結婚式の和装メイクまとめ♡花嫁・ゲスト別にメイクのコツを紹介

結婚式の和装メイクまとめ♡花嫁・ゲスト別にメイクのコツを紹介のカバー写真

結婚式で和装を着用するにあたり、どんなメイクをすればいいのか悩んでしまう方は少なくありません。 そこで今回は、セルフでできる和装メイクのやり方を紹介♡ 花嫁さん・ゲストさん別にメイクのコツを解説していきます♩

花嫁さん向け*正統派和装メイクのやり方

まずは昔ながらの正統派和装メイクのやり方について紹介していきたいと思います*
この和装メイクは、平面的な見た目に仕上げることが一番のポイント。

そのため、基本的にはハイライトやグロスを使わず、全体的にマットな仕上がりになるようなメイクを施していきます。

では各パーツでどんなメイクを行うべきなのか、手順やポイントを確認していきましょう♥

ベースメイク

suu_wedding_

伝統的な和装メイクといえば、水化粧(おしろいを水で溶かしたもの)で肌を白く塗っていくのが一般的。

しかし最近は、白塗りをせずに肌を明るく見せるベースメイクを行う花嫁さんのほうが多いようです。

ベースメイクのポイントとしては、マットな質感で明るい肌に見えるように仕上げること。

以下の手順に沿ってベースメイクを完成させましょう♩

【和装ウェディングに合うマット肌の作り方】

①透明感の出るブルーやパープルのコントロールカラーで、肌の血色を整えます。

②下地を塗ったら、ブラシを使ってリキッドタイプのファンデーションを塗っていきます。厚塗りしすぎないように注意しながら、均等に塗ることを意識してみて。

③スポンジ、または手を使ってファンデーションを肌になじませます。

④目の下のくまなどが気になる場合は、このタイミングでコンシーラーを使って全体の血色を整えます。

⑤ファンデーションが少し乾かしましょう。このちょっとした置き時間が、肌をよりマットに見せるためのポイントとなります♩

⑥ブラシを使ってルースパウダーをふんわり肌にのせます。ただし、乗せすぎはNG!手の甲やフタにお粉を1回出しておくと、厚塗りを避けることができますよ。

アイメイク

nb_wedding

和装には切れ長なアイメイクがよく似合います♡

ですからアイラインを引く時やマスカラを塗る時、つけまつ毛を付ける時は、ぜひ目尻を強調するようなメイクをしてみてください。

ちなみにアイシャドウは和装や帯、小物などの色に合わせると、全体的にまとまりが良くなりますよ。

眉毛

stella5705

眉毛はストレートな形よりも、少しゆるやかなアーチ眉を描きます。

パウダーで全体を描くとメイクが着物に負けてしまうので、基本的にはペンシルなどで濃く・太く・はっきりと眉を描くことが重要です*

ただ、眉全体を太くしてしまうとイマイチな仕上がりになってしまうので、眉尻は少し細目に描くように意識しましょう。

リップメイク

kirimemi421

リップメイクは普段よりも濃いめの色をチョイスすることがポイント*

より伝統的な和装メイクに仕上げたい花嫁さんは、真っ赤な口紅で唇の輪郭をはっきりと描いていきましょう♡

なお、赤い口紅はどうしても実年齢より上に見えてしまうので、老け見えを防止したい花嫁さんは上唇になだらかな山をつくるのがおすすめです。

ツヤ感が出てしまうラメやグロスは封印して、マットな仕上がりになるように口紅のみを塗ってくださいね。

チーク

___6065___

正統派な和装メイクをする場合はチークの色を控えめにします。

目元や口元の色がしっかり映えるように、チークはほんのりブラシで乗せて、薄く広げていきましょう。

花嫁さん向け*イマドキ和装メイクのやり方

伝統的な和装メイクに抵抗がある方や、和装に洋髪を合わせる方はメイクを変えてもOK♥

ただし和装に合わない濃いメイクや、すっぴんと間違えてしまうようなナチュラルメイクをするのはNGです。

ここでは最近のトレンドを加えた、イマドキっぽい和装メイクのやり方について紹介していきます♩

ベースメイク

従来の正統派和装メイクはマット肌がベターでしたが、最近はツヤ肌に仕上げるのがトレンドになりつつあるのだとか*

しっかり作りこんだツヤ肌は、ナチュラルに見える上に色っぽさが増すこと間違いなし!

結婚式のような特別な日は、いつもより気合いを入れて上品なツヤ肌を作っちゃいましょう♡

【和装ウェディングに合うツヤ肌の作り方】

①部分用下地で毛穴の開きをしっかりカバーします。こめかみを持ち上げながら下地を塗ると、より毛穴のカバー効果が上がりますよ♡

②コントロールカラーで肌の色を整えていきます。イエローやピンクを選ぶと、健康的な肌に♡

③コンシーラーを使ってニキビなどの気になる部分をカバーします。

④クッションファンデーションを少量とり、優しくたたき込むように肌に付けていきます。

⑤薄いファンデーションの膜を何度か重ねていきます。

⑥最後にパフの何も付けていない部分で、ファンデーションを肌になじませれば完成です♩

よりツヤのある肌に仕上げたい方は、上の手順に加えてハイライトを仕込むのがおすすめ♭

頬から目尻にかけてハイライトを入れると、ナチュラルなツヤ肌に仕上がりますよ。

アイメイク

ナチュラルメイクを意識したアイメイクは和装とのバランスが悪くなってしまうのでNG。

発色の良いアイシャドウをアイホール全体にのせて、華やかな目元を演出しましょう♩

アイラインは正統派メイク同様、切れ長を意識して描くのがおすすめです。線が強調されるようにしっかり描いていきましょう。

また色打掛を着用する場合は、アイホールにのせたアイシャドウと別のカラーをポイント使いするのもおすすめです♩

赤やオレンジのアイシャドウを下まぶたに少しだけ付けると、アンニュイな雰囲気を出すことができますよ。

眉毛

眉毛は細め~やや太めの幅で描いていくと◎

和装に顔が負けてしまわないようにはっきりと描くことがポイントです*

形は女性らしいアーチ眉を意識して描いていきましょう。

髪色が明るい花嫁さんは眉マスカラを使って眉色を明るくすると、不自然な印象になりません。

リップメイク

リップは口紅とグロスを併用して大人可愛く仕上げましょう♥

全体に口紅を塗った後、真ん中部分にグロスを重ねると、立体感が出て今風なリップメイクになりますよ♩

カラーはアイシャドウに合わせるか、和装の色に合わせて選ぶのがおすすめです。

白無垢の場合は赤リップ、色打掛の場合はコーラルピンクやピンクベージュなど、ややオレンジがかったピンクがよく似合います。

チーク

チークは目元と口元に合わせてまとめるととってもおしゃれな雰囲気に。

ただし、肌色によって合う色。合わない色が分かれますから、チークを濃いめに付ける場合は自分がイエローベースかブルーベースかを診断しておくと良いでしょう。

イエローベースの場合はオレンジやコーラルのチーク、ブルーベースにはピンクやレッドのチークを使うのがおすすめです。

和装メイクに自信がない人はポイントメイクのみを行うのもアリ♩

daisydaisy_wed1750

「自分でお化粧をしたいけど、和装に合うメイクができるか自信がない…」

そんな花嫁さんは、プロのヘアメイクさんにベースメイクだけでも依頼するのがおすすめです。

花嫁さんの場合は本来、結婚式当日にプロのヘアメイクさんからメイクをしてもらうのが一般的。

事前に相談しておけば、ポイントメイクのみセルフで行ってもらうことも可能なんです♡

ベースメイクはプロにお任せしたほうが崩れにくく、仕上がりもキレイです。

また、メイク用品を持ち込んで、あとはメイクさんにお任せしてしまうのもアリ*

その場合は、雑誌の切り抜きやスマホの写真を見せてイメージを伝えておくとスムーズに伝えることが◎

ゲスト向け*和装に合うメイクを紹介

yukipyon0530

〈和装で結婚式に出席する時のメイクマナー〉

  • 花嫁よりも目立ってしまいそうな濃いメイクは避ける
  • モードメイクやゴスロリメイクなどの個性的なメイクもNG
  • 逆にナチュラルすぎるメイクもマナー違反になるので注意
  • 和装姿が華やかになるよう、目元や口元に色味を加える
  • 頻繁にメイクを直す必要がないようにしっかり土台を整える

ここからは結婚式にお呼ばれされたゲストさんにぴったりの和装メイクを紹介していきます。

年代別に和装メイクのコツを解説していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

20代におすすめの和装メイク

肌にハリやツヤが十分ある20代は、無理にベースメイクをマット加工にする必要はありません。

どちらかといえば、少しツヤを残したセミマット肌に仕上げるのがおすすめです*

アイメイクはアイラインとマスカラのみで控えめに。アイシャドウを使う場合は上品なブラウン系を単色で使うと◎

リップは和装の色に合わせたものをしっかり縁取って塗りましょう♩

30代におすすめの和装メイク

30代になると、メイク次第では無理に若作りをして見えたり、逆に年齢よりも老けて見えたりしてしまうことがあるので注意が必要です。

丁度良い大人っぽさを演出するなら、ベースメイクはセミマット肌に、チークやリップは血色が良く見えるコーラルピンクなどを使うのがおすすめ♡

目元はブラウン系よりも、ピンクゴールド・ベージュ・オレンジなどの明るい色を取り入れてみて。

40代におすすめの和装メイク

40代は年齢による乾燥やくすみなどが気になってくる年代です。

和装を着る場合は、ベースメイクを土台からしっかり仕上げていきましょう。

できれば落ち着いて見えるマット加工に仕上げるのがおすすめですが、小ジワなどが気になる場合は多少ツヤ肌っぽくしても問題ありません。

目元やリップはパールが入ったものをほんのり乗せて華やかに♡

ただし、花嫁さんよりも目立つようなギラギラとしたメイクにならないように注意してくださいね。

50代におすすめの和装メイク

50代も40代同様、ベースメイクはしっかりと行うことがポイント。

保湿力のある下地で毛穴の開きをカバーし、コントロールカラーを使って肌の色を整えていきましょう♩

ファンデーションを塗った後は、ハイライトを使ってシワを上手に隠すと、さらに若々しい和装メイクに仕上がります。

目元はシワやくすみなどが目立たないように、ぼんやりとしたアイメイクを意識するのがコツ。

ペンシルのライナーと明るめのアイシャドウで、やわらかな表情になるようなメイクを行っていきましょう。

セルフメイクで和装を華やかに楽しもう♥

__a.y.wed__

和装といえば、白塗りと赤リップといった伝統的なメイクのイメージが強いですが、最近は和装メイクの自由度もどんどん高くなってきています。

ひと昔前は和装に似合わないと言われていたツヤ肌や立体メイクも、今ではむしろ可愛いと言われる時代に♡

せっかく結婚式で和装を着るのですから、髪型や衣装の色に合わせて、ぜひ自分に合ったメイクを楽しんでくださいね♩

クリップするには登録が必要です