準備始めてる?招待状の準備方法とおすすめショップ&テンプレートまとめ♪

結婚式で数あるペーパーアイテムの中でも、最も早く取りかかるのが招待状*招待状にはゲストの方への必要な情報が詰まっています!見た目や中身もしっかりこだわりたいですよね♩今回先輩花嫁さんのとっても素敵な招待状からテンプレートサイトまでしっかりお伝えさせていただきます♡

2018.4.11 公開 2018.9.26 更新
この記事を書いた先輩花嫁
natsuho

2016年9月10日ノートルダム神戸にて結婚式を行いました卒花嫁のなつです♩DIYが好きで、こだわりの手作りアイテムを使用した結婚式を行いました! これから結婚式を迎えるプレ花嫁さんや卒花さんに向けてお役に立つ情報をお伝えできたらと思っています*

大切なゲストをご招待する大事な準備のひとつ*

ひとくちに招待状といっても、自分で手作りする人から、会場で手配する人と方法はさまざま*自分にはどれがあってるかわからない!!という方のために、準備の4つ方法とメリット、デメリットも合わせてご紹介します♡自分にピッタリの方法をみつけてくださいね♪

招待状を準備する方法は4つ♡

①会場で発注する

式場の打ち合わせ時にデザインや文章を決め、印刷までお任せする方法*

【メリット】

*時間と手間がかからない

*プロの仕上がりが期待できる

*作成スケジュールを会場にお任せできる

*誤字脱字の心配をしなくて済む

【デメリット】

*外部業者に依頼したり、手作りするよりも割高になる可能性が高い

②好きな招待状を購入して持ち込む(完成型)

外部業者に依頼する方法*好きな招待状を見つけたら、印刷まで外部業者に全てお任せ!

【メリット】

*会場ではなく外部業者に頼んだ場合、会場で頼むよりも安く済む場合が多い

*沢山の業者の中から選ぶことができるので、デザインが豊富

*印刷不要なのでプリンターがなくても安心

【デメリット】

*会場に依頼する場合と比べると、予算に合わせて依頼する業者を探してデザインを決めるという手間が少し増える

*外部業者によって、折り込み作業を行わないといけない場合がある

*持ち込み料がかかる可能性がある

③好きな招待状を購入して持ち込む(自宅印刷)

外部業者に依頼する方法*完成型とは違い自宅印刷して招待状を完成させる方法!

【メリット】

*会場にお任せ、完成型よりも安く済む場合が多い

*沢山の業者の中から選ぶことができるので、デザインが豊富

【デメリット】

*会場に依頼する場合と比べると、予算に合わせて依頼する業者を探してデザインを決めるという手間が少し増える

*印刷ミスをして招待状を無駄にしてしまう可能性がある

*印刷や招待状の折り曲げ作業に、時間がかかる

*持ち込み料がかかる可能性がある

④1からデザインして自作する

自分たちでデザインや印刷用紙を考え、1から全て手作りする方法!

【メリット】

*自分たちのテーマや好みに合ったオリジナルデザインの招待状が完成する

*材料費のみで済む場合が多いので、節約につながる

*達成感と愛着がでて、思い出にもなる

【デメリット】

*デザインを考えたり、紙選びをしたり手間と時間がかかる

*印刷ミスや、誤字脱字が出る可能性がある

*プロに任せるよりも見た目が劣ってしまう可能性がある

*持ち込み料がかかる可能性がある


TOP画像出典: www.weddingnews.jp