【両家顔合わせ食事会】当日の流れや衣装、オススメの手土産をご紹介♩

結婚が決まり、お互いの両親に挨拶が終わった後に行うのが両家顔合わせ食事会です*
実際どのようなことをやるのか、まとめてみました♡

2018.5.10 公開 2018.7.30 更新
この記事を書いた先輩花嫁

2017夏婚の卒花嫁です♡ みなさんのお役に立つ記事を作っていきたいです♡

https://www.instagram.com/e.wed.k/

両家顔合わせ食事会は結婚への第一歩*

結婚や結婚式をするにあたって、両家顔合わせ食事会は結納の前もしくは結納の代わりに両家が正式に顔を合わせて挨拶をしたり、親睦を深める場になります。

初めてのことで緊張もすると思いますが、両家を知るいい機会となるので、和やかな雰囲気で過ごしたいですよね。

今回は両家顔合わせ食事会の際の、服装・流れ・手土産までを詳しく調べてみました♡

両家顔合わせ食事会と結納って何が違うの?

両家顔合わせ食事会と結納は実際のところ、どう違うのか気になりますよね。

ここでは、二つの違いについてみていきましょう♡

両家顔合わせ

両家顔合わせとはどのような内容や準備があるのか、次の項目で詳しくみていきましょう*

内容

・両家が顔を合わせて食事をし、親睦を深めるのが目的

・結婚式や披露宴について、両家の意向を確認するのもオススメ

・婚約指輪のお披露目など

価格

・約3〜6万円(一人当たり1〜1.5万円)が相場

司会の有無

・親を紹介し合うことが目的となるため、結婚する二人が司会を務めることが多い

・男性側の父親が進行をする場合もあるので、よく話し合って決めましょう

会場

・料亭の個室やレストランを選ぶ

・日本料理の場合は懐石・それ以外はコースを選び、食べやすい食事内容にしましょう

・お店の方にお祝いの席と伝えておくのもオススメ

用意するもの

・婚約指輪や婚約記念品など

・場合によっては結納金

結納

では次に結納の内容や準備物について、次の項目でみていきましょう♡

内容

・仲介を立てない略式の場合は、あいさつ・結納品と受書のやりとり

・婚約記念品のお披露目

・結納自体は20分程度で、その後会食へと移る

価格

・4〜10万円が相場

司会の有無

・当日は両家の親もしくは男性側の親が進行を進める場合が多い

・当日までの準備は二人が両親の間に入り、内容などを確認・調整します

会場

・ホテルのレストランや結婚式を行う会場、由緒ある料亭など

・仲人をたてる場合は、仲人の家や女性側の家で行うこともあります

用意するもの

・結納金、縁起物一式の結納品

・地域によって金額や内容は異なるため、必ず確認して準備しましょう

・会場によっては結納プランがあるので、そちらもみて相談しましょう

 

両家顔合わせ食事会の段取りと流れは?事前に決めておきたいことを9つご紹介します*

では、ここでは両家顔合わせ食事会に向けて、段取りや流れを決めていきましょう*

事前に決めておきたいことが沢山ありますので、要チェックです。

1・イメージを決める

顔合わせ食事会といっても、いろいろなケースがあり、それによって準備物などが変わってきます。

・アットホームな食事のみ

・結納や記念品交換

・両親のみ・家族全員

この三点をどうするか、お互いの親にまず確認してみましょう*

2・日程を決める

次に日程を決めていきましょう*

・結婚式もしくは入籍日から3〜6ヶ月前に行う

・ご両親によっては、日柄にこだわる方もいるので要相談

・大安、友引などは人気なので、早めに予約しましょう

・いくつか候補の日を決めて、提案するのも良いでしょう

3・場所を決めて予約をする…個室がマスト

最低でも1ヶ月前くらいまでには自分たちの行いたい雰囲気にあうお店を探して、予約しましょう*

・格式のある料亭やホテルの小宴会場だと、やや改まった雰囲気に

・レストランの個室だと、アットホームな雰囲気に

・結婚式場が決まっている際は、会場内のレストランにすれば両親の下見も兼ねれます

・必ず個室を選び、両家がゆっくりとお話が出来るようにしましょう

4・料理を決める

事前にしっかりと決めておき、当日に備えるようにしましょう*

・両親や家族のアレルギーなどをチェック

・コースメニューを選んで、ゆっくり会話ができるように

・鍋物や大皿料理は避けて、個別に食べれるようなメニューなのか確認しましょう

5・費用分担を決める

一般的には両家折半方式ですが、最近では二人が両親を招待し、費用を負担するケースが増えてきています*

・交通費や宿泊費が一方に掛かったり、どちらかの地元で行うのなら、それも含め考慮しましょう

・二人が両親の間にしっかりと入りコミュニケーションを取って決めましょう

6・プログラムを決める

両家が集まる機会なので、食事の他にもお互いの家族の紹介や記念品の交換などをして親睦を深めていきましょう*

・あいさつ、家族の紹介

・婚約指輪・婚約記念品のお披露目

・乾杯、記念写真撮影

・婚姻届署名

最近では顔合わせ食事会のしおりやガーランドなどを自分で作られる方も多いです*

当日スムーズに進むよう、事前に流れや進行をしっかりと予習して当日を迎えましょう♡

7・手土産を決める

手土産を準備するかどうか親に確認し、遅くとも食事会のある前日までには、両家それぞれ手土産を準備しましょう*

・金額に差が出ないよう予算を決めましょう

・日持ちする菓子折りを持参するのが一般的

・親の好みを事前に聞き、お互いに共有するのもオススメです

・地元が異なる場合は、銘菓や特産品などを手土産にするのも良いでしょう

・初めての顔合わせとなるので、風呂敷を準備して良い印象になるようにしましょう

8・当日の衣装を決める

食事会の服装は、ある程度両家で合わせるように事前に話し合い、バランスをとるようにしましょう*

・女性はスーツやワンピースなどのセミフォーマル

・男性はスーツ

それぞれの親にも会場を伝えた上で服装を確認し、格を揃えるようにすると安心できますね♡

9・両家顔合わせ準備の注意点

両家が一堂に集まる場なので、和やかな雰囲気で進めたいですよね*

・事前準備は念密に

・お互いが盛り上がれる話題などもチェックしておく

・気分を害したり場に合わないような病気や政治、宗教・自慢などの話は避けましょう

・相手の家族に関するある程度の情報をお互い共有しておきましょう

 


TOP画像出典: www.weddingnews.jp