『彼女の実家に挨拶』服装は?喜ばれる手土産は?好印象を残すための方法

『彼女の実家に挨拶』服装は?喜ばれる手土産は?好印象を残すための方法のカバー写真

彼女と結婚や同棲を前にして、男性にとって大きなハードルになるのが彼女の両親への挨拶。この先を考えると、両親への挨拶は絶対失敗したくないシーンです。そこで今回は、彼女の両親へ挨拶するときのハウツーを徹底解説!日程の決め方は?手土産を選ぶポイントは?そして挨拶の文例など好印象を残すためのコツをギュッとまとめてみました*

彼女の両親に挨拶って緊張しますよね…

娘をこれまでずっと大切に育ててきたご両親だからこそ、娘が認めた人との対面はうれしくもあり、そして手を離れてしまうことの淋しさからちょっと複雑な気持ちになってしまうのが親心。

彼もそれをわかっているからこそ、彼女の両親への挨拶は緊張してしまいますよね。

  • どうすれば気に入ってもらえるのか
  • 何をしたら気を悪くさせてしまうのか

色々考えれば考えるほど、緊張やプレッシャーで気を重くしている男性も多いのでは?

彼女の両親への挨拶でいちばん大切なことは

「この人なら娘を託しても大丈夫」

だと心から思えるような安心感を持ってもらうこと。

では具体的に何をすればよいのか……。

キーワードは3つです

  1. 1.挨拶を迎えるまでのぬかりない『事前準備』

    2.好印象を残すための『服装選び』

    3.彼女の両親へ安心感を与える挨拶を含めた『立ち居振る舞い』

詳しく解説していきましょう。

彼女の両親への挨拶を成功させるための『事前準備』

まずは彼女の両親への挨拶を迎えるための抜かりない事前準備です。

挨拶成功に向けた土台作りでもあるので、しっかり整えておきましょう!

彼女の実家へ挨拶に行く日程の決め方

まずは彼女の両親へ挨拶をするべく、実家に伺う日程を決めます。

もちろんここは、ご両親の都合に合わせて日程を決めます。

彼女を通してご両親の都合を確認するようにしましょう。

彼女のご両親情報を徹底リサーチ

彼女の両親へ挨拶にいったときに、話を盛り上げるためにも事前にご両親のことをリサーチしておきましょう。

またご両親が今回の挨拶に対し、心配や不安を持っておられないかもリサーチ。

結婚や同棲を反対されるご両親の中には

  • 経済的自立は出来ているのか
  • 社会的地位は安定しているのか

などの不安が払しょくできず結婚や同棲を反対するご両親も。

仕事や収入面などもし聞かれたときに、ご両親の不安を安心に変えられるような受け答えができるようシミュレーションしておきましょう!

両親へ挨拶には手土産が必須

彼女の実家のご両親へ挨拶に伺うときには、手土産を持参するのがマナー。

手土産の相場は3,000~5,000円。

これ以上安くなるとカジュアルな印象になってしまい、高くなると逆にご両親に気を使わせてしまうからです。

また、彼女の両親への手土産でギモンの声が多いのが

『熨斗は付けるべき?』

です。基本的には挨拶のときの手土産は、熨斗をつけなくてもOK。

もし熨斗を付ける場合には、表書きは『ご挨拶』と書き‘結びきり’の水引が描かれている熨斗を使用します。

結びきりは『一度結ぶと解けることがない』ため’ふたりの縁がほどけないように’と結婚に関わるときには使われることが多いんですよ。

彼女の両親に好印象を与える『服装の選び方』

挨拶のとき、彼女のご両親に好印象を持ってもらうためにはなんといっても第一印象が重要。

そのためには印象をよくする服装選びや、身だしなみも最大限に注意してほしいポイントです。

彼女の両親に挨拶へ行くときには『清潔感』が重要


出典:https://store.tomorrowland.co.jp/

ご両親に挨拶へいくときの服装や身だしなみを考えるときのキーワードは『清潔感』です。

彼女のご両親へ挨拶に行くなら「堅苦しい恰好しなくても大丈夫よ」と言われていない限りは、スーツの一択です。

スーツの色:『ネイビー』『グレー』『黒』のベーシックカラー。
シャツの色:白か薄いブルー

ネクタイの色:スーツの色に合わせたベーシックカラー。柄はチェックやストライプは〇

またスーツに合わせる靴は、きちんと感を大切にするために革靴で。

汚れがついていないかも細かいところまでチェックしておきましょう。

「堅苦しい恰好でなくても大丈夫よ」と言われたときのカジュアルダウンな服装とは


出典:https://i.lumine.jp/

「これまで何度も会っているし」

「堅苦しい恰好でなくても大丈夫」

と言われた場合には、スーツでなくてもOK。

とはいえ、挨拶という大切なシーンですので普段着は避けるようにします。
白シャツにジャケットなど、カジュアルになりすぎないコーディネートを心掛けましょう。

服装に加えて、髪型や髭などの身だしなみも整えることを忘れずに!

繰り返しになりますが、彼女の両親への挨拶では服装や身だしなみは『清潔感』がポイントです。

金髪や茶髪は避け、髭もすっきりさせるようにしまよう。

 

【両親への挨拶当日】~彼女の実家に到着時の立ち居振る舞い~

ここでは挨拶当日をイメージしながら順を追って挨拶文例と合わせて解説していきます。

まずは、家に入る前からの段取りから玄関に通された時を思い浮かべて読んでみてください。

彼女の実家に訪問する時間|ベストな訪問時間とは?

彼女の実家に訪問するときには、約束の訪問時間より5分以上早く行ってしまわないように注意します。

出迎える準備が整っていない可能性があるからです。

ベストな訪問時間は約束時間の5分前~約束時間ジャストのタイミング。

彼女の実家に入ったら|3つの要点をおさえた挨拶

彼女の実家に入ったら、扉を閉めたあとにまずは自己紹介をします。

【挨拶例】~初対面の場合~

はじめまして。
〇〇さんとお付き合いさせていただいております△△と申します。
本日はお忙しい中、お時間を作ってくださってありがとうございます。
よろしくお願い致します。

 

【挨拶例】~面識がある場合~

こんにちは。
今日はお時間を作っていただいてありがとうございます。
よろしくお願い致します。

立ち話になってしまうので話が長くならないように、挨拶に来た目的はここでは話しません。

ここでの挨拶の要点は

  • 自己紹介
  • 時間を作っていただいたことのお礼
  • 「よろしくお願いします」などの軽い挨拶。

この3つに絞って、簡単に済ませます。

彼女の実家にあがったとき|知ってる?正しい靴の脱ぎ方

玄関での挨拶が済み、ご両親から「どうぞ」とお声を掛けられたら靴を脱いで部屋にあがります。

この時注意したいのが、靴の脱ぎ方です。

【正しい靴の脱ぎ方】

1.正面を向いて玄関からあがり、靴を脱ぐ。
2.玄関に上がってから靴を整える

「靴を整えないと」と焦ってしまい、部屋の中に背を向ける状態で玄関から上がり、靴を整えるひともいますがこれはNGです。注意しましょう!

【両親への挨拶当日】~挨拶までの流れと挨拶例文~

緊張の中、彼女の実家にお邪魔し部屋に通されたら次にすることは手土産を渡し、そしていよいよ挨拶です。

部屋に入ったら改めて彼女の両親へ挨拶

玄関先で軽く挨拶は済ませていますが、部屋に入ったら着席の前に改めて自己紹介をします。

【挨拶例】

改めまして△△と申します。
本日はお時間を作っていただいてありがとうございます。
よろしくお願い致します。

「座ってね」

と、声を掛けられたら座るようにしましょう。

すぐに声が掛からないようであれば、挨拶のあとに手土産を渡します。

彼女の両親に手土産を渡す

手土産を渡すタイミングはその場の流れで臨機応変に対応してもOK。

【挨拶例】

〇〇さんから和菓子がお好きだと伺ったので。

 

【挨拶例】

地元で美味しいと評判のお店の和菓子です。
お口に合えば嬉しいです。

と一言添えながら手土産を渡します。

手土産を渡す手順はこちら!

こうして挨拶を添えながら手土産を渡します。

雑談で場を和ませる

手土産を渡したらさっそく本題に入るのではなく、雑談でその場の雰囲気を和ませます。

彼女のご両親との雑談におすすめの話題といえば、事前に彼女にリサーチしておいた

◎仕事

◎趣味や特技

◎好きな食べ物やお酒

◎出身地の話

など。自己紹介もできそうな話題だと、ご両親に自分を知ってもらうキッカケになり、話も盛り上がりやすくなりますよ*

一方、ご両親と話をするときに避けるべき話題といえば

  • 宗教関連
  • 下ネタ
  • 自慢話
  • 政治関連

それ以外にも、彼女のことを卑下したり見下すような会話もNG。彼にとっては笑いを誘うためのネタだったとしても、ご両親には悪い印象にしか映りません。

彼女の両親に好印象を残す挨拶

雑談で雰囲気が和んできたら、本題の挨拶に入ります。

結婚の挨拶や同棲の許可をもらうための挨拶は必ず彼の方からご両親に切り出すようにしましょう。

【挨拶例】

今日は、〇〇さんとの結婚をお許しいただきたくご挨拶に参りました。
〇〇さんのことを一生大切にしていきたいと思っています。
どうか結婚をお許しいただけないでしょうか。

 

【挨拶例】

〇〇さんと△年間お付き合いさせていただく中で、お互い結婚を意識するようになりました。
そして先日プロポーズをし、〇〇さんから結婚の承諾をもらいました。
〇〇さんを一生幸せにしたいと思っています。
〇〇さんとの結婚をお許しいただけないでしょうか。

 

【挨拶例】

〇〇さんとは結婚を前提にお付き合いさせていただいております。
そして1年後の結婚を視野に入れ、ふたりで生活する力を付けるためにも同棲をしたいと考えています。
〇〇さんとの同棲を認めていただけませんでしょうか。

彼女の両親への挨拶は

  • 『彼女のことを一生大切にする』という真剣な気持ち
  • 結婚への強い意志があること
  • ご両親から結婚の承諾を得たいという気持ち

この3つを簡潔に伝えることが大切です。

【両親への挨拶当日】~彼女の実家に滞在中のギモン~

彼女の実家に挨拶に伺ったときの滞在時間の目安は約2時間。
この間にもいろいろなコトが起きる可能性が……。

そのときどう立ち振る舞えば良いものかも解説していきましょう!

「食事をしていくように勧められたんだけど……」

話が弾むと、帰るタイミングを逃し夕食時間に差し掛かることも珍しくありません。

そんなとき、彼女のご両親から「ごはん、食べて行ったら?」と声を掛けられることも。

この場合には、お言葉に甘えて「ではご馳走になります!」と素直に答えてもOK。

気をよくしたご両親からは、お酒を積極的に進められることもあります。

酔っぱらってしまわないほどの飲酒や、お酒が入ってしまったことでご両親に失礼な態度になってしまわないように注意しましょう。

「帰るタイミングってどうすれば……」

前述の通り、彼女の実家へ挨拶に伺ったときには、滞在時間の目安は2時間程度に心得ておきましょう。

‘そろそろ帰るときかな’と感じたら、彼から切り出すようにします。

【挨拶例】

今日は長い間、お時間を頂戴してありがとうございました。
そろそろおいとまさせていただきます。

と、お時間を作っていただいたことのお礼と、帰る意思を伝えます。

さらに結婚を視野に入れた挨拶なら

【挨拶例】

これからふたりで結婚の準備をすすめていきたいとは思っていますが、またお父さんとお母さんにもいろいろご相談することもあると思います。
そのときはご指導よろしくお願い致します。

と、一緒に結婚の準備をしたい旨を伝えましょう。

結婚はふたりの問題だけではなく、両家の新たな絆を結ぶ儀式でもあります。

ふたりの結婚を誰よりも喜んでくださっているのは、ご両親。結婚準備をふたりだけではなく「一緒に」と伝えると、一層喜んでいただけますよ*

「もし彼女の両親に結婚を反対されてしまったら……」

挨拶に来ることを了承している時点で、ほぼ「結婚はOK」と言われているようなもの。

けれど万が一、挨拶に出向いて結婚に反対されてしまったら……。
その場で無理はせず、一旦おいとまして次にどうするべきかをふたりで相談しましょう。

ご両親が結婚に反対する理由といえば

  • 経済的な不安
  • マナーや礼儀が良くなかった
  • 娘を大切にしようという気持ちが伝わってこなかった

などさまざま。

まずは、なぜご両親が結婚や同棲に反対するのかを彼女がご両親に確認。

そして理由が分かれば、ご両親の気持ちを大切にしながら時間を掛けて改善するべく行動に移しましょう。

くれぐれもここは冷静に。感情的にならないよう注意することが大切です。

彼女の両親への挨拶はふたりの絆を深めるキッカケにも

彼女の両親に挨拶となれば「初めまして」でも、既に何度も会ったことがある場合でもやっぱり緊張してしまいますよね。

その緊張を自信に変えるためには、抜かりない事前準備と当日のイメージトレーニングが重要です。

清潔感を与える服装選びや、「彼なら大丈夫ね」と安心してもらえるような挨拶と立ち居振る舞いを心掛けるようにしましょう。

彼女との幸せな未来を築くためにも、必ず通過しなくてはいけないご両親への挨拶。

ご両親を安心させるためには、どんな服装で、どんな会話をすればみんながリラックスできるのか彼女とじっくり相談してみてください。

彼女のご両親への挨拶は、ふたりの絆を深めるキッカケになるかもしれません♡

クリップするには登録が必要です