花嫁姿を、家族や友達に見てもらえないこと。
寂しい思いをさせてしまうのでは、と考える花嫁さんもいらっしゃいます。

しかし今は、動画や写真で花嫁姿を残すことができますし、帰国後パーティーや家族だけの結婚式で直接花嫁姿を見てもらうことも可能。
その分お金や時間もかかるので、夫婦でしっかり相談しましょう。

②会場の下見ができない@17728wd

これはふたりだけに限りませんが、海外挙式は事前に見学をして会場を決めることができないもの。
会場の実際の雰囲気は当日までわからないことになるので、「イメージと違った…!」とならないためにも注意が必要です。
信頼出来るプロデュース会社を比較して探したり、先輩花嫁の卒花レポインスタでしっかりリサーチしておきましょう。

また会場が小さいと、現地スタッフしかおらず日本語が通じないことも。。。
英語に不安がある方は、その点も事前にチェックを。

③ご祝儀が見込めない@aki

当たり前ですが、ゲストを招待しない分ご祝儀は見込めません。
それでもふたりだけの挙式なら自己負担はそこまで多くならないので、気にしなくても良いでしょう。
また帰国後のパーティーや結婚報告の挨拶で、改めてお祝いを頂けることもあります。

④結婚報告ハガキを丁寧に送らなければならない

結婚は家と家がつながるもの*
今後の生活を順調に進めていくためにも、お互いの家族や親族にしっかりと挨拶しておくべきです。
そのため海外挙式に招待しない場合、事前の報告や挨拶はより丁寧に行う必要があります。

家族はもちろん、上司や友人にも丁寧な報告を!
ふたりだけで行うと決めたら、迅速に結婚報告ハガキを送ると印象が良くなります♩

ふたりだけの海外挙式、平均費用とお得にするポイント3選

項目平均費用
旅費(二人分)77.6万
衣装(二人分)41.2万
ヘアメイク7.4万
ブーケ2.7万
当日写真撮影28.4万
当日ムービー撮影18.8万
フォトツアー24.1万

ふたりだけの海外挙式、気になる費用はこんな感じ。
メインイベントでもある当日の写真撮影までで平均157.6万円、そこにムービーを入れると平均176.4万円。
フォトツアーまでやると平均200.5万円になり、国内結婚式より断然お得な費用となっています*

とはいえまとまったお金が必要になる海外挙式、できるならさらにお得に挙げたいですよね。
ここからは、よりお得に海外挙式をするためポイントをご紹介していきます。

お得になるポイント① 時期を検討する

@az.101.bride

まず一つ目のポイントは、人気のシーズンからずらすこと!
例えばハワイの場合、夏休みやゴールデンウィーク、年末年始などの長期休暇に合わせると一人あたり約40万円かかってしまいます。
ですがこれらの時期をはずし、雨季で計画すると同じプランでも約10万円で手配出来ることも!

旅費が安い時期を狙うのが一番の節約になるので、「値段はなるべく抑えたい!」という方はオフシーズンを狙いましょう*

お得になるポイント② ドレスは購入する

@nahoo1115

挙式に必要なドレスの用意。
購入は高いというイメージがありますが、最近では高品質の新品のドレスを8万円前後から購入できるようになっています。
ドレスレンタルの相場は20万円、海外挙式の場合、実は購入してしまった方がお得になることも。
帰国してからお披露目パーティをやる場合は、同じドレスを着ることでレンタル料金も節約できます♩

お得になるポイント③ エリアを絞る

@akemiai_wd

最後のポイントは、訪れるエリアを絞ること。
海外挙式は、日本から近い距離になるほど値段が安くなります。
特におすすめはグアム♡海外挙式の中では一番安く挙げることができると言われています。

グアムは日本から3時間半で行けるエリアなので、長期休みを取るのが難しくても行きやすい場所。
(7〜10月の台風時期を除き)基本はハワイのように気候が安定しているので、気軽にリゾート気分を満喫できます。
日本語が通じるところも多く、治安も安定しているので、初めての海外でも安心して過ごせるのもおすすめのポイント♩

ふたりだけの海外挙式♡人気の国は?

@sm.wedding0707

二人だけの海外挙式のイメージがわいてきたら、今度はどこで挙げるかを考えてみましょう。
ここでは海外挙式で特に人気の6か所をご紹介。
それぞれのエリアの人気の挙式会場や、ぜひ押さえておきたいフォトスポットも詳しく紹介していきます♩

ハワイ

@mona_immm

一番人気はやはりハワイ♡
一年中気候が安定しており、グルメにショッピング、アクティビティなど観光スポットも豊富。
日本語が通じる場所も多く、海外旅行経験が少ない方でも安心のエリアです。

また挙式会場の数が多く、チャペルはもちろん、ビーチやガーデンウエディングなど様々なスタイルから選べるのもポイント。
緑も海も取り入れられるプルメリアガーデンや、木のぬくもりを感じるアットホームな雰囲気のアロハ・ケ・アクアチャペルといった式場が人気です。

リーズナブルな会場から高級ホテルまで選べる範囲が広いので、挙式料自体にも幅があります。
そのため価格帯はだいたい100万~200万円と幅広くなるのが特徴。
おすすめの時期は、ハワイそのものの気候を満喫できる乾季の4~10月となっています。

おすすめフォトスポット

ハワイでぜひ撮影しておきたいスポット!
まずは定番だけどやっぱりかわいいハワイシアターの前♡

@mimi♡☺︎

ダイヤモンドヘッドと青い海が美しく撮れる、アラモアナ公園でのショットもハワイらしさ満点です。

@875.said.yes

丘が連なる自然たっぷりのカカアコウォーターフロントパークでは、高さを生かしたおしゃれで幻想的なハワイを収めることが出来ます♡

@az.101.bride

バリ・アジア

@wedding422yuri

次にご紹介するのは、バリ島とはじめとするアジアンリゾート。
美しいビーチ、豊かな自然にも恵まれており、スピリチュアルな雰囲気を感じられるのも人気の理由です。
また物価がかなり安く、豪華なヴィラへの宿泊やスパ・エステ、ショッピングも贅沢に楽しめます♩

人気の式場は、山の奥の崖に佇み美しい海に囲まれたティルタ・ウルワツや水上式場で挙式が出来るブルガリリゾート バリ ウォーターウェディング。
価格帯はだいたい140万前後、物価のおかげでかなり贅沢ができます♩

おすすめの時期は雨季直前の10月上旬。
ハイシーズンから少しずれているので値段も全体的に下がりやすく、雨も少なく湿度も低いのでカラッとしていて過ごしやすい時期です。

おすすめフォトスポット

バリのおすすめスポットは、やっぱり歴史を感じる遺跡の前♩

海がきれいなスポットもいくつかあるので、ビーチでのショットもおすすめです♩

寺院などにあるバリ傘とのショット!
バリさしさ溢れる1枚を残すことが出来ます。

イタリア

@minto_swaro

ヨーロッパはイタリアも、海外挙式の人気エリア!
格式高いロイヤルウエディングが叶うエリアで、歴史ある教会や宮殿などが多く残っているのが特徴。
まるで映画のようなロマンチックな結婚式が実現できます*

8世紀初頭に建てられた荘厳で美しいサンタ・トロフィメーナ教会、イタリアで最もロマンティックなゴシック様式、セント・ジェームズ教会などが人気の式場♡
価格帯はだいたい約160万前後となっています。
おすすめの時期は一番過ごしやすい天候になる4月~5月、9~10月です*
ヨーロッパは季節によって気候の差が激しいので、挙げる時期にも注意しておきましょう。

おすすめフォトスポット

フォトスポットとして外せないのが、フィレンツェの街並み♡

『ローマの休日』で有名になったスペイン広場も人気のスポットです。

街のいたる所にメリーゴーラウンドがあるので、そこでのショットもぜひ収めておきたいポイント♡
メルヘンな写真を撮ることが出来ますよ。

オーストラリア・ニュージーランド

@_2131.yn_

日本との時差も少なく、大自然や美しいビーチに恵まれているオーストラリア。
都市ごとに雰囲気が違うので、いくつか回って楽しむことができます。

オーストラリアのシンボルといってもいい、コアラを抱っこした記念撮影が出来るサンクチュアリー・コーブ・チャペルや、100年もの年月を経て完成した重厚感のあるセントジョーンズ大聖堂が人気です。

価格帯はだいたい約140~200万円前後。
おすすめの時期は乾季の4月~11月ですが、その中でも6月はちょうど良い気候で過ごしやすい時期となっています♡

おすすめフォトスポット

オーストラリアのフォトスポットといえば、エアーズロックは外せません!

近代的な高層ビル群と美しい海のコラボレーションはオーストラリアならではの光景*
こちらも人気の撮影スポットとなっています。

ニュージーランドにあるテカポ湖周辺では、壮大な自然が広がる幻想的な写真を撮ることが出来ます。

モルディブ・タヒチ・ニューカレドニア

@Ayako Matsumoto

インド洋や南太平洋のリゾート地は海がとても美しく、リゾートウェディングにおすすめのエリア。
水上コテージに泊まるなど、プライベート感や非日常感を感じたい方におすすめです。
観光スポットは少ないものの、ウォーターアクティビティーやリラクゼーションなど何もしない贅沢を満喫できます。

ここでの人気式場は、ターコイズブルーの海に180度囲まれたバロス・モルディブや、白のチャペルが、青い海と空に向かってそびえ立つオーゼン・バイ・アトモスフィア・アット・マードゥ。

価格帯はだいたい約80~200万円。
旅費や滞在費用はタヒチが一番高くなりやすく、ついでモルディブとニューカレドニアと値段が落ち着きます。おすすめの時期は乾季にあたる11月下旬~4月。
この時期は特に海がきれいなので、素敵な挙式とハネムーンになること間違いなしです♩

おすすめフォトスポット

タヒチ感溢れる水上ヴィラをバックにしたショット*

ブランコに揺れる姿もとっても素敵です♡

日本ではなかなか見ることが出来ないくらい、抜群に美しい夕焼けを楽しめるのもモルディブの魅力*
お昼とはまた違う世界のような写真に思わずうっとり♡

アメリカ・カリブ

@yamayuri_wed

アメリカを海外挙式に選ぶ方も多数!
特にアメリカさしさを感じられるニューヨークやラスベガスがよく選ばれています。
またカリブ海周辺の地域も高級リゾートとして人気。
メキシコのカンクンは、大人の雰囲気がありながら、どこか陽気でトロピカルな雰囲気が魅力的です。

人気の式場をあげるなら、ラスベガスの名物の噴水ショーが見られるベラジオや総ガラス張りのチャペルが美しいロサンゼルスのウェイフェア・チャペルがおすすめ。
カリブ海周辺であれば、カリブ海を望むビーチで挙式をおこなえるグランベラス オールスイーツ&スパリゾートが良いでしょう。

価格帯は約90万〜245万円と幅広く、渡航先や宿泊先のランクによってかなり変わるのが特徴です。

おすすめの時期も地域によって変わりますが、ロサンゼルスやカリフォルニアだったら4月~11月、ラスベガスは4~5月と10月が比較的過ごしやすい天候が続くと言われています。
カンクンは1年を通じて晴天率がとても高いですが、9~10月はハリケーンが出現する確率が上がるので、この時期は避けるのが無難です。

おすすめフォトスポット

ニューヨークの街並をバックに美しい写真が撮れるブルックリン橋♩

ラスベガスの定番とも言えるこちらの看板前も、撮っておきたい人気スポット。

カリブ海をバックに、カラフルな写真が撮れるオブジェの前もやっぱりハズせません♩

ふたりだけの海外挙式、頼むならこの会社!

@airi_n_wedding

海外挙式を挙げる際は、必ずといっていいほどプロデュース会社を通して準備します。
そこでここでは、特におすすめのプロデュース会社を4社ご紹介*
それぞれ特色があり取り扱う国も違うので、二人のイメージする挙式をプロデュースしてくれそうな会社を選びましょう♡

アールイズウェディング

リゾート挙式に特化しているアールイズウエディング。
海外の中でも自然や海が美しいリゾートエリアを取り扱っているので、リゾート挙式ならではの演出やオリジナル衣装も手掛けてくれます。

取り扱い国:ハワイ・グアム・バリ

価格帯: 110万円〜280万

デスク:新宿本店、横浜店、名古屋栄店など 他6店

公式サイトはこちら

JTBウェディングプラザ

こちらは大手旅行代理店のJTBの海外挙式専門サロン。
大手旅行代理店ならではの豊富な提携挙式会場とオリジナルの挙式プランが人気です。
挙式と旅行も合わせて手配してもらえるのも嬉しいポイント*

相談デスクも99店舗と数多く、相談に行きやすいのも人気の理由の一つです。

取り扱い国:ハワイ・グアム・サイパン・バリ・ヨーロッパ・オーストラリア・ニュージーランド・南太平洋・モルディブ・アメリカ・カナダ・カンクン

価格帯:3万円〜245万円

デスク:東京・神奈川・埼玉 その他96店

公式サイトはこちら

ハナユメ海外リゾート

お得な結婚式プランが豊富のハナユメも、海外リゾートの挙式を扱っています!
ハナユメ割は海外挙式でも適用になるので、費用を抑えたいという方は必見です。

取り扱い国:ハワイ・グアム・バリ・サイパン・オーストラリア

価格帯:詳しくはウェディングデスクにお問い合わせください

デスク:東京・神奈川・愛知 その他10店

公式サイトはこちら

得ナビリゾート

こちらもお得な結婚式プランが人気の得ナビウエデェング。
リゾート挙式と国内披露宴をセットにすることで、自己負担金0円からの海外挙式が可能になるなど、かなりお得なプランを取り扱っています!
取り扱いは50会場、おしゃれな会場も多く一読の価値ありです*

取り扱い国:ハワイ・グアム・サイパン・バリ・ヨーロッパ・オーストラリア・ニュージーランド

価格帯:自己負担金0円~

デスク:東京・大阪・兵庫 その他9店

公式サイトはこちら

ふたりだけの海外挙式で、お得に素敵な思い出を*

@Ayappe_wedding

費用も抑えられて準備もほとんど必要のない、ふたりだけの海外挙式。
メリットやデメリットを見てみると、忙しい、お財布が厳しい…なんてカップルにもぴったりなスタイルということがわかりました。
非日常的な空間で挙げる挙式は一生の思い出になるはず♩
二人だけの時間をたっぷり過ごせる挙式とハネムーンで特別な時間を過ごしてみませんか♡

この記事を書いた先輩花嫁
ayu.s

二人とも海が好きなこともあって、初めてのデートやプロポーズなど節目になる時にはいつもそばに海がありました。ビーチやリゾートに行くようなあのワクワク感をみなさんに感じていただけたらと二人【RESORT HOLIC!!!】をテーマにしたゲスト参加型の披露宴を行いました♪ これから結婚式を控える花嫁さんのお役に立てるような記事を更新していきます (`・ω・´)キリッ

TOP画像出典: www.weddingnews.jp