卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
TRUNK(HOTEL)
100人以下

渋谷の真ん中にあるとは思えない、緑あふれて、木漏れ日が入るチャペルに一目惚れでした。
バージンロードは長くはなく、ゲストとの距離が近いところもとても良かったです。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
TRUNK(HOTEL)
100人以下
MORI

素敵なフローリストさんが作ってくださった会場の作り込みに、ゲストみんなが驚いてくれました。
MORIはテーブルや壁がナチュラルな木でできており、ライトやカトラリーなど、全てにセンスが溢れています。 海外挙式風の流しテーブルの演出ができるのもおすすめポイントです。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

結婚式の真っ白な感じにはしたくなく、海外のボヘミアンな雰囲気を出したかったので、装花やペーパーアイテムにこだわりました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

MM by Yuko Nogami のドレスを選びました。

挙式ドレスは、クラシカルな雰囲気を出したいと思いました。選ぶときに大切にしたポイントは、 動くときに自然体に見えるか(重すぎないか、生地が硬くないか、背中や胸が開きすぎていて気にしながら動かなくてはいけないようなドレスは×)というところです。

選んだドレスは、上半身の繊細なレースで女性らしさがありつつ、ドレス部分はとろみのあるシルクで、上品さもありつつヘルシーな女性らしさも魅せられるドレスでした! まだ寒い時期だったので、気に入った長袖ドレスに出会えたことも嬉しかったです。

ショップ
MIRROR MIRROR
ドレス 2着目

ハニーサックルを選びました。
披露宴のボヘミアンな雰囲気にあわせて、1着目とは雰囲気を変えたドレスにしました。スレンダーや、マーメイドラインで探し、イタリアンレースで作られたハニーサックルに決定しました。

体のラインがしっかり見えるので、すらっと見えるところが気に入っています。 また、着る人によって可愛らしくもなりますが、ヘアや会場の大人おしゃれな雰囲気に合わせられたかなと思っています。

ブランド
Temperley London
ショップ
MIRROR MIRROR
シューズ

BENIRの7cmヒールです。

ヘアメイクのポイント

フワフワさせたり、くるんと巻くよりも艶のあるシンプルな雰囲気にしたく、ハイライトを活かした下めのシニヨンを作っていただきました。

2着目は、1着目と大きく変えて、変形ローポニーでリラックス感を出しました。 左右で見え感を変えてもらい、写真に写った時も角度で変わるようにしていただきました。

アクセサリー

挙式は、母からもらったパールピアスを、 披露宴では、ripsalisの4連パールイヤリングを着けました。

ネイル

ワンカラーの、アイボリーにしました。

メインで使った花や装花のテイスト

日本の伝統技術で作った染めで作った、テラコッタカラーのテーブルランナーをフローリストの大蔵さんが見つけてくださり、それをテーマカラーにボヘミアンな雰囲気の会場を作っていただきました。

また、私たちの式のテーマが “旅”であったこともあり、大蔵さんが提案くださった “旅人の木“の実という海のような真っ青な、綺麗な実をアクセントカラーにしたのも、大成功でした。

装花のポイント

パンパスグラスや、ドライの大ぶりな葉っぱを使いつつ、春感を出すこと。 (3/1春の始まりの日が挙式だったので)

フローリスト

大蔵さん

お料理のこだわり

トランクのコースは、色別に選べるようになっていました。 その中に山吹、というオレンジ色のコースがあったので、会場のテーマカラーに合わせてすぐ決まりました。

ウェディングケーキ

シンプルな2段のケーキに、会場に使っているのと同じ花材でデコレーションしてもらいました。

引出物

親族には、陶器のペアマグカップとパウンドケーキ、継ぎ足す調味料/友人ゲストには、ボディ&ファブリックリフレッシャーとパウンドケーキ

プチギフト

クッキー(小さめな箱詰め)をお渡ししました。

結婚指輪

新婦の働いているブランドにて、オーダーメイドで作りました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

披露宴の中座で、祖母と祖父の名前を呼んだ時、2人が幸せそうな顔をしていたのが忘れられません。
それを見守るゲストも泣いてくれている友人もいて、みんなが家族を想うひとときになったかなと思います。

二人らしさとは

私たち夫婦は、得意なことも、性格も全く違います。
違うからこそ助け合って、補い合って、新しい発見を楽しんで生きていけるんだと思います。

特別な日を楽しみにするよりも、毎日の中に小さな幸せを見つけられるような心を大切にしていけたら嬉しいです。

嬉しかった参加者の反応

私たちが結婚式を挙げようと思った理由は、 “この日を迎えるまでに支えてくれたみんなに感謝を伝える” ということでした。

式のコンテンツも、全てそれに従って組んでいたので、両親、友人、祖父や祖母みんなの笑顔や涙を見られたこと、 そしてお見送りの時にみんなが「家族の大切さを心から感じた日だったよ」「いままでで1番感動した!」と言ってくれたことがとても嬉しかったです。

私にとって結婚とは

2人が、いままでもらった幸せを周りに返していくこと。 どんなに苦しい時も、2人なら乗り越えられる。パートナーと未来を作っていくこと。

節約のための工夫

ペーパーアイテムを、頼む部分と自作して節約する部分で分けました!
招待状は、リクエストカードとマップは自作です。 あと、当日配布のプロフィールブックや席札も自作しました。

招待状やプロフィールブックは、ゲストに気持ちを伝える最も大切な部分だとも思うので、節約はしながらもこだわって、時間をかけてつくりました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

1番大切にしたい部分や、何のために結婚式をしたいと思っているのか、お互い事前に話し合っておくといいと思います。 途中で必ずお金や、準備の問題に追われたとき、しっかり話し合っていれば大丈夫。

結婚式は、人生で1番幸せな日なので、その準備もぜひ楽しみながらやって欲しいと思います。