【花嫁の手紙】完全マニュアル♡*文例10選を全文公開♩

一生に一度の結婚式。自分らしい花嫁の手紙で、感動的で忘れられない瞬間にしましょう♡
花嫁の手紙の基本構成から、先輩花嫁さんの例文までまとめました♪

2018.6.8 公開 2019.1.17 更新

花嫁の手紙ってなに?絶対にやらなきゃダメ?

まずは、花嫁の手紙の知識から!

花嫁の手紙とは、今まで育ててくれた両親や、結婚式に来てくれた親族、友人に向けて、花嫁が感謝の気持ちを伝える手紙のこと。
普段なかなか伝えづらい素直な気持ちを伝えることができます♡

花嫁の手紙をやるメリット

先程もお伝えしましたが、普段伝えづらいことを花嫁の手紙で素直に伝えることができます!

また、今までの思い出を振り返ることができ、家族との絆も深まります♡

そんな、感動的な手紙でゲストも温かい気持ちになりますね♪

絶対やらなきゃダメ?

実は、約6割の花嫁さんが花嫁の手紙を‘読まない‘という結果のようです。理由としては、「恥ずかしい」や「両親にだけ思いを伝えたかった」という花嫁さんが多いそうです。

結婚式恒例の花嫁の手紙と思っていましたが、意外と読まない派の花嫁さんも多いですね!

花嫁の手紙の代わりとなる演出!

ここでは、花嫁の手紙を読まなかった花嫁さんが代わりにした演出を何例かご紹介します♪

プレゼントや花束贈呈

代わりの演出で多かったのが、プレゼント贈呈。花束やプレゼントに、こっそり手紙を添えて気持ちを伝える花嫁さんも多いようです♡

ビデオレター上映

その場で読むのは恥ずかしい花嫁さんで、事前に彼と2人でメッセージを録画して、お色直し中に上映した方も…♡

サプライズ演出

感謝の気持ちを直接両親にだけ伝えたいという花嫁さんは、お料理を自分たちで両親の元へ運び、それぞれ感謝のきもちを伝えるなんて演出も♡お料理のお皿にメッセージを添えるのも素敵な演出ですね♪

花嫁の手紙の書き方

さて、ここからは花嫁の手紙の具体的な書き方をご紹介します♪

何から書けばいいか分からない花嫁さんも、文章がなかなかまとまらない花嫁さんも、基本に沿って組み立てていきましょう♡基本に沿って書ければ、そこから自分らしくアレンジするのも簡単です♪

基本構成


基本に沿って書き方を、チェックしていきましょう♪

①書き出し
②エピソード
③結び

それぞれの要素を具体的にチェックして、全体を組み立てていきましょう♪この3ピースを組み立てるだけで、意外スラスラ書けちゃいます♡

書き出し

まずは、「書き出し」です。文章の導入の部分になるので、簡単に手紙を書こうと思った理由や、この後の文章につながるエピソードを書きましょう♪

また、披露宴の場を借りて、手紙を読むことについて一言ゲストに断りをいれるのも良いですね。

エピソード

手紙で一番大切な部分です!花嫁さんの持つエピソードを、書きましょう。

とはいっても、思い出はたくさんあるのでまとめるのは難しいですよね。時系列に振り返るとまとめやすいです♡また、両親に向けてだけではなく、兄妹に向けてのエピソードを入れるのも素敵です♪

結び

花嫁の手紙のクライマックスです。最後に、伝えたい想いを込めて締めくくりの言葉としましょう♪

また、彼のご両親に向けた挨拶を入れるのも良いですね!

動画で確認してみましょう♡


基本の3つをおさえた花嫁の手紙を実際に見てみましょう*

全文紹介!文例集

ここでは、実際の花嫁さんの手紙を全文ご紹介します!

文例1

お母さんへ 。

今までたくさんの苦労をかけましたが、おかげ様でこの日を迎える事ができました。私がまだ小さいころ、お父さんが脳卒中という重い病気になりましたが、その支えになりながら3人の子供を育て上げたお母さん。子供だった私は苦労も知らずにわがままばかり言って困らせていました。この年になり、その頃のことを思うと胸が痛みましたが、あまりに近い存在のため素直になれず、感謝の言葉を言うのが恥ずかしく、今まで言葉にできていませんでした。今日は改めて、伝えたいと思います。お母さん、そして今は亡きお父さん。今まで育ててくださいまして、ありがとうございました。

若い頃は心配も迷惑もかけ、決して優等生の私ではなかったけれど、いつも味方になってくれました。叱られたこと、ケンカになったこともありましたが、今はありがたみでいっぱいです。そして、私も大好きな両親を見習っていきたいです。

○○さんのお父さん、お母さん。未熟な私ですが、どうかよろしくお願いします。

今まで言葉にできなかった思いを、具体的なエピソードを混ぜることで感謝の気持ちが伝わります♡

文例2

大好きなお父さんお母さん。今日まで私を育ててくれて本当にありがとう。

お母さん。私が高校生の時、どうしても学校に馴染むことができずに登校拒否になった時、最後の最後まで私の味方でいてくれましたね。本当はこんなことは3人姉弟の中で初めてだったのでどうなってしまうのか不安だったことでしょう。それでもお母さんが私の味方をしてくれたおかげで、安心して学校に戻ることができ、とても楽しい学校生活を送ることができました。本当に感謝しています。

おとうさん。中学生の時、毎日一緒に土手を散歩していたのを覚えていますか。土手に座って双眼鏡を眺めては「煙の出ている煙突」などヒントを言ってどこを見ていたのかを当てっこしましたね。お父さんといえば何となくとっつきにくかったのですが、あの二人のゲームからお父さんとグッと距離が近づいた気がします。いつも楽しいお父さんでいてくれてありがとう。

私は今日、●●さんと結婚します。今までお父さんお母さんに幸せにしてもらった分、●●さんと一緒に幸せな家庭を築き、一緒に幸せになっていきます。本当にありがとうございました。

お父様とお母様それぞれに、感謝の気持ちを伝えられるお手紙です。今までの印象的なエピソードで、その時の光景が浮かびますね。

文例3

子どもが3人、育児に家事にきっとイライラすることだってたくさんあったはずなのに、いつもニコニコ笑顔で、大声で怒ったことなんて一度もありませんでしたね。30になっても甘えてばかりの私ですが、少しでもお母さんに近付けるように頑張ります。働き者のお母さん、あまり無理をせず、いつまでも元気でかわいいお母さんでいてくださいね。

お父さん、お母さん、私は2人の子どもに生まれたことを誇りに思います。
そして2人のように、いつまでたっても○○ちゃん、○○ちゃんと、名前で呼び合うような夫婦になれるよう、彼と手を取り合って温かい家庭を築いていきます。
30年間本当にありがとうございました。

最後になりましたが、○○さん(新郎)のお父さん、お母さん。突然、「子どもができました、結婚します」と現れた私を、何も言わず温かく受け入れて、実の娘のようにかわいがってくださり、ありがとうございます。
将来、自分の子どもが私のような嫁を連れてきたら、私はどうするだろうと思うと、ただ感謝の言葉しか浮かびません。

お姉さん、お兄さんご家族も皆さん優しく、温かく、そんな○○家の一員になれたことを幸せに思います。
まだまだ至らない点も多い私ですが、これからも末長くよろしくお願いします。

彼のご両親にも、感謝の気持ちを伝えている手紙です。これから、家族の一員として温かい家庭にした気持ちが率直に伝わります♡

文例4

お父さん

お父さん、いままで育ててくれてありがとう。

忙しい中、時間をおしまず愛情をそそいでくれて感謝しています。
今、私も大人になり離れて暮らす中、心配事もあると思うけど、大丈夫だからね。

昔、仕事で、1年のほとんどは家を空けていました。
私たち兄弟は、父親がどういう人なのか正直よく分かりませんでした。 話をするのも怖くて厳しい人というイメージしかありませんでした。

今、私も大人になり、父親の気持ちを次第に理解してきました。私達の為、家族の為…
今の私があるのはお父さんのお陰です。

これからは、私達の事は心配せず、自分の体に気を使って下さい。そして、いつまでも厳しいお父さんのまま私達を見守っていて下さい。

短い文章でも、愛のつまったお手紙です。長い文章でなくても、しっかり想いが伝わる感動的なお手紙ですね♡

文例5

お父さん、お母さん38年間もこの日を待たせてしまいましたね。ついに今日私はお嫁に行くことができます。人生の最高のパートナー○○さんを見つけることができました。

好きで始めた仕事に夢中になってしまい、気がつけば40歳目前でした。ずっと家にいようと思っていたわけではないのですが「そろそろお嫁に行ったら?」がしばらくして「私たちの面倒みてくれるのね」に変わり、ますます居心地が良くなって長居しちゃいました。

お父さんも「お前の人生なんだから結婚とかそんな事にとらわれずに好きな事をしてればいい」なんて言ってくれてたけど、本当はすごく私の事を心配してくれててたんだと思います。

そんな私が結婚を意識し始めたのは昨年の春、○○さんと知り合ったことがきっかけでした。

出会ってすぐにお互いが直観で結婚を意識しお付き合いが始まり始め自然な形で結婚を決めました。

いわゆるアラフォーの世代な私達ですが、飾らない人柄とありのままの自分でいられる事にとても惹かれました。

まるで○○さんと出会うためにこの時まで待っていたんじゃないかな?って思うほどです。この年になると人を見る目も肥えてきました。私たちはきっと幸せになれる自信があります!

お父さんお母さん本当に長い間私を育ててくれてありがとうございました。これからは二人の時間をゆっくり楽しんでね。旅行にも出かけてね。

○○さんのお父様、お母様。私も社会の荒波にもまれてひと通りの事は経験してきましたが、嫁という経験は初めてです。精一杯努力しますので○○家のこと色々教えて下さい。宜しくお願い致します。

こちらは、アラフォーの方のお手紙。普段言いにくいことも手紙にすると伝えやすいですね♡

文例6

パパ、ママ、今日は本当にありがとう。そして、私はとても幸せです。
今日から、私はパパとママの元を離れ、太郎さんと一緒に暮らします。
おなかの赤ちゃんと3人での生活が始まります。

私は、まだ18歳。パパもママも、とても心配していると思います。
「子供が子供を産むなんて・・・」って思っているよね。
本当のことを言うと、もう少し、パパとママの子供として、甘えたかったな・・・って気持ちが
あります。
でも、私はもうママになります。だから、もっともっと、しっかりと頑張らなくっちゃって、
思ってます。

でも、時々は、またパパやママに甘えちゃうかもしれません。その時は、よろしくお願いします。

若すぎる結婚だけど、パパ、ママ、私と太郎さんの結婚を許してくれて本当にありがとう。

太郎さんと、私と、赤ちゃん、絶対に幸せになりますから、安心してください。

そして、今まで私を大切に育ててくれて本当にありがとうございました。
私はいつも幸せでした。

でも、私は、パパとママの子供に生まれて本当に良かったです。

おなかの赤ちゃんにも、いつか、そう言ってもらえるように、私も素敵なママになります。

マタニティウェディングもいまや珍しくありません♡これから赤ちゃんを含め3人で、ご両親のような家庭を築きたい気持ちがよく伝わりますね♡とっても素敵です♪

文例7

お母さん。
私は、お母さんのお陰で、成人でき、そして今日は、こうやって、素晴らしい日を迎えることができました。

お母さんと、私は、ずっと二人で暮らしてきたから、友達みたいになってしまって、あまり、はっきりと、「ありがとう」の言葉を言ったことがありませんでしたね。

でも、本当はいつも感謝していました。ずっと、感謝していました。

お母さんは、おんな手ひとつで、私をずっと育ててくれました。
きっと、私にはわからない苦労はいっぱいあったんだと思います。

でも、いつも笑っていてくれました。
私には、お父さんがいませんが、お母さんは、私にとって、お母さんであり、
お父さんであり、お姉ちゃんであり、だから寂しいと思ったことはありません。

今日は、私にとって、最高に幸せな日ですが、
本当のことを言うと、お母さんがちょっと心配です。
一人になってしまって大丈夫かな・・・ってどうしても考えてします。

でもこれからは、今まで以上に、たくさん親孝行しますね。
今度は、太郎さんという息子もできたんですから、二人分です。

最後にいつも言えなかった一言、もう一度言わせて下さい。

おかあさん、本当に、ありがとうございました。

男手ひとつで、女手ひとつで育ててくれた親御さんに、想いが伝わるお手紙です♡
親御さんにとっても忘れられない手紙になります。

文例8

おじぃちゃん、おばぁちゃんへ

12年間育ててくれてありがとう。早くに母を病気で亡くし淋しい思いをしてきました。母親がいないとバカにされたり…悔しい思いもたくさんしてきました。

7歳で両親と離れて暮らす私に淋しい思いをさせないようにと必死にいろいろなことをしてくれて、ありがとう。おじぃちゃんは、毎日のように色々なところに連れて行ってくれたね。一緒に車に乗ってお出かけするのが何より楽しかった。

おばぁちゃんは、私に合わせて子供の好きそうなご飯を作ってくれたね。作ったことのないスパゲティやハンバーグ…本当に一生懸命作ってくれて嬉しかった。時には厳しく、たくさん喧嘩もしたけど…いつも影から支えてくれて見守ってくれていたこと知っています。

夏には縁側作ってくれたり、私が美味しいって言ったものは毎日の様に買ってきてくれて家を出て、たまに帰ってきても準備してあったね。

高校入試で合格した時も、私より喜んでくれた、おじぃちゃん。家から遠いと行って、雨の日には迎えにきてくれて雪が降る時には朝、今日送って行ってやるからな~と…あの時は照れていたけど嬉しかった。卒業間近には毎日送り迎えしてくれたね。免許をとった時も1番に喜んでくれた。

そんな私とおじいちゃんをいつも影から支えてみていてくれた、おばぁちゃんにも感謝しています。

成人式の時には母の振袖を着せてくれて…やっぱり1番に喜んでくれたのはおじいちゃんだったね。

親はいなかったけど、親以上に愛してくれた2人には感謝しています。これからも、こんな私ですがよろしくお願いします。嫁いでも私はあなた方の娘です。これからも、たくさんの思い出作って行こうね。

ご両親がいないご家庭で、祖父母に育てられた花嫁さんのお手紙です。心温まるお手紙です。

文例9

お父さん、お母さんへ

今まで育ててくれてありがとうございました。

28年間いろんな事がありました。

お父さん、私が失業して中々次の就職先が見つからなかった時、

「急がなくてもゆっくり探したらいい。」

と言ってくれ、とても安心したことを覚えています。

お母さん、毎朝送る車の中で色々な話をしたね。けんかもいっぱいしたね。

今では良い思い出です。

結婚して離れてしまうけれど、私はお父さんお母さんの子供に生まれてよかったです。

ありがとう。これからも体に気をつけてください。

読むのが苦手だったり、文章をまとめるのが苦手な花嫁さんも、簡潔に短い文章で気持ちを伝えられるお手紙です。伝えたいことが詰まったお手紙ですね♡

文例10

お父さんお母さん今日まで28年間ありがとうございました。
いままで面と向かってお礼なんて言えなかったけど、
今日はこの場をお借りしてお礼を言わせてください。

お父さん。
もの静かで優しいお父さん。
小さい頃は弟の忠くんと私と三人でよく映画を見に行きましたね。
仕事で疲れていたはずなのにいつも遊んでくれてありがとう。

昔はお父さんっ子だったのにいつからか
言葉を交わす機会が少なくなってしまったように思います。
だけど、お父さんはいつも私がすることに
反対せず優しく見守ってくれていたよね。

いままでちゃんと言葉にできずにいたけれど、
私はそんなお父さんのことが大好きだったよ。
今日はバージンロード一緒に歩いてくれてほんとうにありがとう。
とても嬉しかったです。

お母さん
明るくて元気なお母さん。
私が落ち込んでいるとき、悩んでいるとき、
お母さんに気づかれないようにしていても
いつもお母さんにはバレていたよね。

そんなときは毎回「頑張ればきっといいことある」と
励ましてくれていたのを覚えていますか。
お母さんは気づいていないかもしれないけれど、
その言葉があったから今日まで頑張ってこれたのだと思います。

そしてお母さんとは
意見が合わないことも多くて、よくケンカをしました。
だけど最後はいつも私の気持ちを優先してくれてたよね。
そのときは気づかなかったけれど、
厳しさのなかに愛情があったこともいまの私ならわかります。

いままでたくさんわがまま言ってごめんなさい。
そしてほんとうにありがとう。

弟〇〇くん
お父さんとお母さんが働きに出ていたから
〇〇くんとは家族のなかで一番一緒にいる時間が多かったよね。
一緒にゲームして遊んだり勉強したり…たくさんケンカもしましたね。

〇〇くんは家族のなかで一番の理解者でよき相談相手でした。
いつも嫌がらずに私の話を色々聞いてくれてありがとう。

お父さん、お母さん
私は今日と言う日を迎えることができてほんとうに幸せです。
ここまで来るまでにほんとうに色々なことがありました。
だけど、私はお父さんとお母さんの娘として産まれ、
〇〇くんという兄弟をもてたことをとても嬉しく思います。

これからは〇〇さんと
仲良く明るく笑顔の絶えない家庭を
築いていきたいと思っていますので、
どうぞ温かく見守っていてください。

周平さんのお父さん、お母さん
初めてお会いしたときから
温かく迎えてくださってありがとうございます。

まだまだ至らぬところもあるかと思いますが、
お二人のように仲良く頑張っていきたいと思っていますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

ご両親にだけでなく、ご兄弟にも想いを綴ったお手紙です♡家族への愛が伝わる素敵なお手紙です。

書くポイント&注意点

ここでは、いざ書くときに注意することや、大事なポイントをご紹介します♪

ゲストへの断り挨拶

「書き出し」の部分に、ゲストへの断りの文章を一言いれることで、ゲストのことも考えているという気持ちが伝わります。

例えば、「本日は、私達の結婚式にご列席いただき、ありがとうございます。この場をお借りして両親への感謝の言葉を述べることをお許しください。」

と、一言添えるだけでとてもスマートな印象になります。

長さや時間

手紙を書きだすと、今までの思い出が溢れてきてとまらなくなりますよね♪

あまりに長くなると、ゲストも退屈してしまうので3~4分を目処にまとめましょう。

また、400字詰めの原稿用紙であれば2~2枚半程度が目安です。

NGワード

結婚式で避けた方が良いのが、いわゆる「忌み言葉」です。

例えば、

不幸・不吉な言葉(苦しい・悲しい 等)

別れを連想する言葉(終わる・切れる 等)

重ね言葉・繰り返し(重ね重ね・繰り返す 等)

これらの言葉はなるべく控え、差しさわりのない言い回しに変えましょう。

いつまでに書くの?

式直前に慌てて書いてしまう花嫁さんも多いようですが、手紙の下書きは式の1週間前を目処に完成させましょう!

中には、今まのエピソードを思い出しで泣いてしまう花嫁さんも…式直前に目が腫れるのは避けましょう!

当日の成功するポイント&注意点

手紙が完成して、、ホッと一息も束の間。意外と忘れがちなのが、実際に読む時の注意点です!素敵な結婚式になるようチェックしておきましょう♡

読むスピード

本番では、緊張して気づかぬうちに早口になってしまいがちです。自分でも思っている以上に「ゆっくり・丁寧に」を心がけましょう!

ポイントとしては、少しづつ区切りながら聞き取りやすくなるように読んでみましょう。

花嫁に寄り添い、腰を支える

花嫁の手紙だからといって気を抜いてはいけないのが新郎です!大勢の前で、手紙を読むのはとても緊張するので、軽く腰に手を添えて支えてもらいましょう。

また、感動して泣いてしまうこともあるので、新郎がハンカチを準備しておくことも大切です。

忘れがちなので、今のうちに新郎に伝えましょう!

泣きすぎてしまったら・・?

泣いてしまっても大丈夫です!大切なのは、感謝の気持ちを伝えること。一呼吸おいて落ち着き、ゆっくり読みましょう。

もし、泣いてしまった場合が心配な時は、事前に新郎や司会者に代読をお願いしておきましょう♪

万が一、読めなくなってしまっても事前に対策しておけば安心です♡

この記事を書いた先輩花嫁

2017年5月に名古屋でゲストハウスウェディングをしました♪デニムをとりいれたカジュアルウェディングにしました! ステキなウェディング情報を皆さんにたくさん発信していきたいと思います♡

https://www.instagram.com/asa_k_0423/
TOP画像出典: www.weddingnews.jp