結婚式の二次会のご祝儀っているの?お呼ばれゲストのマナーまとめ

結婚式のアフターパーティーとして、また結婚式に呼べなかった友人を沢山招いて二次会を開く新郎新婦さんも多いですよね♡「二次会に参加する時はご祝儀っているの?」「会費ってどうやって払うの?」など…ゲスト側になった時に意外と迷う、結婚式二次会に招待されたときのご祝儀や会費のマナーについて、確認しておきましょう**

2018.8.14 公開 2018.8.3 更新
この記事を書いた先輩花嫁

2017年秋婚の卒花嫁です♡ハワイ家族挙式→帰国後は大好きな旅、“journey”をテーマに人前式と披露宴をしました♪自分の結婚式準備の経験も生かしながら、少しでもプレ花嫁さんたちの結婚式準備のお役にたてる情報を発信できたらと思います**☆

二次会の会費マナーって知ってる?

結婚式や披露宴ではご祝儀を包むのが一般的ですが、二次会の場合はご祝儀制ではなくほとんどが「会費制」となります。この二次会の会費にも様々なマナーがあるのをご存知ですか?

会費の払い方やご祝儀について、見て行きましょう*

結婚式の二次会はご祝儀っているの?

二次会は会費を払って出席するので、披露宴から出席の場合はもちろん、二次会のみの参加の場合も基本はご祝儀は不要です。

二次会からの出席の場合は特に「ご祝儀分も含めて会費より多めに包んだ方がいいの?」と悩む方も多いのではないでしょうか。

二次会に出席すること自体にお祝いの気持ちを含んでいるので、別途ご祝儀を包む必要はありません*祝福の気持ちをもって参加するだけで充分です♡
新郎新婦は当日は何かとバタバタと忙しくしていますので、お祝いの気持ちでご祝儀を包
んだ場合も、かえって気を使わせてしまうことにもなります。

ご祝儀の代わりに払う二次会の会費とは?

披露宴のご祝儀とは違い、決められた金額を払うシステムです。会費にはレストランなどの会場代、飲食代、ゲームの景品代などをすべて含んだ金額が設定されています。

二次会は会費制にして、ゲストに負担をかけずできるだけ多くの人に出席してもらいたい!という新郎新婦の配慮で計画されています。


TOP画像出典: www.weddingnews.jp