両家顔合わせの席順の正解は?流れやマナーを詳しくチェック!

両家顔合わせの席順の正解は?流れやマナーを詳しくチェック!のカバー写真

顔合わせを行うときに気になるのが席順! 両家が初めて会う顔合わせは、親睦を深めるために重要な行事です♡スムーズに行うために大切な席順や当日の流れを解説します*

恥をかかないために!顔合わせの席順を確認

結婚が決まったら、入籍前に必ず行うのが『両家の顔合わせ』

ふたりの婚約を公にし結納の代わりとなる、両家の親睦を深めるための大事な行事なんです♡

そこで恥をかかないために重要なのが『席順』!

ビジネスマナーと同様に、上座下座と座る位置にも気をつけなければなりません。

顔合わせ当日に困らないために、席順や進行・マナーを確認しておきましょう!

結納と顔合わせの違いは?

結納       :両家が正式に縁を組むための伝統的な儀式
顔合わせ:結納を略式化した食事会

結納は、男性側から女性側の家へ「結納金」と「結納品」を納め、女性側は結納返しを行う伝統的な儀式です。

最近では顔合わせ=婚約と考え、費用も抑えられるので結納は省略するスタイルが主流になって来ています*

どちらのスタイルにするかは両親とよく相談して決めましょう!

顔合わせ席順の【ポイント&上座とは?】

最近では結納ほどカチっとしていない、『顔合わせ食事会(婚約食事会)』として両家顔合わせを行うことが多くなってきています*

所要時間は2時間半~3時間がベスト♩だらだらとなりすぎないちょうど良い時間がこの長さです。
顔合わせプランも多く出ていてスタッフの方も慣れているので、タイミングをみながら対応してくれますよ*

《顔合わせ席順のポイント》
・一家の長が上座に
・自分たちは下座に
・親族も同席する場合は一部席順がかわる

このことを踏まえ、次の項目で詳しい席順を見ていきましょう!

そもそも上座とは?

上座下座は一般的なマナーとして知られていますが、これは日本独特の文化なんです*
もてなす側が目上の人やお客様に敬意やおもてなしの気持ちを表すことができます。

上座:入り口から1番「遠い席」 = 両家父親
下座:入り口から1番「近い席」 = 新郎新婦

上座は一番心地よく安全に過ごせる場所、下座はその逆でお客様をお迎えする側になります。

ビジネスなどでも重要になってくるので、ぜひ覚えておきましょう*

顔合わせの【席順】3パターン

顔合わせは2人+両家両親で行うのが一般的です。

上手に男性側の父親、向かいに女性側の父親が座ります。
それぞれの正面には同じ立場(母親同士・子供同士)の人同士が座るようにしましょう!

地域の慣習や両親の意向などによっては兄弟や祖父母が出席する場合もあります*
場が和むことが大切なので紹介する席順が絶対ではなく、スムーズに進められる位置にすると◎ですよ!

2人+両家両親

本人たちが両親の間に座る方が話が和やかに進みそうという場合にはそちらに変えても◎ですよ♩

2人+両家両親+兄弟

兄弟姉妹も出席する場合は、母親と自分の間に年齢順に座ります。
こちらもお二人が間に入る方が話がスムーズに進むという場合は、順番を変えるのも例外ではありません*

2人+両家両親+祖父母

祖父母が出席する場合も、母親と自分の間に両親に祖父祖母の順に座ります。
祖父母が足が悪かったり車椅子での出席の場合は、入り口に近い席にするなど配慮を行うと良いでしょう*

片親の場合

片親の場合は、親と本人の2人だけの参加で問題ありません
人数を合わせたい時は、兄弟や親族に参加してもらうのも◯

事前に相手側に参加者を伝えておきおきましょう!
祖母や叔父が参加する場合は、父親の席にすわってもらってもOKですよ*

婿or婿養子に入る場合

婿or婿養子に入る場合は、男性側と女性側の位置が逆になります!

顔合わせの【事前準備・当日の流れ】

yksky248

当日をスムーズに行うには、事前準備と流れを把握しておくことが重要です*
お店の方もタイミングを計ってくれますが、きちんと確認しておきましょう!

事前準備

基本的には自分たち2人が主催者となって準備を行います。
地域ごとの慣習や両親の意向もあるので、きちんと意見を確認しながら進めましょう!

①場所・日取りを決める
②進行役を決める
③進行内容を考える(両親にも確認)
④服装・手土産を決める(両家で差がでないように)
⑤費用の分担方法を決める

※ 進行役はだれが行う? ※

進行役は下記いずれかの方が行います。
事前に必ず進行役を決めておきましょう!

・男性の父親
(父親がいない場合は母親)
・男性本人

当日

①一緒に室内に入り、着席する
②進行役が顔合わせの挨拶を行う
③両家家族の紹介
④婚約記念品のお披露目・交換
⑤乾杯を行い、食事・歓談
⑥両家での記念撮影
⑦顔合わせの締めの挨拶を行う
⑧新郎新婦によるお礼の挨拶を行い、お開き

【①一緒に室内に入り、着席する】

ロビーやフロントで両家が合流したあと、スタッフの案内に従って一緒に入室します。
顔合わせの場合は、先に入らず一緒に入室するのがポイントです!
(結納の場合は先に男性側が着席して待つのが礼儀)

【②進行役が顔合わせの挨拶を行う】

事前に決めた進行役の人が、改めて顔合わせの挨拶を行う。
手土産があればこのタイミングで交換すると◎

【③両家家族の紹介】

2人から男性側→女性側の順で両親(兄弟)の紹介をおこなう。
両家の挨拶後、「これからよろしくお願いします」と一言挨拶があると◎

【④婚約記念品のお披露目・交換

食事が始まる前に、婚約記念品のお披露目・交換をおこないましょう!
ここで婚姻届の証人欄に署名をもらったりなどしてもいいですね*

【⑤乾杯を行い、食事・歓談】

進行役が乾杯の音頭をとり、食事・歓談へ。
話のネタにもなる『顔合わせのしおり』を作るのもおすすめ*
家族のプロフィールや2人の幼少期時代・馴れ初めなどを盛り込めば会話にも困らないはず♩

【⑥両家での記念撮影】

顔合わせの記念に全員での記念撮影を*
酔っ払ったり、お酒で顔が赤くなるのが嫌というかたは、婚約記念品のお披露目のタイミングで行うのも◎!

【⑦顔合わせの締めの挨拶を行う】

進行役が締めの挨拶を行うのが良いですが、進行役が新郎の場合は、
男性側のお父様にお願いするのが一般的です。
事前に挨拶をお願いする旨を伝えるのを忘れないようにしましょう!

【⑧新郎新婦によるお礼の挨拶を行い、お開き】

最後に2人からもお礼の挨拶を行いましょう!

お会計はいつ行う?

顔合わせ後半に頃合いを見計らって、支払いに立ちましょう。
折半という場合でも、立て替えておくなど状況を見ながら判断すると◎ですね*

顔合わせの【OK・NGな話題】

顔合わせ食事会でふさわしく、和やかな雰囲気になる話題はどんなものなのでしょうか。
避けたほうが良い話題も合わせてチェックしておきましょう!

2人が小さい頃の話は、どのような環境で育ってきたのかもわかるので盛り上がる話題♩

結婚式などの近い将来の話題は構いませんが、将来の同居話や介護の話など、火種になる恐れがある話題は避けたほうが無難でしょう*

顔合わせの【マナー・注意すること】

日本料理 芝桜/ザ・プリンス パークタワー東京の両家顔合わせ

これから家族として長い付き合いをすることになる結婚*
初対面となる場合が多い顔合わせで、お互いに失礼のないようにマナーや振る舞いに注意しましょう!

《マナー・注意すること》
・個室であること
・両家に差(服装・手土産など)がでないようにする
・お酒を飲みすぎて酔っ払わないようにする
・好みを確認しておく

まず、個室であることはマスト!
結納ほどかしこまっていなくても、顔合わせという大事な場面では他のお客様の話し声やバッティングを避ける意味でも個室を用意しておくことが重要です。

服装や手土産などでも両家に差が出ないようにするのも重要!
一方がフォーマル度が高く一方がカジュアルよりなど、両親にも失礼にあたるのでチグハグにならないようにしましょう。

手土産も同様で金額に差が出ないようにすると◎
一般的には3,000〜5,000円が多いです。高すぎても互いに気を使ってしまうので考慮しましょう。
こもにを事前にリサーチしておき、お渡しすると好印象ですね!

顔合わせは【どこでする?】

場所を決めるのもふたりの重要な役割*
一休オズモールなど予約サイトで特集も組まれているのでそちらを利用するのも良いですね♩

顔合わせには、両家が出向きやすく落ち着いた雰囲気のレストランや料亭がベスト♩

結婚式を挙げる予定の会場近隣で行なったり、ホテル婚ならホテル内のレストランなど、
顔合わせ後に結婚式場を事前にお披露目できるのも素敵♡

高級すぎるお店だとマナーや食事に気を取られてしまいがちなので避けた方が無難です*

どの場所で行う場合でも、人目を気にせず会話を楽しめる個室を手配しましょう♩

▶︎一休で『顔合わせプランのあるレストラン』を調べる

▶︎オズモールで『顔合わせプランのあるレストラン』を調べる 

【カジュアルな顔合わせ】食事会をする場合には?

顔合わせにかかる費用は、平均6.7万円。(ゼクシィトレンド調査2019参照)

もっとカジュアルに済ませたいという方たちのために、お店によっては1人5,000円くらいからの顔合わせプランを用意しているお店もあります。
顔合わせは重要だけど、そこまで予算はかけなくても良いかもという方たちにおすすめです*

服装は?

カジュアルに行いたい場合でも『両家でドレスコードを合わせる』ことは1番重要!
『キレイめカジュアル』が良いでしょう!

片方がカジュアル過ぎても、かしこまり過ぎても、初めから気まずい雰囲気になってしまうので、あらかじめ両家へ服装を伝えておくと良いですね!

【男性】

カジュアルにするならば、
ノージャケット・ノーネクタイでもOK

シャツは必ず襟のついたものを選びましょう*

【女性】

女性の場合はワンピースが1番無難です!
上品なパンツスーツや少しフォーマルな装いもOKです。

色味は原色など鮮やかなカラーではなく、優しい色合いのものを選びましょう*

【NG】

・Tシャツ
・ジーンズ
・スニーカー
・サンダル
・露出度が高いデザイン
・全身黒など暗い色味

【顔合わせのしおり】デザイン

最近では顔合わせのしおりを手作りされる方も多数*
当日の流れや、家族・2人の紹介などを含めることで会話のネタにもなって盛り上がりますよ♩

ディズニー好きの方はぜひ参考にしたいデザイン♡
目を惹くシンデレラカラーも素敵です*

お花を散りばめたデザインがかわいい♡おしゃれさが伝わってくるデザインですね♩

ペーパーアイテムなどを取り扱うファルベの手作りキットで作られたしおり♡
時間がない方や、自身がない方は活用してみると◎ですね♩

☞ファルベの手作りキットを見る

こちらはパワーポイントで作られたそう♡家族紹介はイラストでもかわいいですね♩ぜひスライドして見てください*

和風の顔合わせしおり♡表紙の水引も手作りされたそう!こちらもぜひスライドして見てください♩

顔合わせが成功するには2人の対応が重要!

顔合わせをスムーズに進めるためには、ふたりのしっかりとした事前準備と柔軟な対応が重要です♡

緊張をしてしまう場面ですが、あまり気を張りすぎずにみんなが心地よく過ごせる場になるように努めましょう*

ウェディングニュースLINEコンシェルジュ
無料LINELINEコンシェルジュ
元ウェディングプランナーが結婚準備をサポート
クリップするには登録が必要です