スマ婚VS楽婚♡どっちが私に合ってる?違いを徹底比較!

2018.8.30 公開 2018.8.31 更新 式場を探す
この記事を書いた先輩花嫁
yucco

ウェディングニュース編集部* 2017年にTRUNK HOTELで挙式をした卒花です♡ 皆さんにとって役立つ情報を発信していきます♩

https://www.instagram.com/wedding.yucco/?hl=ja

スマ婚と楽婚は何が違うの?

みなさん、こんにちは♩WN編集部のYuccoです♡

@@婚などの格安結婚式プロデュース会社の広告やCMを最近よく見かけますが、『@@婚とか、いろいろ種類がありすぎてよくわからない、、、』という方も多いのではないでしょうか?

この記事では、数ある格安結婚式のプロデュース会社の中でも特に人気の、スマ婚楽婚の特徴やサービス内容を徹底比較!

結婚式プロデュース会社が気になっているけど、どれが自分に合っているのか分からない、という花嫁さんはぜひ参考にしてみてください♡

スマ婚=利用者数No.1!/楽婚=人気の会場が多い!

まず初めに、スマ婚と楽婚の特徴をザックリ表にしましたのでご覧ください♩

サービス名スマ婚楽婚
自己資金1万円から3万円から
提携式場数全国240会場全国500件
ドレスの種類約20,000着約34,000着
持ち込み
手数料
無料無料
相談店舗数全国35店舗全国25店舗
キャンペーン
メリット・プロデュース実績がNo.1!
自己資金1万円で結婚式ができる
成約前のキャンペーンが充実
・ブライダルサロンが全国35箇所ある
大人気の会場で格安婚ができる
・衣装数、サイズが豊富
・サポートが充実している
・成約後のキャンペーンが充実
・最短一か月で結婚式ができる
デメリット・自由度が低い
・オプションをつけると通常の結婚式と価格があまり変わらない
・日取りを自由に選びづらい

・選べる日程が決まっている
・自己資金3万円他社の中では高め

向いてるカップル・価格帯重視で結婚式がしたい方
・忙しくてあまり打ち合わせに行けない方
・結婚式に対して強いこだわりがない方
・キャンペーンを利用したい方
・挙式日に強いこだわりがない方
・コストを抑えつつ質にもこだわりたい
・格安婚でもドレスやアイテムなど、選択肢が多いほうがいい
・半年以内に挙式がしたい、もしくは日程を早めてもいいから人気式場で割引価格を適応させたい
・普通のブライダルフェアに参加し予算が原因で理想の式場を諦めてしまった

スマ婚は自己資金1万円~で結婚式ができるのに対し、楽婚は自己資金3万円~と少し価格が上がりますが、その分、衣装数や提携会場数が圧倒的に多いなど選択肢が広がります♩

また、キャンペーンに関しては、成約前に特典が受けられるキャンペーンをやっているのはスマ婚だけです!楽婚は、成約後のキャンペーンが充実しています♩

スマ婚と楽婚、それぞれの特徴をザックリと理解したところで、それぞれの特徴やメリデリを細かく見ていきましょう♡

スマ婚の特徴=利用者数が圧倒的No.1!

スマ婚は「スマート婚」の略で、低予算で結婚式ができるプロデュース会社です。
スマ婚は結婚式プロデュース会社の中でも、利用者数が圧倒的No.1!という実績を持っているくらい人気の格安婚サービスなんです♡

スマ婚の特徴&メリット

スマ婚の特徴&メリットは以下の通りです♩

・プロデュース実績No.1!

自己資金1万円で結婚式ができる

・持ち込み料金が無料!

・日本全国、240会場から選べる

・会費制など様々なニーズから選べる

成約前のキャンペーンが充実している(成約しなくてもペアチケットやAmazonギフト券が貰える)

・ブライダルサロンが全国に35箇所ある

・メールや電話で打ち合わせができる

・スマ婚の名前を出さない

スマ婚は自己資金1万円から結婚式を挙げることができます♩

持ち込み料金は無料なので、ペーパーアイテム等の節約もしやすいですね♡

成約前のキャンペーンが充実しているのも、スマ婚の強み♩
成約前に特典が受けられるのはスマ婚だけです!

また、打ち合わせをメールや電話で対応することも可能です。サロンが近くにない方や、
お仕事等で忙しい方には嬉しいサービスですね♡

さらに、結婚式当日にスマ婚の名前を一切出さないように配慮をしてもらえます。
ゲストに格安だということを知られないようにしてくれるのも安心です♡

スマ婚のデメリット

一方、スマ婚のデメリットはこちら。

・オプションをつけると、一般的な結婚式の価格とあまり変わらなくなる

・自由度が低い

・日取りを自由に選びづらい

通常の結婚式より格安で結婚式ができることが格安婚サービスの魅力ですが、結婚式を自由にこだわりたい場合、スマ婚のプランにオプションを加えていくと、一般的な結婚式の価格とあまり変わらなくなってしまった、という場合もあるので注意が必要です!

また、結婚式の自由度が低いこともデメリットの一つ。
自由に結婚式はこだわりたいというカップルさんにはあまり向かないかもしれません。
自由度が低いという面では、日程も選びづらいです。結婚式をやりたい日が決まっている方、お日柄を気にする方はあらかじめ確認することをおすすめします!


TOP画像出典: www.weddingnews.jp