知っておけば安心♩婚約届受理証明書の基礎知識ともらい方まとめ

2人の婚姻を証明する「婚約届受理証明書」をご存知でしょうか*
結婚後の様々な手続きを行う際に証明書として使用することができたり、
結婚式のウェルカムスペースに飾る花嫁さんもいますよ♡
婚約届受理証明書って何?という花嫁さん♡ぜひ一度チェックしてみてくださいね♪

2018.9.14 公開 2018.8.21 更新 結婚の手続き・報告
この記事を書いた先輩花嫁
natsuho

2016年9月10日ノートルダム神戸にて結婚式を行いました卒花嫁のなつです♩DIYが好きで、こだわりの手作りアイテムを使用した結婚式を行いました! これから結婚式を迎えるプレ花嫁さんや卒花さんに向けてお役に立つ情報をお伝えできたらと思っています*

婚約受理証明書をご存知ですか*

婚約届受理証明書という言葉を耳にしたことはありますか?*

今回、婚約届受理証明書の役割や証明書を発行してもらう方法など詳しく解説させていただきますね♪

これから婚姻届を提出する方!絶対便利なアイテムですので要チェックですよ!

婚約受理証明書ってなに?

婚約届受理証明書とは「ふたりの婚姻届を受理した」ということを公的に証明してくれる書類のこと。

婚約届受理証明書は、新しい戸籍謄本ができるまでの仮の証明書となるので色々な手続きに使用することが出来ます!

何が書いてあるの?

それぞれの役所によって婚約届受理証明書の様式が違うようですが、記載されている内容はおおよそ下記の通りです*

・役所が婚姻届を受理したこと
・婚約の年月日
・夫の氏名
・妻の氏名
・本籍
・筆頭者

婚姻届受理証明書の役割

役所で婚姻届が受理されれば夫婦としての新しい戸籍ができますが、すぐできるわけではないので注意が必要です*

その間は戸籍謄本を発行することができないので、そんな時に婚約届受理証明書が戸籍謄本の代わりの書類として役に立ちます!

どんな場面で使用するの?

婚姻届受理証明書についてはどんなものなのかわかってきましたが、実際にどのような場面で使用できるのでしょうか?ここでは具体的にご紹介させていただきます♡

住民票の名義を新しい苗字に変更するとき

住民票の名義は、変更手続きを行わないと古い苗字のままになります!

急ぎの手続きで新しい名字の住民票が必要な場合、役に立つのが婚姻届受理証明書!

住民票がおいてある役所へ行って婚姻届受理証明書を提出することで、住民票の名義をその場で旧姓から新姓へ変更することができます*

結婚したことを会社に届けでるとき

妻が夫の扶養になるという場合、会社によっては早めの手続きが必要なケースがあります。

その時に結婚した証明として婚約届受理証明書を使用することができます。

海外ウェディングで必要になるケースもあります

海外ではブレッシングスタイルという結婚式があります*

ブレッシングスタイルは、ふたりが夫婦であることを前提とした上で記念に挙げる式になります。

ふたりは夫婦として認められていますということの証として、婚姻届受理証明書が必要となる場合があります*

海外ウェディングを挙げる方は、事前に式場へ確認しておくと安心ですよ♩

注意!使えない場面

婚姻届受理証明書は、仮の証明書なので手続きによって使える範囲が限られています!

事前に証明書として使えるか必ず確認しておくようにしましょう!

免許証の名義変更

免許証の名義変更には本籍記載が記載されている「住民票」が必要になるので、婚約届受理証明書を使用することは出来ません!

生命保険や損害保険の名義変更

生命保険や損害保険など保険関係の名義変更の手続きには、本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証などのコピー)の提出が必要になります。

婚姻届受理証明書は本人確認書類にならないので、名義変更はできません。

銀行口座の名義変更

銀行口座の名義変更の手続きには、戸籍謄本または名義変更が済んだ免許証が必要になります!

婚約届受理証明書では変更してもらうことができませんので注意してくださいね*


TOP画像出典: www.weddingnews.jp