ハワイ挙式♡旅行会社で申し込むメリット・デメリット**

2015.11.18 公開 2018.7.30 更新 費用・段取り
この記事を書いた先輩花嫁
chica♡

WeddingNews副編集長編集担当の他、WN公式インスタグラムを毎日更新中♩6歳児のママ。大好きなハワイで自分らしいこだわりをギュっと詰めてた結婚式をあげました♩自身の経験をもとに、【リアル】なウェディング情報を発信します♪

https://www.instagram.com/la_chica_09/

プレ花嫁さま必読♡ハワイウェディングをするのに絶対欠かせないプロデュース会社との契約。
あなたはどこと契約する??【旅行会社のウェディング】編

 

旅行会社も結婚式のプロデュースをしてるの?

実質プロデュースをするのは、旅行会社の提携先のウェディングプロデュース専門会社

 

旅行会社のウェディングカウンターに行くと沢山の地域・建物での挙式プランやパンフレットがあって、とても参考になりますよね!

 

しかし…
旅行会社のウェディングカウンターはウェディングプロデュース会社ではありません。

ウェディングプロデュース会社についてはこちら→ハワイウェディング♡【ウェディングプロデュース会社(P会社・P社)】について知ろう!

 

あくまで旅行会社は仲介・提携しているだけで、実質プロデュースしているのは国内の大手〜中小企業のウェディングプロデュース会社(以降 P社)になります。

 

 

沢山の式場を扱ってるというより複数のP社と提携しているので、海外ウェディングでの旅行会社の役割は

複数の式場とP社を紹介するよ☆

そこにうちのハネムーンパック《航空券・ホテル》がついてきますよ。

こんな感じです。
不動産屋さんに例えるとわかりやすいかもしれません。

つまり、最初の窓口が違うだけで旅行会社もP社も挙式の内容は基本的に全く同じ

挙式に関する打ち合わせは旅行会社の窓口では無く、別日にP社にて行う事ケースが通常です。

旅行会社の挙式パンレットを見ると、チャペル写真や費用の下に小さく施行するP社名が載ってるのでチェックしてみてくださいね☆

 

それなら最初から国内P社に依頼するのと変わらなくない?

国内P社には無い【旅行会社の顧客向けの挙式パッケージ】がある。

 

それだったら、最初から国内P社に行くのと変わらなくない??と思いますよね。

ある意味間違いでは無いのですが、

実は旅行会社の紹介しているウェディングプランは国内P社の顧客向けでは無く

旅行会社の顧客専用に簡易化された挙式パッケージ

を用意しているケースがあります。

全体的に選べるオプションは少ないですが、その分打ち合わせに割く時間も少なくなりますし、挙式に最低限必要なものは一式揃っているます。

ハワイ旅行(ハネムーン)中に1日挙式がオプションで付くというイメージですね。

 

 

しかも旅行会社で挙式の手配をお願いすると、航空券・ホテル・空港送迎・現地のオプショナルツアー…ハワイに関すること全て1か所で手配・管理してくれるので、

何か変更・キャンセルがあった場合、1つの会社に連絡すればすべて解決できるし、逆に現地で何かあった時にも心強いですよね。

他にも旅行会社経由で挙式したカップルには専用のウェディングラウンジを利用させてくれたり、お祝いディナーが無料で楽しめたり、ウェルカムケーキがハネムーナー向けになるなど嬉しい特典があるみたいです♡

 

チャペル式希望の旅行会社利用のカップルが知っておいた方がいい事。

“チャペル直営の大手P社の顧客”に比べると優先度は下がるかも…

 

しかし、こちらにもデメリットも存在します。

教会式希望の方は別として、チャペル式希望のカップルには一応知っておいて欲しい事があります。

チャペル式希望の場合、数あるP社の中で一番権限が強いのは、そのチャペルを直営している国内大手P社になります。

なので、【チャペル直営の国内大手P社の顧客】は基本的に何事も優先・優遇されます。

しかし、旅行会社を経由することで、人気チャペルでの挙式希望の場合はチャペルの最も良い時間帯の挙式や、繁忙期には挙式させて貰えない可能性が出てきます。

理由として、旅行会社が提携しているP社はチャペルを直営している国内大手P社以外にも、チャペルは運営していないけど複数のチャペルでの挙式プロデュースが可能なセカンド的な立場のP社(つまりチャペル直営の国内大手P社が1番手だとすると、このような会社は2番手になる)が挙式のプロデュースをしているケースがあります。

 

その場合、チャペル所有の国内大手P社からすると
【国内大手P社】→【セカンド的なP社】→【旅行会社】→【新婚カップル】
といった具合に【国内P社の直接な顧客】からかなり遠い存在の顧客になるので、優先度は下がってしまう可能性が出てきます。

しかし、優先といっても大抵は【日中で一番良い時間帯の式・繁忙期の予約・キャンセル待ち】なので、どの会社経由でも基本的には予約順。

色々とこだわりを持たず、シンプルに《挙式》が目的ならば、どのP社にお願いしても大きな差はないでしょう。

もし人気の時間帯や繁忙期にチャペル挙式がしたいカップルは、一度希望のチャペル直営P社に相談してみるのもいいかもしれません☆

チャペル直営P社に関しての記事はこちら→
ハワイウェディング♡チャペル編【直営の会社はどこのP会社??part.1】
ハワイウェディング♡チャペル編【直営の会社はどこのP会社??part.2】


TOP画像出典: www.weddingnews.jp