卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
3
アーフェリーク迎賓館 小倉
100人以下

真っ白でキラキラなチャペルで幻想的な空間に一瞬で心を奪われました!
当日は天気が良く、太陽の光が反射してすごくキラキラで綺麗でした。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
4
アーフェリーク迎賓館 小倉
100人以下

披露宴会場には階段があり再入場の際にステキな写真が撮れました!
外にあるプール付きのガーデンも見えて雰囲気も最高です。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

ゲストハウスの会場にしたので、受付やトイレなど会場外のお花や装飾など全体的にこだわりました。
ドーナツウォールは、どうしてもやりたくて、最後までどう作るか悩みに悩んで作ったのでこだわりの1つです。
また、娘用のミニ高砂や再入場の際の電動カーなどもこだわりのひとつです。 ペーパーアイテムも特別オーダーして可愛くてお気に入りです。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

キヨコハタさんのウエディングドレス

本当はハツコエンドウのエレナが着たかったのですが、カクテルドレスをハツコエンドウのソフィアにしたので、お値段の都合で断念しました。
その代わりに、ドレスコーディネーターさんが似たようなものを探してくれて、ハツコエンドウさんのボレロだけ貸し出しして頂きました。

ブランド
KIYOKO HATA
ドレス 2着目

キヨコハタさんのドレスにハツコエンドウさんのボレロ

会場の雰囲気がガーリーなので、披露宴のドレスは大人っぽくしました。
アネモネの頭とブーケにボレロを着て挙式とはガラッとイメージが変わって 大人っぽくてすっごくお気に入りです。

ブランド
KIYOKO HATA
ドレス 3着目

ハツコエンドウさんのソフィア

見た瞬間心を奪われたハツコエンドウのソフィアです!
すっごくふわふわでトレーンも長くインパクトもあり、理想のドレスに出会えました。
ピンクとブルーグレーですごく悩みましたが、子供の頃からの夢だったピンクのドレスにしました。
絶妙な色でピンクなのに大人っぽくてかわいくて運命のドレスでした!

ブランド
Hatsuko endo
シューズ

トリートドレッシングのレースアップシューズです。
お支度ショットで撮りたかったので持ち込みました。

ヘアメイクのポイント

挙式では、王道スタイルにしたかったのでヘアはすっきりとしたアップスタイル。
メイク、リップも薄めにしました。
披露宴前半では、ボレロとアネモネだったので、メイクはブラウン系の少し濃いめ、リップも赤系の色味にして大人っぽくしました。
披露宴後半はドレスが濃いピンクなので、 チークを濃くし、アイシャドーはブーケに合わせたグリーン、リップも濃いピンクでドレスの色に負けないようにしました。
ヘアは昔からカラードレスはポニーテールと決めていました。
この日のために髪を伸ばしたのでボリュームが凄くてお気に入りです。

アクセサリー

挙式では上品なパールのティアラ、披露宴前半ではアネモネのヘアに負けないよう大ぶりのクリスタルピアスにしました。
カクテルドレスも小さめサイズのクリスタルのピアスをつけました。

ヘッドアクセサリー

挙式では、パールのティアラ、披露宴前半では、アネモネの生花、披露宴後半では、手作りのリボンにしました。
リボンはオーガンジーとシフォンの2種類の生地で作りした。

ネイル

ウェディングドレスにもカクテルドレスにも合うように淡いピンクをベースにゴールドのラインを入れました。
中指と薬指には大ぶりなビジューを使いました。
まるで宝石が付いているみたい!とゲストの方にも言ってもらえてお気に入りです。

メインで使った花や装花のテイスト

娘のソファのイメージと会場の雰囲気に合わせてピンク系のお花をお願いしました。
チューリップとスイートピーが好きで、ちょうど時期なので入れて頂きました。
甘くなりすぎないようアンティークなランタンやトランクケースなど置いて頂きました。

装花のポイント

メインのバックにはアンティークピンクの大きなアーチにゴールドのイニシャルでオリジナル感を出しました。

お料理のこだわり

自分自身が今まで参加した結婚式で、料理がいまいちだと印象が良くないと感じたので、 事前に試食してシェフと相談しながら多くのメニューから1品1品選びました。
デザートは、デザートブッフェにしました。
式後にあったゲストから、デザートブッフェがとてもよかったと言ってもらえているのでやってよかったなと思います。

ウェディングケーキ

ケーキは数通りしかなく、そこから選ぶ形だったので、自分のイメージとは少し違いました。
シンプルな苺の三段ケーキの周りにお花を飾っていました。

引出物

親戚、会社、男性ゲストにはカタログを、女性ゲストにはティファニーのマグカップにしました。
カタログは式場に頼まず、ネットで良いものを安く買いました。
持ち込み料を入れても式場で買うよりも品が良く、安かったのでよかったです。
女性ゲストには、自分が貰って嬉しいものがよかったのでティファニーのマグカップにしました。
評判が良くてよかったです。

プチギフト

お気に入りのケーキ屋さんでクッキーをお願いしました。
大ぶりのソフトクッキーと色んな種類のクッキー3枚を 問屋さんで仕入れたラッピングで1つ1つ包みました。
デニム生地のお花にリボンをして可愛くできたのでお気に入りです

結婚指輪

GUCCIです。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

娘に、挙式では新郎と一緒に入場、お色直し入場では1人で電動カーで入場など大役をさせたのですが、 泣くこともなくお利口な姿を見てウルッときました。
終わった後、写真や動画を見てからも感動しました。

二人らしさとは

「明るく、笑顔で」です。

嬉しかった参加者の反応

女性ゲストには半年かけて作った粘土のお花の席札を、男性ゲストにはレザーの席札を置きました。
お花は半年かけて作ったので、すごい!と言ってもらえて嬉しかったです。
また、たくさんの人が娘と遊んでくれたり、娘の入場の時などかわいいかわいいと言ってくれたので嬉しかったです。

私にとって結婚とは

責任を持ち、子供を育てていくことです。
娘に出会えてよかったです。

後悔していること

バタバタしていて、ウェルカムスペースなどを自分で飾れなかったこと。
せっかく買った装飾アイテムなどをたくさん持ち込みしていましたが、ほとんどのものが飾らなかったり、違うものが飾られてあったりして残念でした。
カメラマンを追加すればよかったと後悔。
せっかくの手作りのお花の席札の写真がなくて残念でした。
撮りたかった写真が撮れなかった。
ウェディングケーキがイメージと違って残念でした。
ゲストテーブルのお花が思ったより少なくて残念でした。

やりたかったけれど諦めたこと

ドレスが高くて本当に着たかったものが着れなかったことです。
ドロップアンドフライをしたかったが、お値段の都合で断念しました。
ウェディングケーキもこだわりたかったです。
お値段の都合でできなかったのですが、ドレスでの前撮りがしたかったです。
あと、カメラマンを増やしたかったです。

節約のための工夫

手作りできるものは、なるべく手作りしました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

楽しい一日は一瞬で終わるので1秒1秒を思い出に刻んで主役を楽しんでください。