人気の海外ウェディング〜ハワイ挙式編〜費用やメリット&デメリットまとめ

近年人気の海外ウェディング♡特に人気が高いハワイ挙式について、気になる費用面や準備、国内挙式との違いなど、「憧れはあるけど、実際どうしたら良いの?」という花嫁の疑問にお応えします。人気結婚式場の紹介もあるのでぜひ参考に♪大自然に囲まれて特別な一日を…ハワイの魅力、たっぷり紹介しちゃいます♡

2018.12.23 公開 2019.5.24 更新 式場を探す

ハワイ挙式って?

挙式は海外で!となった場合、まずはどこ(国)でする…?
モルディブやヨーロッパなど、年々挙式ができる海外のスポットは増えてきましたが、
海外挙式・リゾートウェディングとして、昔から変わらず圧倒的人気の高いスポットといえば♪そう、ハワイ!

パワースポットとしても有名な常夏の島で、鮮やかな青い空・透き通るエメラルドグリーンの海、大自然に囲まれのんびりとした時間の中で行うリゾート地での結婚式…とっても素敵ですよね♡

そんな”ハワイ挙式”をズバリ一言で言うと…”披露宴のない、ハネムーンを兼ねた結婚式“*
今回はハワイ挙式を検討中の花嫁必見!の、基礎知識から人気会場まで詳しく紹介していきます♡

ハワイ婚のメリット・デメリット

魅力たっぷりのハワイ挙式ですが、メリットとデメリットを把握したうえでぜひ検討してください♡

メリット

① 圧倒的なロケーション♡

挙式はもちろん、ハワイの抜群なロケーションは、海辺や街中など、どこで写真を撮っても絵になるのが良いところ♪移動中などでも素敵な写真がたくさん撮れます。(フォトツアーとセットにする場合も)これは国内では味わえない、大きなメリットです♡

② アットホームな雰囲気で家族や友人と距離が縮まる♡

家族(親族)と親しい友人だけの少人数婚。呼ぶゲストが限られているからこそ、ゆったりと濃密な時間が過ごせます♪

挙式のあとには、ハワイアンミュージックを流しながら♪カジュアルな食事会やバーベキューをセッティングするとよりアットホームで楽しい時間が過ごせます!

③ 挙式とハネムーンを一度に済ませられて経済的♡

ハネムーンも兼ねていることが多いリゾートウェディング。一度に全てが済むことので、節約花嫁にもなれちゃいます!

④ 少人数なので、準備も簡単で短くすむ!

一般的なの国内披露宴は、進行・BGM・引出物など多くのゲストを想定し考えることも多く、準備物も多い!海外挙式の場合は挙式のみの場合が多く、進行も準備もとってもシンプル♪

食事会を設定しても、少人数ですし時間もかからないのでその分凝ったアイテムが作成できます♡

⑤ 両親へ親孝行♡

これは一番のメリットかもしれません!結婚式と一緒にハワイ旅行をプレゼントできる♡親御様にとって一生の思い出になること間違いなしですね!

デメリット

① 当日まで会場を見ることができない

実際の会場が見れるのは当日のみ。国内と違い下見やリハーサルができないので、実際行ってみたら『パンフレットと違う!』なんてことも。よりリアルなイメージを膨らませるなら、インスタで先輩花嫁の写真を参考にしましょう♡

② 現地とのやりとり、時差等でタイムラグがある

ハワイと日本の時差は19時間。そのため、すぐにほしい返事がもらえないこともありますし、海外の場合はレスポンスがルーズな場合も・・・余裕を持って準備をする必要があります。

③ 遠方のため、限られた人数しか呼ぶことができない

あの人も呼びたいけど休みがとれない、予算が厳しい…など呼びたいけど呼べないという人がでてきてしまう可能性も。最近は「帰国後パーティー」を行う方も増えているので、現地に呼ばなかった方は改めて日本でお披露目パーティーをしましょう♪

④ ゲストの旅費負担など悩む場面がある

来てもらうゲストの負担をどこまでするのか悩むことも。全て持つとすると金銭面でも負担になってしまう可能性があります。予算については二人でしっかり話し合いましょう*

⑤ 現地スタッフとコミュニケーションを取るのが難しい

カメラマンさんやチャペルのスタッフさんが現地の人で、日本語がうまく伝わらず、意思疎通が図れないことも・・・写真のイメージがある時は指示書を作ってみたり、簡単な英語やハワイ語を勉強してみると、きっと良い思い出になるはず♡

プロデュース会社のサポートを受けることをおすすめします!

ハワイ結婚式の基礎知識Q&A

ハワイで挙式することは決まった!…でも具体的にはどうしたらいいの?そんな疑問にお答えしていきます♡

時期はいつがいいの?

5〜9月は雨季から抜けておりハワイの乾季に当たります。気温も高いため、挙式にも観光にもベストシーズンです♪

どこの島が選べるの?

ハワイは8つの島と100以上の小島からなる諸島でできています!
そのうち、もっとも有名なのはオアフ島。ハワイのイメージといえばこの島で、もっとも挙式会場も多いです。

そのほか、自然豊かなハワイ島、ハワイの歴史を感じられるマウイ島、ガーデンウェディングにもってこいのカウアイ島、まるで地上の楽園のようなラナイ島でも挙式することができますよ♡
2人にとってぴったりの会場を見つけてみましょう♪

会場の選び方って?

ハワイで挙式することが決まったら、お次は会場選び。
青い海をバックにしたリゾートウェディング?緑の自然豊かなガーデンウェディング?はたまたステンドグラスが厳かな教会で?など、2人がイメージするのはどんな会場でしょうか*

また、日本ではあまり気にされていませんが、“チャーチ”とはもともと街の中にある教会のことで、結婚式のために解放されているわけではないため、冷房設備やブライズルームなどはありません。一方“チャペル”とは、結婚式用に建てられた建物のこと。そのため、日本の結婚式場に近いです。

古くからある街の教会であげたい!という方にはチャーチがオススメですが、初めてのハワイで参列者の体調などを気にする場合には、設備が整っているチャペルが安心かもしれません♪

何日間がベスト?

ハワイは最短で3泊5日で行くことができますが、ハネムーンを兼ねるなら5泊7日以上がオススメ
ハワイに到着してから日が経ってしまうと日焼けのリスクがあるため、挙式日のオススメは2〜3日目です!

挙式の前日に現地サロンとの打ち合わせがあるため、予定を入れすぎず、スケジュールには余裕を持って行動しましょう♪

2人でやる?呼ぶ人数は?

せっかくの結婚式、今までお世話になった両親や友人にも見てもらいたいですよね。国内挙式の場合は、親族に加え会社関係の方、友人など50〜80名程度を呼ぶのが多いそう。とはいえ、ハワイまで大人数を呼ぶのはスケジュール的にも金銭的にも大変・・!

ということで、親族のみや近しい友人数人のみを招くなど、多くても10〜15人くらい呼ぶカップルが多いようです。もちろん、2人だけで挙げるカップルも最近は増えてきていますよ♪

費用は?

ゲストの人数にもよりますが、国内挙式の最近の平均は370.6万円でした。ご祝儀をいただく場合が多いため、自己負担額はこれよりも減りますが、なかなかの金額です…

それに対してハワイ挙式の平均は199.3万円!ハネムーンを兼ねていると考えると国内挙式よりもリーズナブルです♪

ただし、これは参列者の旅費などの負担額により異なってくるので、まずは見積もりを出してもらって検討してみてくださいね!

準備期間は?

ハワイ挙式の準備期間の平均はおよそ半年間。国内挙式の1年〜半年間に比べて短めです。

挙式一式がパッケージプランになっていることが多く、内容が国内挙式と比べてシンプルなため、準備期間が少なくて済むみたい。最短では2〜3ヶ月あれば準備できるそう!

ハワイ挙式の内容って?

ハワイ挙式の内容とは?1日の流れに沿って見ていきましょう♪

挙式前日

・現地サロンとの打ち合わせ
・ヘアメイクリハーサル(つけた場合)

実際の挙式当日のスケジュールや流れ、準備するものの説明を現地スタッフから受けます。直接顔を合わせて行う事前打ち合わせはこの1回だけなので、しっかり覚えて当日を迎えましょう♪

挙式当日

・ホテルの部屋でヘアメイク
・部屋やホテル館内での写真撮影(オプションでついている場合のみ)
・リムジンで挙式会場まで移動

国内挙式との大きな違いは会場での支度ではなく、自分の泊まっているホテルの部屋でのお支度になります。そのため、ドレスのまま車で移動したり、ドレスを着ている時間も長いため、その点を考慮して着付けをお願いするといいかも*

・挙式リハーサル
・挙式
・レイセレモニー(つけた場合のみ)

両親への感謝の気持ちを表す儀式である”レイセレモニー“はハワイならでは。最近ではリボンで作った”リボンレイ“を送るカップルもいますよ♪

・レセプション(つけた場合のみ)
・フォトツアー(つけた場合のみ)

挙式後は参列者とレセプションパーティーを行ってのんびりしたり、ドレスのままフォトツアーに出かけて観光を楽しんだりするのをオススメします♡

服装って?

国内披露宴の服装といえば、両親はモーニングと留袖、参列者はスーツとパーティードレスが一般的です。

一方、ハワイの正装はアロハシャツとムームー。とってもカジュアルでまさにリゾート婚にぴったり♡

とは言ってもアロハシャツやムームーなんて持ってない…という方も多いですよね。ご安心ください!今はハワイの現地でもレンタルできるお店もあります♪現地レンタルなら手荷物にもならなくて便利ですよね。
参考に少しお店をご紹介します♪

ALOHA OUTLET
来店予約、商品取り置きも可能。
品揃え豊富で、家族や友人とお揃いもOK
レンタル期間  2泊3日
公式HPはこちらMuumuu Rainbow
ワイキキ主要ホテルから徒歩数分
完全予約制。ホテルで返却も可能
レンタル期間:1泊2日、2泊3日同一料金
公式HPはこちらmaunaloa(国内)
サイズが心配な方は、日本でも試着、購入可能。
ハワイの思い出にもなります♡
店舗:東京・大阪・福岡・広島・横浜・札幌公式HPはこちら

ハワイ挙式についての知識もついてきたところで、次のページではハワイで人気のチャペルやオススメサロンを紹介します♩
お気に入りの会場はみつかるでしょうか??

この記事を書いた先輩花嫁
meme

2018.10にハワイ挙式を終えた卒花です🌸 2018.12国内パーティ予定★ 少しでもこれから結婚準備される花嫁さんのお役に立てたら嬉しいです😊igアカウント:@meme0206

TOP画像出典: www.weddingnews.jp