これで完璧♡アレルギーがある場合の結婚式招待状返信ハガキの書き方

食物アレルギーがあるゲスト必読!大切な人の結婚式招待状の返信ハガキに記載すべき内容を、「アレルギーがある場合」「アレルギーがない場合」さらには「自分(家族)だけがアレルギーを持っている場合」、「アレルギー有無の確認欄が無い場合」等に分類してご紹介していきます♩

2018.12.19 公開 2018.12.12 更新
この記事を書いた先輩花嫁
TeraKo

東京赤坂の山王日枝神社で神前式* ホテルニューオータニで本当に大切な人たちだけで少人数披露宴をした2018.4の卒花です*インスタやってます♪

https://www.instagram.com/_wd_yumi04/

迷惑をかけないためにも*アレルギーがある場合は必ず記入を♩

結婚式の招待状を受け取り、返信ハガキを記入する時にアレルギー有無の記入欄がある場合が多いですよね?

食物アレルギーは人によっては命に関わることもあるので、結婚式の招待状には、参加の可否のほか、アレルギーの有無の確認欄も必ずと言っていいほど記載されているんです。

「アレルギーがあるけど、なんか気を遣わせちゃって悪いな…」と思うかもしれませんが、
新郎新婦のお二人の「ゲストの方に思いっきり食事を楽しんでもらいたい!」という想いだったり、もしくはアレルギーの有無の確認が披露宴会場の決まり事だったりするので、食物アレルギーが有る場合は必ず記入しましょう♩

この記事では、アレルギーがある場合とない場合の記入の仕方をご紹介いたします♡

アレルギーのある場合の書き方・文例

食材によっては、少し口に含んだだけでアナフィラキシー反応により重大なショック症状が出てしまう場合があります。その日の体調次第でアレルギー反応が異なる場合があるので、普段の症状が軽くても、披露宴ではもしかしたら重症になってしまう可能性があります。

そのため、アレルギー症状がどんなに軽くても、必ず「アレルギー有り」で記載しましょう!

ここでは、アレルギーが「自分だけ」の場合と「家族だけ」の場合に分けて紹介します♪

自分だけがアレルギーがある場合

【文例】
・「大変申し訳ありませんが、〇〇のアレルギーが有りますのでご考慮いただけると助かります。よろしくお願いします。」

・「ご面倒をおかけして恐縮ですが〇〇のアレルギーが有りますので、ご配慮いただけると幸いです。宜しくお願い致します。」

と、このように大人としての礼儀を踏まえつつ、丁寧に記入しましょう。

「卵」「牛乳」のように、単語だけよりも、印象がグッと良くなります♪

夫婦・家族で誰かがアレルギーがある場合

【文例】
・「□□(名前)が〇〇のアレルギーが有ります。」

・「子供の□□(名前)に〇〇のアレルギーがあります。ご面倒かと存じますが、よろしくお願い致します。」

新郎新婦さんやウェディングプランナーさんに一目でわかっていただけるように、必ず誰が何アレルギーかをきちんと記入しましょう。

名前を書き忘れてしまった場合は、速やかに新郎新婦側に直接口頭で連絡しましょう。口頭で伝えたうえで、念のためメールやLINE等、文章として残るもので連絡をしておくと親切です。
なぜなら、新郎新婦の二人は、結婚式の招待状の発送から本番まで準備することが山ほどあるので、口頭連絡だけでは忘れてしまったりミスをしてしまう可能性があるからです。

「お呼ばれされてる側なのに、そこまで気を遣わなきゃいけない?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、大切な家族を守るためにも、できるだけリスク回避をしましょう。

 嫌いな食べ物は書いても良いの?

せっかくの晴れの席に、嫌いな食べ物が目の前に出てくると少し気持ちが落ち込みますよね。

ですが、アレルギーの有無確認欄には、食べ物の好き嫌いは書かないようにしましょう。

理由は

・一人ひとりの好き嫌いに対応すると、料理のメニューがバラバラになり会場が対応しきれない

・「好き嫌いでメニューを変えてほしい」=「わがまま」と捉えられる

・他のゲストが嫌いな食べ物を我慢して食べているかもしれない(不公平)

などが挙げられます。

アレルギー欄は、あくまでも人体に影響(蕁麻疹、呼吸困難など)を及ぼす食材を記入し、当日嫌いな食材が出てきたら一口だけ口をつけて残すなど、大人の対応をしましょう。

アルコールが飲めない場合はどうすればいいの?

アルコールは、アレルギーだけでなく、妊娠中・授乳中、運転をする、酔いやすい等、お酒を飲まないという方もいます。

その場合も返信ハガキに飲めない旨を一言添えておきましょう。

【文例】
・アレルギーはありませんが、現在授乳中につき、アルコール、カフェインは控えております。
ご配慮いただけると幸いです。

・当日、車の運転をするのでアルコールは控えさせていただきます。ご配慮いただけると幸いです。

アレルギー記載欄のない招待状

では、アレルギー欄が無い場合をご紹介します。

アレルギーがあるのに、その原料が含まれた食べ物を食べて万が一ショック症状を起こしたら大変なことになります。

食物アレルギーが有り、アレルギー有無の記載欄が無い場合は、「空きスペースに記入する」または「手紙を添える」という方法があります。

新郎新婦と親しい間柄の場合、空きスペースに食物アレルギーがある旨を記入し、さらに新郎新婦側には事前にメールや電話などで「アレルギーを持っていまして・・・お料理に入っているか教えていただけますでしょうか。もし入っていた場合は変更させていただくことは可能でしょうか?ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。」と直接伝えましょう。

気軽に話せる間柄ではない相手の場合、手紙でお知らせするという方法もあります。
ここでは文例を紹介いたします。

【文例】

拝啓 〇〇の候 ますますご健勝のこととお慶い申し上げます。

〇〇さん、△△さん、この度はご結婚おめでとうございます。

また、晴れの席へのご招待もいただきまして大変嬉しく思います。ぜひ出席させていただきたく存じます。

それに伴い、私事で大変申し訳ございませんが、〇〇のアレルギーを持っておりますので食することができません。

この度の披露宴会場では、アレルギー食材に対して何らかの対応をしていただけるのか否かをお伺いしたく、このようなお手紙を差し上げた次第です。

もし対応が難しい場合は、大変申し訳ございませんが、失礼を承知で欠席とさせていただきますことをお許しください。

結婚式の準備等でご多用のところ、このようなお手紙を差し上げ恐縮ではございますが、お手すきの際にご返信いただけますと幸いでございます。

末筆ではございますが、お二人のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 敬具

日付:〇〇年〇月〇日
氏名:山田 花子
連絡先:123-4567-7890

最近はパソコンやメールでのやりとりが主流ですが、直筆で手紙を書いた方が好感を持たれやすいので、できれば直筆で書きましょう。

アレルギーのない場合の書き方

アレルギーが無い場合、特にマナーや決まり事はありません^^

・空白

・「特に無いです。」「特にありません。」

・「特にありません。お気遣いありがとうございます。」

など、書いても書かなくてもOK!

空白でももちろんOK!ですが、「特に無し」「ありません」など、一言だけだと冷たい印象を持たれかねません。晴れの席に招待していただいているので、丁寧かつ素敵な返信にすると好印象ですよ♪
メッセージは先に紹介したとおり「特にありません。お気遣いありがとうございます」等記載しておくと良いですね☆

また、空欄のままだともしかしたら新郎新婦が「アレルギーの欄、気づかなかったのかな?」「見落としたのかな?」と心配してしまうかもしれません。

「アレルギー有無の記載欄も確認したよ!」という意味でも、一言添えておくと心配性の新郎新婦さんも安心します♪

幸せいっぱいの披露宴!食事も思いっきり楽しもう♪

せっかくの披露宴。食事も楽しみのうちの一つですよね♩

心置きなく楽しむために、アレルギーの有無はきちんと新郎新婦にお知らせしておきましょう♡
その際には、ちょっとした心遣いの一言を添えるだけで、とっても素敵な返信になりますよ☆


TOP画像出典: www.weddingnews.jp