お呼ばれゲストのアクセサリーマナー&実際に買えるアイテム20選*

意外と知らないお呼ばれアクセサリーのルール。大人として知っておかないと恥ずかしいかも!?を今回は一気に解決!お呼ばれアクセサリーのルールとおすすめのアイテムのご紹介をしていきます♪意外なものもマナー違反だったりするかもしれません!

2018.7.12 公開 2018.8.2 更新
この記事を書いた先輩花嫁

お呼ばれアクセサリーのルール知ってる?

結婚式のお呼ばれルール。ドレスや靴などはよく聞きますが、アクセサリーにもあることを知っていますか?今回は定番からおすすめのアイテムまで、一気にご紹介していきます♪

これってだめなの?避けるべきNGアクセサリーとは?

皆さんも知っている定番のルールから、予想外なルールまで一気にご紹介していきます!いくつ知っているものがあるでしょうか?

花嫁さんと被るもの

基本的には、「花嫁とかぶらない」「花嫁より目立たない」ことがポイントとなります。なので、花嫁の特権ともいえる生花やコサージュなどの大振りなものや
ヘッドアクセサリーで言うとティアラを連想させるキラキラした素材は避けたほうがよいとされています!
昼間と夜で使って良い小物は変わりますが、基本となるポイントは花嫁さんが主役ということなので、シックで上品なものを選ぶと良いかもしれません♪

白い小物

ゲストのドレスのNGカラーと同様に、「白」は避けましょう。あまり目立たない大きさであれば許容範囲です!また、同じ「白」でも、結婚式に万能な素材として考えられている「白パール」は大丈夫です!
ただし、黒いドレスに白いパールの組み合わせに不祝儀のイメージを持つ人もいるようなので注意しましょう。

2連パール

お呼ばれアクセサリーの王道はパールのネックレスですが、実はパールネックレスは一連のもの以外はマナー違反とされることもあります。
その理由としては、パールネックレスの複数連なったものは、“結婚が重なる”=“離婚を連想させる”ので避けるべきと言うことだそうです!しかし、最近ではむしろ「喜びが重なる」という意味で考え、結婚式に相応しい装いともされています。
中々基準が難しいところですが、カジュアルな式でしたらそこまで気にされなくても良いかもしれませんし、逆に参列者に年齢層の高い方などは、避けた方が無難かもしれません。

ファーや動物柄


これはご存じの方も多いと思いますが、動物殺生のイメージを受けるため、ファーや動物柄の小物などは結婚式には相応しくありません。ボレロなどにはファーのものもありますが、結婚式では避けるようにしましょう!

バイカラー


中々盲点なのがバイカラー。二つに分けると言う意味から離婚をイメージして縁起が悪いとされているようで、できるだけ避ける方が無難です!

うっかりしがちな腕時計


普段身に付けているので忘れがちですが、結婚式をはじめとするフォーマルな場では、本来時計はNGです。時間を気にしている、と思われることがマナー違反だからという理由があるそうです。
腕時計はブレスレットに変更してみると良いかもしれません!

季節感が合っていないもの


アクセサリーは季節感も大切ですになります。春夏には明るい色や爽やかな素材のの春夏らしいものを、秋冬にはシックな色やベロア素材など秋冬らしいものを選ぶと良いでしょう!

OKなアクセサリーとは?

先程もお話ししたように、ポイントとなるのは、花嫁さんが主役であるということ!それを念頭に、シックで上品なアクセサリーを選んでいくと失敗はありません♪

一連パール

先程も出てきたパールは定番で、無難なアクセサリーです。ただし、先程の2連パールや、黒いパールは離婚やお葬式を連想させるので嫌がる方もいるため、結婚式では避けるべきといわれていますが、絶対にNGというわけではありません。
ですが、気にする人がいる可能性はあるので、配慮して避けておいたほうが無難かもしれません。
ピンクパールなどもマナー違反ではないので、ドレスに合わせてパールアイテムを使うと良いでしょう♪

ブレスレット


先程時計はNGと合ったように時計をはずすことが推奨されますが、そうすると手元が何だか寂しくなると思う方もいるかと思います。そんな時は、ブレスレットで華やかさをプラスしましょう!
今までのルールのなかであればブレスレットはOKです。手首に生花のリストレットをつける花嫁も多いので、花がモチーフとして使われているものは避けて、パールやゴールド、プラチナ、シルバーなどの貴金属のものが基本です!また、結婚式ではウッドやビーズ、革などカジュアルすぎる素材やボリュームのあるバングルなどは避けた方がいいでしょう。

婚約指輪


先程から「花嫁さんを立てる」「キラキラしたものは着けない」と言うことをポイントとしてきましたが、自分の「婚約指輪」としてダイヤモンドを着けることはマナー違反にはあたりません。むしろ、正式な装いのひとつですので、着けていくのはOKです♪
是非こういう機会につけてみてはいかがでしょうか?

番外編*パール以外素材でOKなものは何?


パール以外でも、ビジューやスワロフスキーなどのクリスタル、ラインストーン、サテンやシフォン素材などもオーケーです。
揺れるピアスは「家庭が揺れる」、「安定しない」など、縁起が悪いのではないかと心配されることがあるようですが、花嫁さんも使っているアイテムですのでそこまで気にする必要はありません!
トータルコーディネートに合ったアクセサリーを選んでいきましょう♪


TOP画像出典: www.weddingnews.jp