ウェディングドレスは購入?レンタル?あなたに合うのはどっち!?

花嫁に欠かせないウェディングドレスの準備。購入、レンタル…実際どっちがお得なの!?今回の記事では、花嫁さんの実際の意見を元に、購入、レンタル、それぞれのメリットとデメリットをお伝えしていきます!お得になるかはこだわり次第、あなたウェディングドレス選びにふさわしいのは、一体どっち?

2019.6.4 公開 2019.6.10 更新

ウェディングドレス、買うか借りるか悩みどころ…。


@kazuha1127

結婚式が決まって、早い段階で悩むのがドレス選び!
デザインやカラーに悩むのはもちろんですが、最近では、ドレスを購入するかレンタルするかで悩む花嫁さんも多いようです。

「一生に一度の買い物だし、できればお得に用意したい…!」
「購入の方が高そうだけど、実際のところどう?」

そんなお悩みを抱える花嫁さんのために!
今回はウェディングドレスの購入レンタル、実際どちらがお得なのかを大調査。
先輩花嫁さんの意見を交えながら、それぞれのメリットとデメリットをお伝えしていきます♪

先輩花嫁さんはどうしてる?ドレスの購入・レンタル実態


@chiiika_15

まず気になるのは、他の人がどちらを選んだのか…!
今回は「ゼクシィ結婚トレンド調査2018」から、先輩花嫁さんのドレスの手配方法をチェック。
実際、ドレスの購入とレンタル、どちらが多いのかを見ていきました。

調査によると、ウェディングドレスの手配方法は既製品をレンタルした人が83%!
突出して高い結果となっています。

一方、購入された方は既製品、オーダーメイド、リサイクル品合わせて12%と少数派。
基本的にはレンタルされる方が多いようですね!

購入、レンタル…相場はどれくらい?


@*miyu*

そもそもウェディングドレスのレンタル文化が生まれたのは、あまり安い買い物ではない、着る回数も少ないから、と言われています。
では実際のドレスの相場は、どのくらいなのでしょう。

同じく「ゼクシィ結婚トレンド調査2018」によると、ドレスの平均相場は

・レンタル(首都圏):27.6万円
・購入(首都圏):25.7万円

と、意外にも購入の方が安い結果に!
なぜこの差が出るのか、ここからは更にその相場を細かく確認していきましょう。

レンタルの場合

【既製品】

まずは多数派のレンタルから。
既製品ドレスをレンタルした人の費用は、20-30万が一番多く35.4%でした!
これはこの後の表に出てきますが、既製品を購入された方と分布が近く、あまり違いがないようにみえます。。

【オーダーメイド】

レンタルで差が出たのは、オーダーメイドドレスの費用。
なんと、20-30万と40万以上の方が同着で30.0%と一番多い結果に!
やはり、自分に合わせて作るオーダーメイドは、それなりの金額がをかけている方が多いようです。

購入の場合

【既製品】

次はドレスを購入した方の数値。
既製品を購入した方は、20-30万が一番多く29.6%という結果になりました。

驚くべきは、40万円以下の金額を選んだ方が、全体の85%を占めていること。
みなさん意外とお得に購入されていることを考えると、購入ドレスは思ったよりも高くないと言えそうです。

【オーダーメイド】

ちなみにオーダーメイドドレスを購入した人は、40万以上の人が一番多く30.0%と言う結果に。
既製品よりは高い平均となりましたが、それでもよりやすい価格帯で買っている方も多く居るようでした。


ドレスの細かい相場がわかってきたら、後はどちらを選ぶか決めるのみ。
とはいえ、選んだ方法をお得と感じられるかは、自分が何をこだわるのかにかかってきます。
そこでここからは、より花嫁さんが選びやすくなるよう、購入とレンタルのメリット・デメリットを大公開していきます!

ドレスを購入する、メリットとデメリット


@tomoyo_wedding

メリット


@tomatochan_7

ドレスを購入するメリットとしては

・好きなデザインなど、選べる幅が広い
・体に合ったジャストのサイズが着れる
・海外や屋外、どこへ持っていくのも制限がない
・新品を着ることが出来る
・何度でも着れる

が挙げられます。
やはり自分が一番気に入ったドレスを着れるのは最大のメリット!
また美しく見える、ジャストフィットなドレスが着れることも、結婚式の思い出をしっかり残したい花嫁さんにとっては大事なところです。

また、前撮りや後撮りを検討しているなら、その際に別のドレスをレンタルすることも。
そのため、結果として購入した方が安くなるなんてこともあります。
さらに、レンタルドレスによっては海外への持ち出しや屋外の着用が禁止となっているものもあるので、海外挙式、ガーデンウェディングをしたい方は、購入した方が制限がなくなりますよ!

デメリット


@m_wedding_0930

購入のデメリットは

・保管が大変
・メンテナンスをしなければならない
・結婚式後どうするか悩む
・早くからオーダーしなければならない
・持込料が掛かるところがある
・汚れや破損は自分でクリーニング会社などを探して処理しなければならない

と言うところ。
手元での管理が大変、と感じる人が多いようです。

ただ、使用後にお譲りや委託販売をすることもできますし、最近はドレスのクリーニングや補修をしてくれるお店も沢山あります。
オーダーの時期や、結婚式会場のドレス持ち込みの可否だけ注意するようにすると良いでしょう♪

ドレスをレンタルする、メリットとデメリット


@mnm

メリット


@a__wd0930

ドレスレンタルのメリットは以下の通り!

・提携先なら持込料がかからない
・メンテナンス、搬入など全部やってくれることが多い
・保管に困らない
・ドレスを決めた後でも違うドレスに変更できることもある
・結婚式が直前でもレンタルできることがある
・汚れたりしても保証が効くことがある

やはり一番は手間のかからなさ!
レンタルの場合は、ショップが直接式場とスケジュールを調整してくれるところが多く、保証などがある場合は、当日に汚れたりしてもクリーニングのお金が沢山掛かってしまうこともありません!

また、直前になってもドレスさえ空いていればレンタルや変更が出来るのも嬉しいところです♪

デメリット


@s.e.0805.wedding

逆にレンタルするデメリットとしては

・提携外だと持込料が掛かるところがある
・二次会や屋外、海外などに使用できないことがある
・サイズが合わないことがある
・好きなデザインがないことがある
・先に他の人に借りられてしまっていると借りられない
・人気のドレスだと少し痛んでいることがある

が挙げられます。

結婚式費用を左右する持ち込み料に関しては、購入の場合と同じ。
ただドレスによっては、二次会等への持ち出しができないものもあるので早めに確認しておきましょう。

また、人気のドレス等は早めに借りられてしまうこともあるので、サイズや色、デザインが選べないこともあります。
試着が出来る時になったら早めにドレスを選びに行くと選べる幅が広がりますよ♪

ドレスの購入には、どんな方法がある?


@atan041228

ではもし購入したくなった場合、どのような方法で手に入れれば良いのでしょう?
購入方法には、ドレスによっていくつか種類があるので、簡単にご紹介していきます*

既製品のドレス


@mi_1013wedding

多くの人が利用するのが、既製品ドレスの購入。
購入のみのドレスブランドもあるほどなので、自分のお気に入りをくまなくチェックしておきましょう。

試着や購入などは、そのブランドのショップで出来ることもあれば、ドレスレンタルのショップで出来ることもあります。
サイズが気になる方は、お直しに出してぴったりのサイズにしておきましょう♩

フルオーダードレス


@tm.wedding

花嫁憧れのオーダーメイドドレスは、フルオーダーとセミオーダーに分けられます。
フルオーダードレスは、一からドレスをしっかりデザインするもの。
オートクチュールのサロンなどでお願いすることが可能。
自分の思い描いているドレスに出会えないと言う方にはおすすめです!

セミオーダードレス


@tuu.tomo_wd_0526

セミオーダードレスは、大体のドレスのデザインが決まっている中で、細かいところの変更などをするものです。
このドレスのここがもっとこうなっていれば…と言うときありますよね!
そんな願いを叶えてくれるのがセミオーダー。
こちらもフルオーダーやセミオーダー専門のサロンでオーダーすることができます♪

中古販売


@asaeeeeee0715

今までは専門のショップで購入する方法でしたが、実はレンタルドレスや個人のドレスを、中古で購入する方法もあります。

中古の場合、会場や個人の方から直接買うのではなく、他のショップさんが委託販売するような形が多数。
実際にドレスを見て試着することが出来るので、ものによっては安い値段でいい状態のドレスを買うことができます♪

ドレスもお得に決めたい花嫁さん、新品でなくても気にしない花嫁さんにはこちらがおすすめ♡

買ったあと、ドレスはどうすればいい?


@Rie

デメリットにもあるように、購入した方が困るのが購入後のドレスの保管について。
まずは使うまで家で保管という方が多いようですが、汚してしまわないか心配という声もあります。

実は最近、購入後も使う時までドレスをしっかりと保管管理してくれるショップさん増えているのだとか!
保管管理が気になる花嫁さんは、こちらを利用するのがおすすめです。

結婚式後の使い方については、人によって様々。
ウェディングドレスをワンピースなどにリメイクする方、お譲りに出す方、元々安く買ったからと破棄される方、そのまま家で保管される方などの意見があります。

お母さんが着たドレスをリメイクして娘さんが着ると言うこともありますので、場所があれば保管しておくのもいいかもしれませんね♪

自分の利用スタイルに合ったドレス選びを!

@mooochuu1131429

ウェディングドレス選びで避けられない、購入かレンタルかの悩み。
それぞれのメリットとデメリットから、あなたに合った方法は見つかりましたか?
改めてポイントを整理すると、こんな感じ♡

<購入がおすすめの花嫁さん>
・前撮りや二次会等、何度も着る場合や海外に持っていきたい方

・サイズや好みのデザインを身に付けたい方
<レンタルがおすすめの花嫁さん>
・挙式、披露宴だけでしかドレスを着ない方

・繊細なデザイン、高級なドレスを選びたい方
・衣装の保管に困ってしまう方

ぜひみなさんも、自分の利用の仕方などに合ったドレス選びをしてみてくださいね♡

この記事を書いた先輩花嫁
bride

自分の結婚式での経験をもとに、沢山の花嫁さん達の参考になるような記事が書ければと思います♪

TOP画像出典: www.weddingnews.jp