婚姻届を出すのに住民票は必要?変更手続きは?

婚姻届を提出したら二人は正式に家族に♡でも、手続きが複雑…住民票っているっけ…?と不安に思いますよね。そこで婚姻届と住民票の関係についてわかりやすくご説明します*

2018.11.18 公開 2018.10.31 更新

婚姻届けを出すまえに♡

婚姻届けを出すとついに正式な家族になりますね♡

でも「必要な書類がいろいろあってめんどくさそう…」「住民票も必要だっけ?」と迷うものです。

足りないものがあると何度も役所に出向くことに…

そんなことにならないように、婚姻届に必要な書類関係をしっかり確認しましょう*

婚姻届を出すのに住民票っているの?住民票の変更手続きは?

婚姻届とセットで考えられる「住民票」。

実は、婚姻届の提出時には住民票は必要ありません!

住民票が関わってくるのは、婚姻届を提出した後。

「住民票の変更手続き」が必要な場合があるんです*

婚姻届を出すのに必要なものリスト

まずは婚姻届の基本からご説明します♩

婚姻届を提出するときに必要なものは次の4つです。

忘れずに準備したいですね*

婚姻届(用紙)

婚姻届の用紙は役所に行き、欲しい旨を伝えればもらえます。

ただ、絶対に役所から貰ったものでなければいけないということはなく、自作の婚姻届やテンプレートをホームページから印刷しても問題ありません◎記念に素敵なデザインにするのもいいですね♡

印鑑

二人の旧姓の印鑑も持ってて行きましょう。

万が一記入ミスがあったときの訂正印に使います。

シャチハタ印はNGですので気を付けましょう*

戸籍謄本(本籍が入っているもの)

戸籍謄本とは戸籍の内容を証明してくれる書類で、役所によっては戸籍抄本でも受理してくれます。

場合によってはこの戸籍謄本(抄本)、不要なこともあるんです!

それは本籍地の役所に婚姻届を提出するとき。

逆に言うと、「自分の本籍地とは別の市区町村」で婚姻届を提出するときは必ず戸籍謄本(抄本)を用意します。

戸籍謄本についての記事はこちら⇩

本人確認できるもの

身分証明書とは運転免許証やパスポートなど「写真がついていて、本人確認できるもの」のことです。婚姻届を提出するときに提示します。

婚姻届と住民票の関係って?

婚姻届の提出自体には住民票がいらないことがわかりました*

なぜ不要なのかというと、戸籍と住民票の内容は一致するように決められているため、婚姻届が受理されると自動で、住民票の名前、本籍地、筆頭者、続柄が変更されるからなんです。

ですが、次の場合は後日、自身での住民票の変更手続きが必要になります*

転居(転出・転入)

「引っ越し」をする場合です。具体的には、

・別の住所にそれぞれ住んでいた二人が、結婚して一緒に新住所に住む場合

・夫(妻)の住んでいる場所に、妻(夫)が引っ越して一緒に住む場合

世帯主の変更

世帯主の変更の場合も、住民票の変更手続きが必要です。具体的には、

・同棲していて住民票は同じ住所になっているが、それぞれが世帯主になっているので一つにしたい場合

・住民票は同じ住所になっているが、世帯主を変更したい場合

になります*パートナーとしっかり話し合い確認しておきましょう♡

準備は完璧♡

いかがでしたか?

婚姻届が受理されれば二人は家族です♡

少し複雑ですが、用意するものや必要な手続きをしっかり理解して準備を完璧にしたいですね**

この記事を書いた先輩花嫁
mili

2018年5月に神前婚と赤坂アプローズスクエア迎賓館にて披露宴を行いました* 自身の経験を踏まえて最新の情報をお伝えできたらと思います♡

https://www.instagram.com/mili__wedding/
TOP画像出典: www.weddingnews.jp