これでバッチリ♡男性ゲストの正しい【シャツ】マナー

結婚式に招待されると、いつものようにスーツや礼服で参列されていると思いますが、【シャツ】のマナーを気にしたことありますか?
意外と気にしていなかった【シャツ】の正しいマナーとオシャレに着こなせるコーデまでご紹介します♪

2018.10.26 公開 2018.10.2 更新
この記事を書いた先輩花嫁

2017年5月に名古屋でゲストハウスウェディングをしました♪デニムをとりいれたカジュアルウェディングにしました! ステキなウェディング情報を皆さんにたくさん発信していきたいと思います♡

https://www.instagram.com/asa_k_0423/

男性ゲスト必見♡Yシャツマナー

まずは、しっかりチェックしておきたいYシャツのマナーからご紹介します♪

結婚式に適している型や色・柄などチェックする項目がいくつかあります。

結婚式では写真に写ることも多いので、失礼のない着こなしで素敵なコーディネートにしていきましょう♡

結婚式に向いているYシャツの型

まず、気をつけておきたいのがYシャツの型です!特に、襟元の型を確認しましょう♪

基本的に、長さや開きが標準的な衿型のレギュラーカラーが一般的とされています。

また、トレンドとしては、首回りがスッキリして見えるセミワイド型も人気があります。こちらは、ネクタイの結び目まで見えるので、ネクタイで個性を出したい方にはオススメです♡

向いている色

次に、向いている色を確認していきましょう!白シャツが一般的とされていますが、最近では色味のあるシャツもOKとされています。今までのシャツと少し色味を変えることで雰囲気も変えられるので挑戦してみるのも、良いですね♪

一般的とされているのが、白の無地シャツです。着用している方も多いと思いますが、結婚式などフォーマルな場面では間違いありません。

また、スーツの色やネクタイの色が映えるのでスッキリした印象になります。

サックスブルー

白以外で一般的とされているのが、【サックスブルー】です。紳士服売り場でも、白シャツと並んで販売されているのを見かけた方も多いと思います。

淡い青色なので、爽やかで派手な印象もありません。夏など暑い時期だと見た目も涼しい印象になりますね♪

淡いピンク

基本的な色は【白】か【サックスブルー】と言われていますが、最近では淡いピンクを着用する方も多いようです。

ガーデンウェディングや二次会などフランクな結婚式であれば、優しい印象になりオススメです。あまり派手になりすぎないように、一度スーツと合わせて試着してみましょう!

柄はどんなのがいい?

あまり気にしていない人が多いのが、Yシャツの柄です。着ている本人は、あまり気にならなくても光加減などで目立つことがあります。

購入の際には、しっかりチェックしておきましょう♪

織り柄

織り柄は、同系色の糸の織り方の違いで生地の柄をつけたものです

。自然な柄で、さりげなく模様が見えるのでお洒落ポイントになります。

細かい柄

織り柄のように、うっすらと入っている細かい柄であれば、許容範囲です。

ストライプやドットなどはカジュアルな結婚式や、1.5次会、2次会ならOKです♡あまり柄が目立ちすぎないように、こちらも明るい場所で試着するなど確認しておきましょう!

親族として出席♡間違いない【Yシャツ】マナー*

親族としての出席は、友人の結婚式とはまた違った緊張感がありますよね。

失礼のないように、着こなしたいですね♪

抑えておきたいポイントは3点です!

無地レギュラーカラー

この3点を抑えておけば、間違いありません*

また、親族としての出席だけではなく格式の高い結婚式に出席する時も、この3点を抑えておくことをオススメします♪

お呼ばれ結婚式♡マナー違反なシャツってある?

抑えておくポイントはチェックできましたか?

逆に、そんなつもりはなくても、気づかないうちにマナー違反なシャツを着てしまっていることもあるかもしれません…。

そんなことにならないように、今のうちに確認しておきましょう♪

マナー違反な型

襟先をボタンで固定する【ボタンダウンカラー】や、襟先が短い【ショートポイントカラー】はカジュアルになってしまうため、正装には不向きです。

ただ、カジュアルな1.5次会や2次会ではOKとされることもあります。

また、夏場は半袖のシャツを着用したくなりますが、こちらもカジュアルになりますので正装としては避けましょう。

派手な色

最近ではシャツのカラーバリエーションが増えて、お店でも様々な色のシャツを見かけますよね!

しかし、結婚式は新郎新婦が主役です!!原色などの派手な色はマナー違反です。

また、黒シャツも喪を連想させ暗いイメージになるので避けましょう。

派手な柄

柄は気にしない方も多いですが、大きく目立つ柄や濃い柄はマナー違反です。

また、殺生を連想させるアニマル柄もお目出たい席ですのでマナー違反になります。

結婚式なので、上記以外にもカジュアルすぎるシャツや、シミやシワがある清潔感がないものはマナー違反になりますので、しっかりチェックしておきましょう♪


TOP画像出典: www.weddingnews.jp