クラシカルなウェディングドレスで上品に♡お手本スタイル11選×会場に合うドレスの選び方

クラシカルなウェディングドレスで上品に♡お手本スタイル11選×会場に合うドレスの選び方のカバー写真

プレ花嫁さんの関心を集めるクラシカルなウェディングドレス。厳かな教会はもちろん、歴史的な建造物や由緒ある洋館、自然光あふれるガーデンなどで「映える」上品なニュアンスも人気の理由です。ぜひ、クラシカルなウェディングドレスの魅力や特徴、お手本スタイルを参考に、あなたの会場にぴったりな1着をしつらえてください♩

注目度アップ♡クラシカルなウェディングドレスの魅力とは?

fumi_wed

クラシカルなウェディングドレスが注目されるのは、独特の魅力があるから。

ぜひ、クラシカルなウェディングドレスの魅力を最大限に引き出すコーデ会場選びの参考にしてくださいね♩

凛とした佇まいにうっとり♡クラシカルなウェディングドレスの特徴

fumi_wed

クラシカルなウエディングドレスといっても、いろいろなスタイルがあります。

ここでは、生地に使われる素材デザインなどクラシカルなウェディングドレスの特徴を見ていきましょう。

クラシカルなウェディングドレスに使われる素材のポイントは、「光沢」「優雅さ」「伝統的」「古典的」などの要素が挙げられます。

ウェディングドレスをクラシカルにさせるデザインの特徴は、「大人っぽさ」「上品さ」を際立たせるため、「露出が少ない」「シンプルかつトラディショナルである」「素材の存在感を生かす」などがカギとなります。

クラシカルなウェディングドレスで上品に♡先輩花嫁さんのお手本スタイル11選

クラシカルなウェディングドレスのデザインは無限大ですから、お手本スタイルを参考にして自分らしいクラシカルスタイルをイメージしましょう♩

それぞれのスタイルのポイントやマッチしそうな会場の特徴も提案していますので、ぜひ、ドレス選びのヒントにしてくださいね!

乳白色×レースタトゥーがクラシカルなウェディングドレス

oshi_wdg

イタリアンシルクのウェディングドレスです。クラシカル過ぎず、レースタトゥーのスリーブや、草花の刺繍で抜け感があるところがお気に入りです。乳白色で、軽やかなシルクオーガンジーであることも決め手でした。@oshi_wdg

シルク×レースと素材にこだわった先輩花嫁さん。

純白ではなく乳白色をチョイスしたところにも“クラシカル”へのこだわりが。

シルキー×クリーミーがクラシカルなウェディングドレス

tnk_wedding

挙式/披露宴でガラリと雰囲気が変えられるドレスを作りました!挙式はスタイリッシュでシンプルに。披露宴はプリンセスをイメージした袖や胸元にパールライン、腰にはリボンを付け華やかなでクラシカルな雰囲気に。@tnk_wedding

シンプルなプリンセスライン×シルキーなテクスチャ×クリーミーな色合いが格調高さを漂わせています。

大ぶりのリボンを効かせたバックスタイルには華やかさがプラスされてオリジナリティもアップ♩

王道プリンセスライン×デコルテレースがクラシカルなウェディングドレス

wedding_1116_

小さい頃からの憧れで王道のプリンセスドレスが着たくて、その中でも胸元にシースルーと肩ありでクラシカルか雰囲気が気に入りました。@wedding_1116_

往年のヒロインが映画の中で着ていたような王道のプリンセスラインでクラシカルな姫感を。

デコルテ部分の控えめレースもアクセントになっていて、花嫁さんを大人可愛く映えさせています♩

トレーン×ベールの長さがクラシカルなウェディングドレス

sari_0822me

「サテン」「ロングトレーン」「袖付き」「ホテルミラコスタオリジナルのドレス」という、私のこだわりの中から選びました!トレーンの長さが綺麗で、後ろのリボンがとても可愛いです!@sari_0822me

ヨーロッパの王女様が花嫁姿を披露しているかのような、品格を備えたシルエットが印象的。

トレーンやベールの「長さ」が格式の高さを物語つつも、バックリボンで「甘さ」を添えているため無垢な雰囲気も漂っています♩

スレンダーライン×オールレースがクラシカルなウェディングドレス

ayumi.wedding4.14

大人っぽくクラシカルなドレスを探していて、選んだドレスを一度着たらひと目ぼれして、そのドレス以外に目がいかなくなったのでこのドレスに決めました。@ayumi.wedding4.14

スレンダーライン×オールレースの透け感で大人っぽいフェミ感にあふれています。

フロントスタイルはボートネックで露出を抑えたかのように見えますが、バックスタイルは大胆な開きでインパクト強めに♩

マーメイドライン×レース刺繍がクラシカルなウェディングドレス

_s_a_k_i_s2_

どうしてもマーメイドドレスが着たくて様々なドレスショップを探して見つけました。テーマに合わせてアンティークドレスを。レース使いがとても繊細でサイズもぴったりでした。@_s_a_k_i_s2_

スレンダー寄りのマーメイドライン×光沢のある立地な素材×繊細なレース刺繍のドレスからは、ヴィンテージな味わいが放たれています。

クリームトーンの優しい色合いも花嫁さんを大人クラシカルにさせるポイント♩

とろみシルク×レース袖がクラシカルなウェディングドレス

fumi_wed

挙式ドレスは、クラシカルな雰囲気を出したいと思いました。選んだドレスは、上半身の繊細なレースで女性らしさがありつつ、ドレス部分はとろみのあるシルクで、上品さもありつつヘルシーな女性らしさも魅せられるドレスでした!@fumi_wed

まるで、ロイヤルウエディングで着られるようなトラディショナルなスタイルです。

とろみシルク×レース袖が気品に満ちた印象で、低い位置で作ったシニヨンヘアにベールをつけているので甘さ抑えめで凛とした印象アップ!

ハイネック×ロングスリーブがクラシカルなウェディングドレス

whitelily_rose

グレースケリーが好きでウエディングドレスも憧れていたので、襟ありのロングスリーブのドレス一択でインターネットで探しました。実際に見るドレスはさらに素敵で一つ一つ手縫いでつけられたビジュー、上質な総シルクの肌当たりの良さと軽さ、そしてなによりサイズが自分の体形にぴったりと合いこれ以上のドレスには出会えないと思い決めました。@whitelily_rose

ザ・クラシカルな王道スタイルではないでしょうか。

煌めくティアラと高い位置から流れるベールも高貴なお妃様のようで、クラシカルな花嫁姿に拍車をかけています♩

シルクの光沢×ロールカラーがクラシカルなウェディングドレス

moek_wd0301

シンプルなシルクの素材に惹かれました。プリンセスラインが本当にきれいです!シルクの素材が、クラシカルな雰囲気にしてくれました。後ろのリボンが、前からも見えるほどボリュームがあってかわいいです!また、スカートのたぷたぷ感がとっても気に入っています。肩を出したくなかったので、ロールカラーの袖を別につけてもらいました。よりクラシカルな雰囲気を出してくれました!@moek_wd0301

シルクの艶やかな光沢×ワイドめのロールカラー×バックの結びリボンで、リッチかつ乙女チックなスタイルに。

たとえば、『大人可愛くて甘めなクラシカルがいい』という花嫁さんにぴったりなドレスです♩

スクエアネック×ベルスリーブがクラシカルなウェディングドレス

sa.ftw_2019.6

王妃の高貴さを表現したオリジナルドレスなのですが、他の会場では着られない長袖でふんわりした雰囲気があり、リボンやレースが沢山で乙女ごころをくすぐります。袖がふわっとしているので、二の腕も気になりません。@sa.ftw_2019.6

スクエアネック×ベルスリーブが中世ヨーロッパのクラシカルを彷彿とさせ、大人ラブリーな印象。

非日常なロケーションで挙式すれば、気分まで“お妃様”になれそうです♩

レースのケープがクラシカルなウェディングドレス

km_815

クラシカルで、華奢な可愛さがあって、、ケープが本当に可愛いです! なので、ドレスが持ち込みできる式場で探しました! 披露宴からは、ケープをネットで格安で購入したオフショルの物に付け替えました!@km_815

ボレロなどトップスアイテムを付け替えて好みのアレンジをする花嫁さんが増えている中で、ハイネックの袖ありケープをチョイスした先輩花嫁さん。

挙式ではクラシカルに、披露宴ではモダンカジュアルに、ワンアイテムでガラリと印象を変える技ありスタイルです♩

クラシカルなウェディングドレスを着こなそう♡会場に合わせた選び方

oshi_wdg

クラシカルなウェディングもラインやデザインによって印象が違うため、会場での「映え」や会場との「相性」を意識したいものです。

ここでは、会場ごとにドレスを選ぶ際のポイントを紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね♩

それぞれの会場ごとにポイントを見ていきましょう!

ホテルや大聖堂など格式が高く広々とした会場

ホテルや大聖堂などの格式が高く広々とした会場では、ベールやトレーンを長めにしたり、ドレスの光沢を強めにしたりして、存在感のあるスタイルに。

また、大胆なレース模様でインパクトを与えるのもおすすめ。テーマをクラシカルにしながらも、品よく“攻め感”を取り入れてみましょう♩

ゲストハウスなどゲストとの距離が近い会場

ゲストハウスなどゲストとの距離が近い会場では、シルエットや光沢を抑えめにして、動きやすさへの配慮も。

ゲストからの視線が集まりやすいトップスに重点を置き、レース刺繍の美しさシースルー素材の透け感で差のつく「映え」を演出しましょう♩

ガーデンなど自然光あふれるナチュラルな会場

ガーデンなど自然光あふれるナチュラルな会場では、カジュアルめの雰囲気も取り入れつつイノセントなスタイルを。

たとえば、フレンチスリーブ×スレンダーラインなどのシルエットに生花のヘッドドレスをマッチさせるような爽やか系のコーデもおすすめです。

海辺や森林など海外を含めたリゾート地の会場

明るく開放的な海辺や森林などのリゾート会場では、背中の大きく開いたバックスタイルオフショルダーのデコルテ見せスタイルなど、少し露出度を上げてもOK!

映画のワンシーンのような情景をイメージして、「大人ヘルシー」「ギャップ萌え」をポイントにオリジナリティを意識しましょう♩

クラシカルなウェディングドレスで魅力たっぷりな花嫁に♡

wedding0111

クラシカルなウェディングドレスには、花嫁を凛とさせるだけでなく、素材の質感でインパクトを与える魅力があります。

まるで普段着のようなこなれたシルエットのものから、艶やかで高級感たっぷりなテクスチャのものまで、シーンに合わせて選べる幅広いスタイルも人気の理由です。

ぜひ、あなたにぴったりな“クラシカル”をまとい、凛とした佇まいでゲストを迎えてくださいね♡

ウェディングニュース相談カウンター
LINEウェディングニュース相談カウンター
担当アドバイザーが結婚準備をサポート
何も決まっていない方でも大歓迎
無料相談受け付け中♪
クリップするには登録が必要です