【結納】絶対にやるべき?顔合わせとの違いや実体験もご紹介!

プロポーズを受けて、さあ結婚の準備!と取り掛かる時に、【結納】の存在に悩む新郎新婦さんも多いはず…。両家の考え方や【結納】と【顔合わせ】の違い等、悩むポイントが多いですよね。そんな悩みを解決するべく、詳しくご紹介します♡

2018.10.8 公開 2018.10.9 更新 顔合わせ・結納・食事会
この記事を書いた先輩花嫁

2017年5月に名古屋でゲストハウスウェディングをしました♪デニムをとりいれたカジュアルウェディングにしました! ステキなウェディング情報を皆さんにたくさん発信していきたいと思います♡

https://www.instagram.com/asa_k_0423/

結婚式の準備の前に*

結婚が決まれば結婚式の準備に早速取り掛かりたいですが、その前に両家で行う【結納】や【顔合わせ】について不安に思っている方も多いのではないでしょうか?

最近のカップルの、結納実施率や実体験を交えながら詳しくご紹介します♡

ギリギリになって悩まないように、しっかりチェックしておきましょう!

そもそも結納ってなに?

ご両親から「結納はするの?」なんて聞かれた新郎新婦もいると思います。

聞いたことはあるけど、馴染みのない言葉で、実際なにをするのか分からないことも多いですよね。

まずは、【結納】の基本をチェックしましょう♪

結納の意味

【結納】とは、伝統的な儀式で文字の通り、2つの家族が結ばれ、両家が贈り物を納め合う儀式です。

この納め合うものを【結納品】といいます。1600年ほど前から行われている儀式で、現在では簡略化されながら受け継がれています!

地方によっても【結納】の違いがあると言われているので、両家の出身地が違う場合には事前に両家で確認しておきましょう*

結納の歴史

1600年も前から行われている結納。

当時、仁徳天皇(にんとくてんのう)の皇太子が、妃を迎える際に女性の親に贈り物をして、挨拶をしたことが起源たされています♪

それが、だんだん庶民の間にも広まり明治時代ごろから【結納】の儀式が行われるようになりました。

結納の語源

語源については、いろんな説があるようですが…婚姻関係を結ぶために男性側が酒と肴(さかな)を女性のもとへ持っていったとされています。

この酒と肴を「結いのもの」と呼んでいて、そこから【結納】となったと言われています。

結納と顔合わせ食事会の違いは?

先輩花嫁さんが「今日は顔合わせでした!」と言っているのを見かけますが、【結納】と【顔合わせ】の違いってなに?

と思いますよね…そんな悩みを解決するべく、【結納】の費用から流れ、服装まで詳しくご紹介します♡

費用や会場

まず結納の費用ですが、平均15万円程度と言われています。

男性が結納品を持参することを考慮して、女性側が食事代や場所代を用意することもあるようです。

顔合わせの場合の費用の平均は6万円程度と、結納に比べると半分程度の費用となります。

次に結納の会場ですが、本来は女性側の自宅で行われることが主流でしたが、最近ではホテルや料亭で行われることも多いようです。

顔合わせの場合の会場は、女性側の自宅で行われることはほとんどありません。ホテルやレストランで行うことが多いようです。

当日の流れ

「結納」と「顔合わせ」の流れをそれぞれご紹介します。顔合わせは儀式である結納とは違い決まりではありませんので、おおまかな流れをご紹介します。

「結納」の流れ

ここでは、最近主流となっている「略式結納」(仲人のいない結納)をご紹介します♪

結納品の飾りつけ

男性側が結納品を飾り、結納返しは女性側が飾ります。料亭等を借りる場合は、飾る位置もしっかり確認しておきましょう♪

はじまりの挨拶

全員が着席後、はじめの挨拶を男性側の父親が進行役となり進めます。(男性側の母親でも可)挨拶後は、全員で深く礼をし結納の儀を始めていきます。

男性側から結納品を納める

男性側の両親が、結納品と家族書(家族構成を記載した紙)を持ち、新婦のもとへ運びます。この時、新郎が直接結納品を納めても問題ありません。

女性側が「受書」を渡す

新婦本人が結納品を受け取ったことへの口上を述べ、結納品を確認後「受書」を男性側の父親か新郎へ渡します。

ここで、結納返しの品があれば結納品と同じように納めます。

婚約記念品の披露

婚約記念品や婚約指輪があれば、両家に披露します。

締めのあいさつ

男性側の父親が結納が無事に終わったことを結びのあいさつとして、述べます。その後は、食事や記念撮影などを行い両家で団欒することが多いようです。

「顔合わせ」の流れ

顔合わせ食事会の流れをご紹介します!結納に比べて、比較的自由な流れとなります。

はじまりの挨拶

結納と同様、男性側の父親が進行役となり「顔合わせ食事会」のはじまりの挨拶を述べます。

両家の紹介

ここでは両家を代表しそれぞれ1名が(父親または母親)互いの紹介をしていきます。

婚約記念品の披露

婚約指輪や記念品があれば、ここで両家にお披露目をします。

乾杯の挨拶

食事会のはじまりということで、両家を代表して男性側の父親が乾杯を行います。

食事と歓談

両家団欒で親睦を深めましょう!この時は堅苦しくなく楽しく過ごすことができます♡

結びの挨拶とお礼

最後の結びの挨拶として、男性側の父親が締めのあいさつをします。その後、記念撮影なども行うことが多いようです。

当日の服装

何を着ていくか迷いますよね…。

ポイントは結納の場合も顔合わせ食事会の場合も、両家で服装を揃えることです!

あまりにも両家で格が違うことがないように事前に話し合いをしておきましょう♪

結納の服装

・新郎:スーツ・五つ紋付羽織

・新婦:正装は振袖・訪問着・洋装であればドレッシーなワンピース

顔合わせの服装

・新郎:スーツ

・新婦:ワンピース・訪問着・振袖


TOP画像出典: www.weddingnews.jp