ハワイで結婚式の費用や段取りまとめ♡人気のチャペルTOP10も大公開

近年人気の海外ウェディング♡特に人気が高いハワイ挙式について、気になる費用面や準備、国内挙式との違いなど、「憧れはあるけど、実際どうしたら良いの?」という花嫁の疑問にお応えします。人気結婚式場の紹介もあるのでぜひ参考に♪大自然に囲まれて特別な一日を…ハワイの魅力、たっぷり紹介しちゃいます♡

2018.12.23 公開 2019.8.26 更新 式場を探す

海外挙式は、やっぱり人気No.1のハワイで!

挙式は海外でとなったら、まず決めるのはどの国でするのか。
モルディブやヨーロッパなど、年々海外挙式ができるスポットは増えてきましたが、昔から変わらず圧倒的人気の高いスポットといえばハワイです!

パワースポットとしても有名な常夏の島。
鮮やかな青い空・透き通るエメラルドグリーンの海、大自然に囲まれのんびりとした時間の中で行うリゾート地での結婚式…とっても素敵ですよね♡

そんな”ハワイ挙式”をズバリ一言で言うと…”披露宴のない、ハネムーンを兼ねた結婚式“*
今回はハワイ挙式を検討中の花嫁さん必見、基礎知識から人気会場まで詳しく紹介していきます♡

ハワイ挙式の費用相場は?

@hachiho08

まず気になるのは、ハワイ挙式にかかるお金の話。
どんなに理想のハワイ挙式をイメージしても、あまりに高い費用では開くのも夢のまた夢。。。
現実的な費用相場をしっかり知っておきましょう!

結婚情報誌『ゼクシィ』の2018年の調査によると、ハワイウェディングの総額は210.8万円!
(挙式やパーティーにかかる費用とふたりの旅行費用などを含む)
国内での挙式の総額は平均357.5万円なので、お金の面ではとってもお得。

さらに挙式スタイルなど、工夫次第で総額をかなり安くすることができます。
ぜひお得な裏ワザをチェックしてみて*

おすすめの時期や呼ぶ人数は?ハワイ挙式の基礎知識

お金のことがわかったら、次は具体的に挙式のイメージをしていきましょう。
ここでは時期やゲストの人数など、ハワイ挙式に関する基礎知識をご紹介。
それぞれの項目を読んでから、二人でじっくり相談してくださいね。

おすすめは5月〜9月!ハワイ挙式の時期はいつがいい?

5〜9月は雨季から抜けておりハワイの乾季に当たります。
気温も高いため、挙式にも観光にもベストシーズンです

全部で5つ!ハワイ挙式ができる島

ハワイは8つの島と100以上の小島からなる諸島でできています!
そのうち、もっとも有名なのはオアフ島
ハワイのイメージといえばこの島なので、もっとも挙式会場が多い島となっています。

そのほか挙式ができるのは
・自然豊かなハワイ島
・ハワイの歴史を感じられるマウイ島
・ガーデンウェディングにもってこいのカウアイ島
・まるで地上の楽園のようなラナイ島

の5つ!2人にとってぴったりの会場を見つけてみましょう♪

結婚式までの準備期間は?

ハワイ挙式の準備期間の平均はおよそ半年間
国内挙式の1年〜半年間に比べて短めです。
挙式一式がパッケージプランになっていることが多く、内容が国内挙式と比べてシンプルなため、準備期間が少なくて済むみたい。
最短では2〜3ヶ月あれば準備できるそう!

参列するゲストの人数は?二人だけでもOK?

せっかくの結婚式、今までお世話になった両親や友人にも見てもらいたいですよね。
国内挙式の場合は、親族に加え会社関係の方、友人など50〜80名程度を呼ぶのが多いそう。
とはいえ、ハワイまで大人数を呼ぶのはスケジュール的にも金銭的にも大変です。

実際の花嫁さんにきくと、親族のみや近しい友人数人のみを招くなど、多くても10〜15人くらい呼ぶカップルが多いようです。
もちろん、家族だけで挙式するカップルや2人だけで挙げるカップルも最近は増えてきています♪


滞在期間は何日間がベスト?

ハワイ挙式の場合、滞在は最短で3泊5日。
ハネムーンを兼ねるなら5泊7日以上がおすすめです。
ハワイに到着してから日が経ってしまうと日焼けのリスクがあるため、挙式日のおすすめは2〜3日目
前日に現地サロンとの打ち合わせがあるため、予定を入れすぎずスケジュールには余裕を持って行動しましょう。

ドレスやタキシード、ハワイ挙式の服装はどうする?

国内披露宴の服装といえば、タキシードとウェディングドレス。
ハワイでもこれは一緒で、現地ではリゾートならではの素敵な衣装を選ぶことができます。

ゲストの場合、両親はモーニングと留袖、参列者はスーツとパーティードレスが一般的です。
一方ハワイでは、ゲストはアロハシャツとムームーが正装
カジュアルでまさにリゾート婚にぴったりな服装なんです♡

とは言ってもアロハシャツやムームーなんて持ってない…という方も多いですよね。
ですがご安心を。
今はハワイの現地でもレンタルできるお店もあります♪
現地レンタルなら手荷物にもならなくて便利です。

▽ハワイでの服装をレンタルできるお店

・ALOHA OUTLET
来店予約、商品取り置きも可能。
品揃え豊富で、家族や友人とお揃いもOK
レンタル期間  2泊3日
公式HPはこちら・Muumuu Rainbow
ワイキキ主要ホテルから徒歩数分
完全予約制。ホテルで返却も可能
レンタル期間:1泊2日、2泊3日同一料金
公式HPはこちら・maunaloa(国内)
サイズが心配な方は、日本でも試着、購入可能。
ハワイの思い出にもなります♡
店舗:東京・大阪・福岡・広島・横浜・札幌公式HPはこちら

ハワイ挙式の段取り(1日の流れ)

いろんな項目はわかったけど、実際の動きが知りたい!
頻繁に訪れることができない海外ですから、そんな方も多いはず。
そこでここでは、ハワイ挙式を1日の流れに沿ってご紹介していきます

挙式前日

・現地サロンとの打ち合わせ
・ヘアメイクリハーサル(つけた場合)

実際の挙式当日のスケジュールや流れ、準備するものの説明を現地スタッフから受けます。
直接顔を合わせて行う事前打ち合わせはこの1回だけなので、しっかり覚えて当日を迎えましょう♪

挙式当日

・ホテルの部屋でヘアメイク
・部屋やホテル館内での写真撮影(オプションでついている場合のみ)
・リムジンで挙式会場まで移動

国内挙式との大きな違いは会場での支度ではなく、自分の泊まっているホテルの部屋でのお支度になります。
そのため、ドレスのまま車で移動したり、ドレスを着ている時間も長いため、その点を考慮して着付けをお願いするといいかも*

・挙式リハーサル
・挙式
・レイセレモニー(つけた場合のみ)

両親への感謝の気持ちを表す儀式である”レイセレモニー“はハワイならでは。
最近ではリボンで作った”リボンレイ“を送るカップルもいますよ♪

・レセプション(つけた場合のみ)
・フォトツアー(つけた場合のみ)

挙式後は参列者とレセプションパーティーを行ってのんびりしたり、ドレスのままフォトツアーに出かけて観光を楽しんだりするのをおすすめします♡

ハワイで人気のチャペルがある会場10選

具体的な挙式イメージができたらいよいよ会場選び。
とはいえいろんな会場があるハワイ、検索してもどこを選んでいいのか悩んでしまうかも。
この項目では、悩める花嫁さんのためにハワイで人気があるチャペルをご紹介!
♡ガーデン式、チャペル式、大聖堂式など、特徴のある10の会場をまとめました。

コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ(オアフ島)

2018年8月にリニューアルオープンしたばかりのチャペル。高級リゾート地にある純白のチャペル、目の前はコバルトブルーのオーシャン♪
“喜びの結晶”と呼ばれるチャペルはプライベート感を味わいたいカップルにオススメです♡

ザ・モアナチャペル(オアフ島)

モアナサーフライダーのホテルの中にあるチャペル。神田沙也加さんと村田充さんの挙式写真を見たことのあるカップルも多いのではないでしょうか?
白亜のチャペルは幻想的でうっとりしてしまいます。ワイキキ中心部にあることもあり、ゲストのアクセスが良いことも高ポイント。

ザ・マカナチャペル(オアフ島)

こちらはシェラトン・ワイキキ内にあるチャペル。ワイキキビーチが目の前ということもあり、ビーチを独占できる景色は圧巻です♪
ダイヤモンドヘッドを眺めながらのテラスでのフラワーシャワーも素敵♪挙式後すぐにショッピングなどにお出かけできるのも魅力的ですね。

ザ・テラス バイ・ザ・シー(オアフ島)


こちらはなんと!ハワイの教会で唯一チャペルからダイヤモンドヘッドが見える会場なんです♪
チャペルは2つあり、木のぬくもりを感じるカウイチャペルと透明感あふれる白亜のナウパカチャペル。好みに合わせて選べるところもいいですね♡

ハウテラス・ウェディング・アット・ハレクラニ(オアフ島)


ハレクラニホテルの中にある挙式会場です♪ホワイトローズが敷き詰められたバージンロードとフラワーウォールは優雅なウェディングにぴったり。
ホテルならではの手厚いおもてなしと最高級のレストランでのレセプションは上品な挙式を行いたいカップルにオススメです。

パラダイスガーデンクリスタルチャペル(オアフ島)

ガラス越しに海を臨みながら挙式をすることができるチャペル。ガーデンでのケーキカットもでき、ガーデンウェディングもしたいけど、オーシャンビューも捨てがたい!という欲張りカップルにオススメの会場です♡
田中将大投手と里田まいさんが挙式したことでも有名♪

ロイヤルハワイアン(オアフ島)


ロイヤルハワイアンホテル内のガーデンで行う挙式。太平洋のピンクパレスと呼ばれるホテルはピンクが大好きな花嫁さんにはたまらないキュートな外観♡
そんなホテルをバックに行われるガーデン挙式は、目の前はオーシャンビューで開放的。ピンクと緑の中なので真っ白なウェディングドレスが引き立ちます♡

セントラルユニオン大聖堂(オアフ島)

白亜の天井と真紅のバージンロードがとっても優美な教会。厳かに挙式を行いたいカップルにおすすめ。
クラシカルなドレスでしっかりとトレーンを映えさせたい!という花嫁さんはぜひチェックして。パイプオルガンもあるので、歴史ある教会での生演奏の中、静粛な式を行えること間違いなし♪

アロハ・ケ・アクア・チャペル(オアフ島)


“アロハ・ケ・アクア”とはハワイ語で”神の愛”と言われています。古き良きハワイの自然を感じられるチャペルでの挙式は、自然豊かなガーデンで行うナチュラル式と三角屋根のチャペルで行うトラディショナル式を選ぶことができます♪
ハート型の”ホオプクの石”でお祈りできるのもこのチャペルだけ。
こちらのチャペルでは近藤千尋さん、ジャングルポケットの太田博久さんが挙式を行いました♡

セントアンドリュース大聖堂(オアフ島)


ステンドグラスの教会といえば!こちらのセントアンドリュース大聖堂です。神秘的に輝くステンドグラスに照らされて行われるセレモニーは厳かで神聖なものになるでしょう。
歴史ある本物の教会で挙式を行いたい!というカップルはぜひ検討してみてくださいね♪

プルメリアガーデン(オアフ島)


ガーデン挙式の代表とも言える、プルメリアガーデン。大きなプルメリアの木の下でゲストに見守られながら行うセレモニーは、開放感があってリゾート感も味わえます♪
広々としたガーデンでの挙式なので、堅苦しくなく、のんびりとアットホームなパーティーを行いたいカップルにオススメです♡

ハワイ挙式はここで相談!おすすめサロン

日本から遠いハワイ。
まさか挙式当日まで相談や打ち合わせはできない……なんて思っていませんか?
ご安心ください、ハワイ挙式の準備は日本のサロンでもできちゃいます♡

ここではハワイ挙式を頼む時に使いたい、おすすめサロンをピックアップ。
ハワイのチャペルでも国内と同様、そのチャペルを所有している会社に相談することになります。
自宅近くにサロンがあるかどうかも合わせてチェックしてみてください♪

ワタベウェディング

国内にも多数サロンがあることで安心して相談ができるワタベウェディングさん。アロハケアクアチャペルやコオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイなどを取り扱っています。

ワタベウェディング公式HPはこちら

アールイズ・ウェディング

アールイズ・ウェディングさんではモアナチャペル、マカナチャペル、キャルバリー・バイ・ザ・シー教会などを取り扱っています。モアナサーフライダー内に直営サロンが入っていますよ♪

アールイズ・ウェディング公式HPはこちら

タカミブライダル

ザ・テラス・バイ・ザ・シーを所有し、セントラルユニオン教会なども取り扱っています。ドレスやタキシードなどにも力を入れているため、衣装にこだわりのある方にオススメのサロンさんです♪
タカミブライダル公式HPはこちら

ベストブライダル

国内でも多数の式場を持っている大手のサロンさんです。そのため、全国に相談できるサロンがあるのが魅力的。
パラダイスガーデンクリスタルチャペルやプルメリアガーデンを所有しています。そのほか、キャルバリー・バイ・ザ・シー教会なども取り扱っています。
ベストブライダル公式HPはこちら

クチュールナオコ

セントアンドリュース大聖堂、ダイヤモンドヘッド・アネラ・ガーデン・チャペルなどを取り扱っています。直営サロンもハワイにあり、日本人スタッフも常駐しているので安心。
クチュールナオコ公式HPはこちら

リゾート感満載のハワイ挙式で決まり♡

こんなにも魅力がたくさんあるハワイ挙式♡

・家族や友人と、アットホームなリゾ婚がしたい!
・経済的にハネムーンも一緒にやりたい!
・準備にあまり時間をかけたくない!

こんな花嫁さんは、ぜひハワイ挙式を検討しててみてくださいね。
いろいろ調べてこだわるもよし、シンプルにお手軽な式をするのもよし。
2人にとってハッピーなハワイウェディングにしちゃいましょう!

この記事を書いた先輩花嫁
meme

2018.10にハワイ挙式を終えた卒花です🌸 2018.12国内パーティ予定★ 少しでもこれから結婚準備される花嫁さんのお役に立てたら嬉しいです😊igアカウント:@meme0206

TOP画像出典: www.weddingnews.jp