卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
THE OAK GARDEN
100人以下

正面の壁が一面ガラス張りなので、自然光をかなり沢山取り込めて、とても神秘的な挙式が叶うと思います★ 装飾の植物もグリーンで統一され、その他はブラウンでまとめられているのでとてもオシャレで、ステキな挙式会場です。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
THE OAK GARDEN
100人以下

壁にグリーンの造花が掛かっていたり、また他の一面は本棚みたいなデザインになっていたりととても凝ったデザインの披露宴会場です。
そのままでとてもオシャレなので、自分たちで装飾を頑張りすぎなくても、かなりこなれ感のあるオシャレな披露宴が演出出来ます!

また、サイドの壁からは、ガーデンに出る事も出来ます。このガーデンにはバーカウンターもあるので、皆でワイワイと楽しむ演出も沢山出来ます。
ガーデンからは鴨川も見えるので、京都らしさも感じてもらえて、とても贅沢な時間が過ごせます!

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

こだわったことは、ペーパーアイテムです!
絵やデザインが昔から趣味で大好きだったので、節約のためというよりもこだわったペーパーアイテムを自分で作りたい!と、結婚が決まった頃からずっと思っていました。

デザインももちろんですが、文字のフォント、スペース、紙の種類や紙の色など、一つ一つ全てにこだわりました!

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

vw351007

あまり可愛らしいロマンチックなものが好みでないので、リボンやお花が付いているようなデザインのものは着たくありませんでした。また、胸元もハートカットがあまり好きじゃなく、どちらかというとストレートのものが好みでした。だけどドレスなんだから、せっかくならプリンセスのようにフワフワしたやつが着たい!と、完全に矛盾していました…笑 

初めてサテンバレリーナを見た時、試着する前から「あ、これだ!」と直感で感じました。ウェディングドレスは10着以上試着しましたが、これを着た時、理想にドンピシャすぎて鳥肌がたったのを覚えています。

シンプルで、ゴテゴテと装飾は付いていない、だけどスカート部分はチュールが何層にも重なってとてもフワッフワなボリューム!胸元も、わずかなウェーブがかかったライン。本当に運命の一着ってあるんだなぁ、とドキドキしました。

ブランド
Vera Wang
ショップ
FOURSIS & CO.
ドレス 2着目

Brown

もともと、WDかCDのどちらかでチュール素材の袖があるドレスが着たいと思っていました。
また、CDはくすみ系がいいなと思っていたので、くすみ系中心に探していました。

このドレスは、CD試着の一番初めに着たのですが、完全に一目惚れをしたので、ずっと仮予約をしていました。その後、何回も他のドレスも着てみましたが、やっぱり一着目に着たやつがかなり気に入っていたので、そのまま決定しました!

ショップ
FOURSIS & CO.
シューズ

ウェディングシューズはプラン内に含まれていたので、そのままfour sis&co.のものをお借りしました。

私の選んだドレスと私の身長がバランス良くなるものをと、12cmヒールのものをチョイスしてくださいました。12cmと言っても、前も上底なのでかなり脚が楽でした。色はパールホワイトでした。

ヘアメイクのポイント

ヘアはとにかくゆるフワで、とお願いしました。
WDの時はシニヨンヘアで、ベールも下の方で付けられる様にバランスを見てもらいました。
前髪は斜めに流しました。 普段からコーラル系のチークやリップが好きなので、コーラル系の色を使ってもらいました。

CDの時はローポニーでお願いしました。
CDが可愛らしい感じのデザインだったので、可愛らしくなり過ぎないように、ローポニーで大人っぽく、前髪はセンター分けにしてもらいました。
チークに少しローズ系を足してもらい、リップはクランベリーの様な赤みのあるものにチェンジしてもらいました。

アクセサリー

WDの時は、挙式時にはお義父様お義母様に頂いたパールのネックレスとピアスを着用しました。そして、母が作ってくれたベールを着用しました。

再入場の際に、ずっと憧れていたOscar de la Rentaのオフタッセルピアス(ショートのオフホワイト)にチェンジしました。ドレスを際立たせたかったので、ネックレスはしませんでした。

CDの時は、キラキラビジュー&パールのヘッドアクセにキラキラビジュー&パールのピアスを着用しました。
CDは上半身がノースリーブの様な形でデコルテも覆われているので、こちらもネックレスはしませんでした。

ヘッドアクセサリー

WDの時は、ずっと憧れていたpluieのホーンクラウンを挙式から中座までずっと着用していました。
CDの際は、キラキラビジュー&パールのヘッドアクセを顔の左サイドに着用しました。

ネイル

THEブライダルネイル!というデザインが嫌だったので、ネイリストさんに「乳白色、ゴールド、クリアを使ってニュアンスネイルにして下さい」と伝えてあとはお任せにしました。

CDのグレーも入れたかったけど、CDの色を列席者の方々に内緒にしていたので、ネイルでバレるのもイヤだし…とお伝えしたところ、かなーり薄めにグレーのネイルも何本が作って下さいました。

メインで使った花や装花のテイスト

普段からお花が趣味という事もあり、装花にはとてもこだわりました。グリーン:ホワイトが8:2くらいになるようにお願いしました。
スモーキーなグリーンを多めにしつつ、鮮やかなグリーンも少し足してもらいました。ユーカリを多めに使うデザインで、丸葉ユーカリとグニユーカリをmixで入れて頂きました。

また、かすみ草で間を埋める様なデザインが普段からあまり好きではないので、かわりにハイブリットチースを使ってホワイトをバランスよく足して頂きました。 葉だけではボヤけてしまいそうな気がしたので、エリンジュームやアストランチアなど少し違ったニュアンスでアクセントも加えました。

ブーケに関しては、綺麗にまとまったブーケではなく、所々に長めのユーカリなどが飛び出している感じのラフにまとめたようなクラッチブーケにして頂きました。

ゲストテーブル装花や高砂に使っている花材もほぼ同じ種類のものです。高砂は左右アシンメトリーにしたかったので、向かって右側にパンパスグラスを、左側にドウダンツツジを飾って頂きました。

装花のポイント

ブーケには絶対にホワイトキングプロテアを使いたかったので、希少ではありますがお願いしていました!

フローリスト

フラワーデザイン表参道 
京都店の目崎様にお世話になりました。

お料理のこだわり

・お祝いのアミューズ
・山芋の洋風がんもどき
・季節のポタージュ
・オマール海老のグラチネと低温キュイ
・特選牛フィレ肉のローストとほほ肉の赤ワイン煮込み
・デザートビュッフェ、チーズビュッフェ

とくにオマール海老は、式場見学で食べた時に美味し過ぎて感動して、それが最後のひと押しとなってこちらの式場に決めたほど、私達のお気に入りでおススメの一品です!

あと、デザートビュッフェはよく聞きますが、同時にチーズビュッフェも行ったので、お酒を楽しんでいる方にもお酒のアテとして楽しんで頂けたんじゃないかなぁと思っています!

ウェディングケーキ

ウェディングケーキに関しては、そこまで強いこだわりはありませんでした。私の希望としては「3段がいいなぁー」くらいでした。笑

旦那さんが、イチゴの乗った普通のやつが結局見た目も可愛いし味も美味しい!間違いない!と言っており、確かにそうだなと思ったのでイチゴのショートケーキにしました。ちゃっかり私の意見も通って、3段ケーキです☆

引出物

引出物は本当に迷いました。
色んな商品を見に行ったりもしましたが、結局カタログギフトに落ち着きました。贈り分けはカタログギフトを、友人、上司、親戚と3段階に種類分けしました。

縁起物はドリップコーヒーのセット、引き菓子はパブロフのパウンドケーキにしました。 縁起物と引き菓子は、全員同じものを贈りました。

プチギフト

プチギフトは、小さな箱にはいったポップコーンにしました。定番のドラジェとも迷いましたが、どうせならポップコーンの方が美味しく食べて頂けるかな?と思ったので、式場のカタログから選んでお願いしました。 味は、塩味とアールグレイ味の2種類でした。

婚約指輪

BVLGARIの一粒ダイヤのものを頂きました。
一般的なダイヤ部分が出っ張ってるものじゃなく、プラチナで左右をおおっているデザインなので、引っ掛かりがなく、普段使いもし易いです!

結婚指輪

Cartierの1895 wedding bandです。
私はゴールドの3.5mm、旦那さんはプラチナの2.5mmです。 内側には2人のイニシャルと入籍した日を彫刻してもらいました!

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

やはり、挙式の時です。
教会の扉が開いて皆の顔が見えた時、大切な人達が私達のためだけにここに集まってくれたんだなぁととても嬉しくて少し不思議な気持ちになりました。

母にベールダウンをしてもらい、父とバージンロードを歩きながら、色々と思い出が蘇ってきて涙が止まりませんでした。横を見ると、私の姿を見て自分の事のように泣いてくれている友人がいて、前を向くと大好きな彼が待っていて、ここにいる人達は皆私達2人の幸せを願ってくれているんだなぁとしみじみと感じて、本当に幸せな空間でした。

二人らしさとは

背伸びをせず、ありのままで向き合う所だと思います。同じ事で笑って同じ事で怒って、一緒に過ごしている中で親友の様だなぁと感じる事が良くあります。

お互いがカッコをつけないで向き合っているので、ありのままの自分にも自信を持って全力で向き合えているのかなと思います。
そして、ありのままで向き合っている状態で居心地がいいので、やっぱりとても相性が良いんだと思います。

あと、「ありがとう」を良く言い合っている気がします。特に意識をしているわけではないのですが、第三者に言われて気づきました。思い返してみれば、確かに些細な事でも「ありがとう」とお互いがよく言います。

嬉しかった参加者の反応

「とても良い式だった!」と言われたのが、単純ですがやはり一番嬉しかったです。

「とてもオシャレでりえらしい結婚式だった!」と言われたのも嬉しかったです。こだわったペーパーアイテムや装花などが私らしかったみたいで、それらは私自身特に力を入れていた部分でもあったので、頑張った甲斐があったなぁと思いました。

あと、「お料理めっちゃ美味しかった!」も嬉しかったです。笑 私達はお料理にもこだわっていたので、それがちゃんとゲストの方にも届いていたというのが嬉しかったです。

私にとって結婚とは

大切な人と色んなことを乗り越えながら、新しい家庭を作っていくこと。もう一度改めて親に感謝する気持ちを思い出させてくれたりもします。結婚したからこそ芽生えた親への感謝の気持ちがありました。

後悔していること

ファーストバイトの時に、旦那さんの口にケーキを押し込み過ぎた事です…

元々、顔面に豪快に付けて!と言われていたのですが、用意してもらっていた大きな木のスプーンの滑りが悪かったのか、ケーキが中々旦那さんの口まで到達せず…焦った私が両手を使って押し込みました。

私も必死だし、旦那さんも必死で食べようと動き回り、気づけば壁側を向いていました。笑
せっかくのシャッターチャンスをまったくシャッターチャンスじゃない瞬間にしてしまった事をとても後悔しています; ;

やりたかったけれど諦めたこと

ブーケトスはやってみたかったけど、私自身もういい歳なので結婚していない人も周りにあまりいませんでした。 ある程度の歳を超えたら、ブーケトスで前に出るのが億劫だというのもよく聞くので、結局ブーケトスはしませんでした。

結婚式の何日か前に、「全員参加でお菓子トスをし、旦那さんからはおつまみトスをした」という記事をネットで見つけ、私もとてもやりたい!と思いましたが、もう司会者さんやプランナーさんとの最終打ち合わせも終わっていたので言い出せず、結局トス系はしませんでした。

節約のための工夫

とにかくペーパーアイテムはDIYしました!節約にもなるし、自分のこだわり抜いたものが出来るので満足です☆ あとは、フラワーシャワーをやめてスターシャワーにしました。スターシャワーは旦那さんが作ってくれました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

式場と本契約をする前に、絶対譲れないこだわり部分を伝えておく事だと思います!
例えば、ペーパーアイテムは手作りにしてこだわりたいのに持ち込み不可だった!と、本契約後に分かってももうどうにもならないし、そんな小さな事一つでも自分にとっては気になって悔やんでも悔やみきれないですよね。だから、本契約前に気になることを抜かりなく確認しておくことだと思います!

本当に細かい一つ一つにいちいちオプションだの持ち込み料だのかかってくるので、こちらも負けじと気になる事はどんな小さな事でも確認するべきだと思います☆笑