2018年最新版:結婚式の【和装】に関する全てをご紹介*

ウエディングドレスは世界中の花嫁さんが着ることができますが、結婚式で和装ができるのは日本の花嫁さんだけ♡由緒正しいものから最新のスタイルまで婚礼和装のすべてを紹介!

2018.8.23 公開 2018.8.8 更新
この記事を書いた先輩花嫁
pomme

2018年4月卒花。プランナーを依頼せず、友人や人生でお世話になった方々のお力をお借りして、旅館での披露宴をつくりあげました。30代大人婚花嫁。

憧れの和装花嫁になりたい!


日本人に生まれたからには結婚式では和装がしたい♡そんな花嫁さん必見!!!

この記事では、たくさんある和装の種類から、結婚式で着用されている代表的なものをピックアップしてご紹介します♡あなたならどれを選ぶ!?

どれを着る?結婚式の和装まとめ♡


では早速、結婚式で着用されている和装の種類をご紹介していきます♩どんな種類があるのかというと、代表的なのは次の5種類なんです…♡

白無垢


日本の花嫁!というとやっぱり白無垢が1番最初に思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか?
白無垢は、和装の婚礼衣装の中で最も格式が高い正礼装とされています。

主に挙式で着られる衣装で、白には邪気を避けて、神聖な婚礼の儀式に望むという意味がこめらているんですよ♡

▶実例はこちら

色打掛


色打掛は室町時代以降、武家の女性の礼装とされていました。白無垢も打掛ですが、色のついたものはすべて色打掛に分類されます☆

最初に白無垢を着て、結婚をして夫の色に染まりましたという意味でお色直しに色打掛を着る場合もあるんだそう♩

▶実例はこちら

引き振袖


引き振袖は未婚女性の第一礼装とされていて、こちらも最も格式の高い礼装です。
成人式で着られる振袖とは違い、お引き摺り(裾を引きずったスタイル)になっているところがポイント。こちらもお色直しで着られることが多いです。

全体的に縦長のすっきりとしたシルエットになりますので、大人婚におすすめのスタイル。
ちなみにジブリの映画「風立ちぬ」の結婚式のシーンで着られているのもこちらの引き振袖です♡

▶実例はこちら

新和装


新和装とは洋風の装飾が取り入れられたスタイルのこと。最近ではオーガンジーの素材を使ったものなどが人気です♡
和装なのにウエディングドレスのイメージもミックスできるので、夢かわいいスタイルが好きな花嫁さんにオススメ♩

▶実例はこちら

オリエンタル和装


オリエンタル和装とは、着付け方を変えてドレスのように着る和装スタイルのこと。一見ドレスのようですが、着物にハサミを入れることは一切ないんです!

和婚ではないけど成人式の時に着たお気に入りの振袖がある、またお母さんや祖母から受け継いだとっておきのお着物がある、なんて花嫁さんにピッタリのスタイルです。

▶実例はこちら

新郎(男性)の和装衣装は?


ご紹介したように新婦さんは色々な和装のスタイルがありますが、新郎は↑のような紋付き袴しか着ることができません。

紋付き袴には「背中、胸、両外袖の5ケ所に染め抜き紋があること」「羽織は黒の無地の羽二重」「長着は基本的に羽織と同じ素材を使う」「袴は縞織にする」「小物は全て白」という細かいルールがあります。最近では、ルールにとらわれず黒以外の羽織も増えてきてるんですよ♩

衣裳レンタルする際はこの条件を兼ね備えていることがほとんどですので、ご心配なく◎


TOP画像出典: www.weddingnews.jp