結婚式でマツエクを付けたい人必見♡いつ?何本がいい?徹底解説*

女の子なら誰もが憧れたことのある花嫁さん♡
いざ結婚式を執り行う!となったら自分史上、最高にキレイな花嫁姿を残したいですよね♩*
こちらでは、キレイを作る*花嫁美容に欠かせない《マツエク》についてどのタイミングで?何本付けたら良いの?といった大事なポイントをチェックしていきましょう♡

2019.6.2 公開 2019.9.10 更新 ビューティー・エステ

アイメイクが落ちないか心配…マツエクしたほうがいいいの?


tomo.s_wedding

せっかくの晴れ舞台♡涙でメイクがボロボロ…なんて避けたいですよね!マツエクをする事で『マスカラが落ちてパンダ目になっちゃう』なんて心配も解決♩

結婚式やドレスアップする前撮り撮影など、花嫁さんは華やかな会場や衣裳に合わせて、メイクも普段より濃いめに施すのが基本。

アイメイクでも『マツエク』を取り入れる事によって、写真映えを良くしたり、ドレスなど華やかな衣裳とのバランスを保つ事が出来るんです♡


aya___wedding

また、顔がアップで写る事が多いお仕度中のショットやブーケショットなどでは、目元がパッチリと大きく見えたり、横顔や伏し目がちのショットをより美しく魅せる効果があるんですよ♩*

しかし、マツエクは自身で付ける事が困難であったり、施術するタイミングを間違えるとせっかくたくさんの本数を付けたのに当日までに取れてしまった…なんてデメリットも。

それらのメリットデメリットについて、しっかりポイントを抑えておくのが鍵になりますよ♡

結婚式用のマツエクの相場

arincoco2

一概にマツエクといっても、美容室でもカットやトリートメント、カラー等、施術によって金額が変わるようにマツエクも素材や本数によって金額は大きく変わってきます。

例えば素材を質の良いものにすると、金額も比例して上がっていきますし、本数も多くするにつれ金額は上がっていくんです。

サロンによって設定金額にズレが生じるので、同じ内容を施術してもサロンによって金額は異なりますが、結婚式用のマツエク相場は、※15,000円~20,000円程度となっています。※編集部調べ

後程、種類や素材については詳しくご紹介します♡*

何日前に付けるのがベスト?マツエク装着の時期


eri_0113_wedding

さて、マツエクは結婚式や前撮りなど、大切な日の何日前に付けるのがベストなんでしょうか?

始めにお話したように、付ける時期を間違えると美しい状態をキープできてない…!なんて事にもなり兼ねないのでしっかりポイントを抑えておきましょう!

マツエクは、自まつ毛に直接グルーという接着剤で付けていきます。なので、自身のまつ毛が生え変わるサイクルに合わせて、約3週間くらいで取れていきます。

その為、一番美しい状態を保つ為には、結婚式や前撮り撮影日の2~3日前に施術するのがオススメです♡


eri_0113_wedding

マツエクを初めて付ける!という花嫁さんは、肌の状態によっては接着剤でかぶれてしまう恐れがあるので、それよりも更に1か月ほど前からサロンに行ってパッチテストを受けるなどの下準備しておくのが良いですよ♩

また、施術前は目元のメイクはしない、目薬を差さないようにするとしっかりと接着されやくすなります!施術後には目を擦るのはNG、5時間程度は触らず、濡らさずが基本です。

マツエクの本数は何本くらいがいいの?

それでは、マツエクの本数は何本付ければ良いのでしょうか?付ける本数で、目元の印象が大きく変わってくるので、自分のなりたいイメージを浮かべながら一緒に考えてみてくださいね♡

マツエクの本数は、一般的に10本~。サロンのメニューでは、60本~160本が多いです。

この60本というのは、片目で60本ではなく、両目合わせての本数になるのでメニューを決める時は注意してくださいね!

初めてマツエクにチャレンジする花嫁さんや、ナチュラルな雰囲気にしたい花嫁さんには80本~100本程度がオススメ!

ホテル婚など、華やかな雰囲気にしたい花嫁さんは、100本以上にチャレンジしてみても良いかもしれません♡サロンの方とイメージを共有して本数を決めていくと良いでしょう。

また、下まつげにもマツエクは付けらますが、涙する場面が多い結婚式では、最中に取れてしまう恐れがあるので下に限ってはあまり多い本数を付けるのはNG。こちらも合わせてサロンの方に相談してみてくださいね!

結婚式におすすめのマツエクデザインは?


arincoco2

次にデザインについてです♡マツエクにはいくつか種類があります。サロンで決める大きなカテゴリーは、先ほど解説した本数のほかにカール・素材・太さ・長さと大きく4つあります。

それぞれの特徴をここでしっかりチェックしておきましょう♩*

カールの種類

まずはカールについて。カールの強さで名称が付けられており、カールが強い順に、Dカール・Cカール・Jカールの3種類に分かれています。

カールの強いDカールが一番目元がパッチリとした印象になりますが、カールの反りが大きい分自まつげとの接着面が少なく、取れやすいのが難点です。

その為、結婚式にはDカールよりも持ちの強いCカールやJカールがオススメです♡Cカールだとパッチリとした印象に、Jカールだと他のカールよりも反りが緩やかな分優しい印象になりますよ♩

素材の種類

次に素材の種類についてみていきましょう!

マツエクの素材は人工毛で作られており、大きく分けるとシルク・ミンク・セーブルの3種類あります。それぞれ材質や使用感は様々で、メーカーによっても硬さや形状が異なるので、選択する際に注意が必要です。

シルク

シルクの素材はポリエステル。この3種類の中では1番価格が安く、艶があり、ハリやコシが強いのでカールが取れにくいのが特徴です。

マツエク初心者の方には、人工的な印象が強いシルクは違和感を感じるかもしれません。

ミンク

ミンクの素材はシルクと同じポリエステルですが、柔らかく、自まつげとのなじみがよく自然な仕上がりになるのが特徴です。

価格帯はシルクよりも高く、セーブルよりも安いです。

セーブル

セーブルは、↑の2つよりも価格が高いですが、その分付け心地は抜群です。

柔らかさや軽さなど、リアルな質感が特徴です。付け心地が良い為、ストレスも少なく過ごすことができますよ♩アップ目のお写真を撮影する場合、自然な見た目のセーブルがオススメです**

最近ではカラーの付いたエクステや3D~5Dなど、1本のまつげに対して数本のエクステを付けるといった種類もあるので、サロン選びの際の参考にしてみてくださいね♡*

太さ・長さの種類

eri_0113_wedding

マツエクは太さも雰囲気を決める重要なポイント。基本的に0.1mm~0.25mmが多いです。太くなるにつれてインパクトも強くなり、ゴージャスなイメージになります。逆に細いと自然な印象になり、ナチュラルなイメージになりますよ**

長さは、9mm~14mmが多いです。11mmが人気ですが、自まつげよりも大幅に長いものを選んでしまうと重みでまつげが下がってきてしまったり、取れやすくなってしまうので自まつげと長さを合わせるか、3mm程度長いくらいにしておくのがオススメです♩

太さ、長さともに素材によっては取り扱いがない場合もあるので、サロンの方にお問い合わせをしてみてくださいね♡


tomo.s_wedding

もちろん通常のサロンメニューを施術することもOKですが、サロンによってはブライダル専用のメニューを取り扱っている所もあるので、サロンに聞いてみると良いかもしれません♡

ブライダルメニューだと、自分の好みやなりたいイメージをしっかり担当の方と話し合い、ゆっくりデザインを決める事もできますよ♩

まつエクでもOK!クレンジング3選


nodoka138

直前に施術したとしても油断は禁物!日々のメイクを落とすのに目元をごしごし…なんてNG!

大切な日までにキレイな状態をキープする為に、マツエクでもOKなクレンジングをご紹介します♡*

オルビス クレンジングリキッド

 

メイクをするする落とすのに乾燥しない♩美容液のようなクレンジングリキッドです。

100%オイルカットなのでマツエクにも安心です!

タイプリキッド
特徴無香料/無着色
内容量150㎖

サンタマルシェ ディープクレンジング

サンタマルシェディープクレンジングは、緑茶ポリフェノールの力でうるおいを残したまますっきりメイクを落とします♩

こちらも100%オイルフリー!石油系界面活性剤不使用で安心して使用できますよ♡

タイプジェル
特徴パラベンフリー/石油系活性剤フリー/無着色
内容量400㎖

無印良品 マイルドアイメイクアップリムーバー

ナチュラルで使いやすさが人気の無印良品。

スキンケアラインはシンプルなパッケージとは裏腹に使い心地抜群♩

お求めやすい価格なのも◎

タイプローション
特徴無香料/無鉱物油/パラベンフリー/アルコールフリー
内容量110㎖

泣いても大丈夫♡ マツエクでより美しい花嫁に*⁺

arincoco2

涙する感動の場面もある結婚式!

パンダ目花嫁さんにならないように、自分にピッタリのマツエクデザインで美しい花嫁姿を披露して、最幸の1日を思いっきり楽しみましょう♡

この記事を書いた先輩花嫁
nao

2017.5に卒花♡ 現在はweddingnews編集部で楽しくお仕事をさせていただいてます♪ 最新のウェディング事情などSNSサーフィンが日課です♡

https://www.instagram.com/maru.wd520/
TOP画像出典: www.weddingnews.jp