結婚費用の相場を徹底解説!式の費用を安く済ませる方法もご紹介♡

結婚費用の相場を徹底解説!式の費用を安く済ませる方法もご紹介♡のカバー写真

結婚をするとなると、婚約指輪や結婚指輪を買ったり、結婚式をしたり、新婚旅行に出かけたり…とにかくたくさんお金がかかってしまうのでは!?と不安に思っている人は多いでしょう。 そこで、今回は結婚費用の相場・結婚費用の明細・結婚費用の負担割合を徹底解説。 更に、結婚費用を安く抑えるためのコツまで紹介します。

結婚したいけれど、結婚にかかる費用はどのくらい?

結婚したいけれど、結婚にかかる費用が気になって結婚に踏み切れないというカップルは多いでしょう。

たしかに、結婚をするとなると婚約指輪や結婚指輪を買ったり、結婚式をしたり、新婚旅行に出かけたりと、何かとお金がかかってしまうイメージが付き纏います。

そこで、今回は

  • 結婚費用の相場
  • 結婚費用の明細
  • 結婚費用の負担割合

を徹底解説♩

更に、結婚費用を安く抑えるためのコツまで紹介します。

結婚費用を知りたいという人はもちろん、結婚費用を安く抑えたいという人も、ぜひ参考にしてくださいね♡

結婚費用の相場はズバリ?

結婚費用の相場はズバリ、450万円前後であると言われています。

この金額は

  • 結納
  • 顔合わせ食事会
  • 婚約指輪
  • 結婚指輪
  • 結婚式
  • 新婚旅行

にかかる費用の総額の相場です。

しかし、人によっては結納を省略したり、婚約指輪を用意しなかったりするでしょう。

また、親をはじめとする親族からお祝い金をもらえるという人も多いはずです。

そのため、人並みの結婚をするためには最低でも450万円を、なんとしてでも自分たちで用意しなければならないというわけではありません。

実際に自分たちで負担することになる結婚費用の相場は、250万円前後と言われています。

250万円であれば頑張れそうだというカップルもいれば、250万円でもやはり手が届かないというカップルもいるでしょう。

しかし、250万円でも難しいというカップルも、安心してください。

削れるところをしっかり削っていけば、結婚費用はいくらでも安く済ませることができますよ♩

結婚費用の明細は?

ケーキ入刀@ks_wedding_

結婚費用をより安く済ませるためにも、まずは結婚費用の明細をしっかりチェックしておきましょう。

以下より、

  • 結納
  • 顔合わせ食事会
  • 婚約指輪
  • 結婚指輪
  • 結婚式
  • 新婚旅行

のそれぞれの明細を紹介します♡

結納費用の明細

結納にかかる費用の相場は180万円前後と言われています。

結納費用の明細とそれぞれの費用の相場は以下のとおりです。

結納金(新郎側)100万円
結納式15万円
結納品15万円
結納返し(新婦側)50万円

結納だけでもこれだけの費用がかかるということで、驚く人も多いでしょう。

結納金は男性の経済力を示すものということで、新郎本人が出すものと考える家もあれば、親が用意するという家もあります

新郎の親御さんが負担してくれればラッキーですが、もし、新郎本人が負担するとしても深刻な出費と考える必要はないでしょう。

なぜなら、結納金は新婦が受け取り、結婚準備費用に充てることができるもの

2人の財布を同一のものとして考えれば、出費にはなりません。

また、新婦側が現金で結納返しをしてくれれば、半額分は新郎の手元に返ってきます

新郎が100万円の結納金を用意したとして、最終的には新郎と新婦の財布にそれぞれ50万円が入ることになるだけなのです♩

問題なのは、結納式と結納品の費用30万円です。

結納をするのであれば、結婚にまつわる最初の大きな出費となるはずなので、しっかり準備しておきましょう。

両家の顔合わせ食事会の明細

両家の顔合わせ食事会の費用相場は6万円前後と言われています。

これは、新郎・新婦、そしてそれぞれの両親の食事代が1万円だった場合の費用です。

この他、婚約記念品を用意したり改まった場にふさわしい衣装を用意したりする場合には、相場以上に費用がかさむので注意してくださいね。

婚約指輪の明細

ひと昔前までは給料3か月分と謳われていた婚約指輪ですが、最近の婚約指輪の費用相場は35万円前後と言われています。

ちなみに、婚約指輪の費用の明細は以下のとおりです。

ダイヤモンド20万円
リング15万円
返礼品17万円

婚約指輪の価格はダイヤモンドの価格とリングの価格の合計となっています。

最近は20万円前後の0.3カラットのダイヤモンドが人気を集めているとのことなので、どのような婚約指輪を選べば良いか悩んでいる人は、参考にしてみてください。

ただし、ダイヤモンドにはさまざまなグレードがある上、リングも人気ブランドのものだと高価になる傾向にあります。

2人でよく話し合い、納得のいくグレード、デザインの婚約指輪を購入してくださいね♩

そして、新婦が忘れてはいけないのが婚約指輪のお返しです。

新郎から受け取った婚約指輪の半額ほどの返礼品を用意しましょう。

たとえば、もし、新婦が新郎から35万円の婚約指輪を受け取ったら、新婦は新郎のために17万円ほどの返礼品を用意します。

35万円の婚約指輪を用意するならば、2人の財布から合計で52万円出費することになるということをしっかり覚えておいてくださいね*

結婚指輪の明細

結婚指輪の費用相場は2人分で25万円前後と言われています。

結婚指輪の費用の明細は以下のとおりです。

女性用結婚指輪12万円
男性用結婚指輪13万円

シンプルな結婚指輪の場合、サイズが大きな男性用の結婚指輪の方が女性用の結婚指輪よりも高いことが多いです。

しかし、女性用の結婚指輪であっても、デザインや宝石にこだわれば、やはり費用はかさみます。

結婚指輪は2人が一生身につける特別な指輪なので、予算をしっかり相談し、お互いに納得のいくものを選んでくださいね♡

結婚式の明細

結婚費用の中で最も大きなものといえば、やはり結婚式の費用です。

結婚式の費用相場は300万円と言われています。

結婚式の費用の明細は以下のとおりです。

挙式30万円
会場15万円
控室3万円
介添1万円
司会7万円
音響・照明7万円
ウェディングドレス25万円
カラードレス20万円
白無垢20万円
色打掛25万円
ブライダルインナー3万円
新郎衣裳10万円
美容・着付け5万円
ブライダルエステ5万円
料理2万円×人数
飲物5千円×人数
ウェディングケーキ1千円×人数
ブーケ3万円
メインテーブル装花7万円
テーブル装花1万円×テーブル数
招待状(筆耕料込)700円×人数
席次表500円×人数
席札200円×人数
芳名帳5千円
引出物5千円×人数
プチギフト1千円×人数
前撮り撮影10万円
スナップ写真15万円
ビデオ撮影20万円
サービス料会場・料理・飲物の10%

結婚式の費用はゲストを何人招待するかオプションをどれだけつけるかによって大きく左右されます。

また、遠方に住む人をゲストとして招く場合、ホテル代や足代を負担しなければならないので注意が必要です。

できる限り費用を抑えたいのであれば、少人数で、できるだけオプションをつけない結婚式を計画すると良いでしょう。

しかし、大人数を招待して結婚式を行うとしても、費用を抑える方法はたくさんあります。

結婚式の話し合いをするときには、こまめに見積もりを出してもらい、2人で見積もりをしっかりチェックしながら抑えられる費用についてしっかり話し合いましょう。

新婚旅行の明細

結婚式が終わったら、新婚旅行に出かけるというカップルは多いでしょう。

新婚旅行の費用相場は海外へ1週間出かける場合には60万円国内で1週間旅行する場合には40万円と言われています。

ちなみに、そのうちの10万円は親族や結婚式に来てくれたゲストへのお土産代に充てている人が多いようです。

結婚費用の負担割合は?

これだけの結婚費用をどちらか片方がすべて負担するというのは現実的ではありません。

実際、ほとんどのカップルが結婚にかかる費用をきっちり折半しています。

後から結婚費用のことで揉めてしまわないよう、結婚費用の負担割合については、2人でしっかり話し合っておきましょう。

結婚費用を安く抑えるには?

いよいよ、結婚費用を安く抑えるための方法を紹介します。

以下より、

  • 結納
  • 顔合わせ食事会
  • 婚約指輪
  • 結婚指輪
  • 結婚式
  • 新婚旅行

それぞれにおける費用を抑えるための方法を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

結納費用を抑える方法

結納費用を抑える方法としては、次の3つが挙げられます。

1.結納をしない

最近では結納をしないカップルも増えています。

そのため、いっそのこと、結納をしないという選択肢を選んでも良いでしょう。

2.結納式を簡略にする

結納をするにしても、結納式を簡略化すれば、結納にかかる費用を抑えることができます。

仲人を立てずに結納を行ったり、結納を新婦の家で行ったりして、できる限り費用削減に努めましょう♩

3.結納品を最低限のものにする

結納費用を抑えたいのであれば、結納品も最低限のものにしてしまいましょう。

結納品といえば基本的には熨斗・末広・結納金・柳樽料・松魚料の5品ですが、熨斗と末広、結納金の3品だけでも結納を成立させられます。

顔合わせ食事会の費用を抑える方法

顔合わせ食事会の費用を抑える方法としては、次の3つが挙げられます。

1.普段着で食事会を行う

顔合わせ食事会の費用を抑えたいのであれば、普段着で食事会を行うのがベストです。

もちろん、普段着と言っても、男性はスーツ女性はワンピースが望ましいです。

節約のためとはいえ、TPOをわきまえた服装を心がけてくださいね*

2.交通費がかからない店を選ぶ

両家の食事会を行う際には、新郎・新婦の家族の交通費についても考えなければなりません。

交通費の負担を減らすためにも、交通費を最小限に抑えられる場所にある店を選びましょう♩

3. 料理の品数を減らす

両家の食事会を行う店を予約する際、料理の品数を減らして料金を抑える交渉を行うのも1つの節約テクニックです。

ただし、お酒好きな人がいる場合、お酒についてはケチらないよう注意してくださいね*

婚約指輪の費用を抑える方法

婚約指輪の費用を抑える方法としては、次の3つが挙げられます。

1.小さなダイヤモンドを選ぶ

小さなダイヤモンドは価格が安い上、最近のトレンドでもあります。

婚約指輪の費用を抑えたいのであれば、小さなダイヤモンドを選びましょう♩

2.ダイヤモンドのグレードを落とす

大きなダイヤモンドでも、グレードを落とせば安く手に入れることができます。

予算は少ないけれど大きなダイヤモンドの婚約指輪が欲しいという人は、グレードの低いダイヤモンドを選ぶと良いでしょう*

3.プライベートブランドの婚約指輪を選ぶ

有名ブランドの婚約指輪は高価ですが、プライベートブランドの婚約指輪であれば、おしゃれなものでも安価に手に入れることができます。

婚約指輪の予算が少ないという人はプライベートブランドの婚約指輪もチェックしてみてくださいね♡

結婚指輪の費用を抑える方法

結婚指輪の費用を抑える方法としては、次の3つが挙げられます。

1.シンプルなデザインの結婚指輪を選ぶ

シンプルなデザインの結婚指輪は比較的安く手に入れられます。

そのため、結婚指輪を安く手に入れたいのであれば、できるだけシンプルなデザインのものを選びましょう♩

2.安い素材でつくられた結婚指輪を選ぶ

シルバーパラジウムなどの結婚指輪は安く手に入れることができます。

より安い結婚指輪が欲しいという人は、安い素材でつくられた結婚指輪を探してみましょう♡

3.プライベートブランドの結婚指輪を選ぶ

婚約指輪と同様、プライベートブランドの結婚指輪は安く手に入れることができます。

結婚指輪の予算が少ないという人はプライベートブランドの結婚指輪もチェックしてみてください♩

結婚式の費用を抑える方法

結婚式の費用を抑える方法としては、次の3つが挙げられます。

1.お日柄を選ばない

結婚式といえば大安に挙げたいと考える人がほとんどでしょう。

しかし、あえて仏滅などの日を選べば、安く結婚式を挙げることができます♩

2.ペーパーアイテムを自作する

こまごまとしたペーパーアイテムは式場に準備するより自作した方が安く済ませられることが多いです。

ただし、持ち込み料が別途必要になることがあるので、十分注意してください。

3.フォトウェディングにする

大々的な式を挙げず、フォトウェディングだけを行うという人も増えています。

予算的にパーティーを開くのが難しいという人は、フォトウェディングを選んでみても良いでしょう♡

新婚旅行の費用の費用を抑える方法

新婚旅行の費用を抑える方法としては、次の3つが挙げられます。

1.国内旅行を選ぶ

海外旅行に行くよりも国内旅行の方が安いです。

そのため、新婚旅行の費用を抑えたいのであれば、国内旅行で済ませましょう♩

2.パッケージツアーを利用する

海外旅行に出かけるとしても、パッケージツアーを利用すれば費用を安く抑えられます。

行動は制限されますが、安心して旅行を楽しむことができるのも魅力です。

3.閑散期を狙う

新婚旅行に出かけたい場所を決めたら、その場所の閑散期を調べてみましょう。

閑散期に旅行すれば、費用をより一層安く抑えられますよ♡

少しの工夫で結婚費用は安くなる♩

結婚にはさまざまな費用がかかりますが、安く済ませたいと思えばいくらでも安く済ませることができます

皆さんも今回ご紹介した結婚費用の相場、結婚費用の明細、結婚費用の負担割合、結婚費用を安く抑えるためのコツを参考に、納得のいく結婚費用プランを立ててみてくださいね♡

ウェディングニュースLINEコンシェルジュ
無料LINELINEコンシェルジュ
元ウェディングプランナーが結婚準備をサポート
クリップするには登録が必要です