卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

aya___wedding

2017年3月、新婦自身がウェディングプランナーとして勤めていたメゾンプルミエールにて挙式。「Spring has come!」をテーマに、春のお花や食材をふんだんに使って、出会いの季節である春の訪れを感じてもらえるような1日に。蕾だった二人の人生を花咲かせてくれたのは大切な方々のおかげ、そんな感謝の気持ちを込めて表現しました。
東京都目黒区中目黒1-1-29
メゾン プルミエール(Maison PREMIERE)
¥3,447,016 / 76名
挙式
メゾン・プルミエール

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
4
メゾン・プルミエール

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

来てくださるゲストがお料理を楽しみ、空間を楽しみ、私たちからの感謝の気持ちが少しでもつたわるように。そして、プランナーだったからこそ、「結婚式って本当にいい!」ってゲストに思ってもらえるように。

ウェディングプロフィール

シューズ

MAISON DE BLANCHEでレンタルしたもの。
シルバーゴールドのキラキラした、形はシンプルだけど存在感のあるもの。

メインで使った花や装花のテイスト

できる限り春のお花を使って欲しいとリクエスト。
グリーンも少なめで、お花も一輪ずつが大きいものに。甘くなりすぎないよう色味のバランスを細かく伝えました。 母も私も好きなラナンキュラスは入れてもらい、あとのお花の種類はお任せしました。
高砂はどこから写真を撮ってもお花が映るよう、上から吊るし、奥行きや立体感を重視。
エスコートフラワーの演出を行いゲストが会場の花器などにそのお花を挿して飾ってもらいました。

フローリスト

Ra-Que

お料理のこだわり

春の旬な食材をふんだんに使ってもらいました。
コース料理の前にアペリティフを設け、カジュアルにお料理を楽しんでもらいたくてアミューズをビュッフェで並べてもらいました。こちらも花畑をイメージしました。
コース料理は見た目も鮮やなものにしたく、エディブルフラワーや野菜をたくさん取り入れたフレンチ。メニュー表をこだわり、一品一品の説明やお酒との楽しみ方を入れました。みなさんそれを見て楽しんでくれていました。

ペーパーアイテム アルバムを見る >
ウェディングケーキ

こちらも春っぽい雰囲気で、美味しそうでインパクトのあるケーキが希望でした。 パティシエさんがイメージをデッサンで提案してくれて、それがドンピシャでした。4段ケーキで、上の3段がグラデーションケーキ、一番下の段がフルーツ断面ケーキです。

引出物

親族にはロイヤルコペンハーゲンの大皿/グランマーブルのデニッシュ/お茶漬け 女性友人にはsghrのガラスのお皿/マカロンエマカロンのマカロンボーロ 他女性友人で料理好きな方にはsghrのガラスのお皿/レピスエピスのスパイスセット お花が好きな友人にはsghrの一輪挿し/和漢茶 男性にはsghrの富士山グラス/ジャン=ポール・エヴァンのガトーショコラ 上司には和食器やワイン、ネクタイなどいいものを。

プチギフト

代官山のシェ・ルイというお店のカヌレを自分でラッピングしてサンキュータグをつけて渡しました。

婚約指輪

バンクリーフ・アーペル

結婚指輪

バンクリーフ・アーペル

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

私たちの為にみんなが集まってくれて、友人ももちろんですが親族が喜んでくれたのが何より嬉しく、感動しました。 そして、私の場合は自分の働いていた式場で、一緒に働いていたスタッフが共に創り上げてくれた一日だったので、心強かったし本当に感動しました。

二人らしさとは

楽しいことが好きで、人を喜ばせることが大好き。
周りの人を大切にしてきたからこそ、それが結婚して2倍の数になる、その結婚式という節目を大切にしようという考え方がお互いに思っていたことだと思います。

嬉しかった参加者の反応

こんなおしゃれでインパクトがあってでも上品なコーディネート初めて見た!
二人もみんなも笑顔に溢れている結婚式だった!
二人の人柄が伝わる結婚式で、たくさん感動した!
お料理が本当に美味しかったし、こんなメニュー表を自分のウェディングの時に作りたい!
お花が素敵すぎて、お花が好きになった!

私にとって結婚とは

家族も友人も、大切な人が倍に増えること。 喜びも悩みも伝え合って分かち合える存在ができたこと。 結婚したことがまず一つ目の親孝行になったと感じること。

後悔していること

自己満な世界ですが、もうちょっとウェルカムスペースにこだわっておけばよかったです。

やりたかったけれど諦めたこと

前撮りも後撮りも、ちゃんとカメラマンをつけて撮影したかったが、できなかった。
(前撮りは彼がプロポーズの演出として手配してくれたのですが、クオリティーが低かった。後撮りは、カンクンのハネムーンの際にセルフでやったのですが、なかなかセルフだと写真は少なく、しっかりカメラマンさんを頼めばよかったです)