卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
ザストリングス表参道
100人以下

ザストリングス表参道の挙式会場でおすすめのポイントはその幻想的な雰囲気だと思います。
私はチャペルグランデというチャペルで挙式を行いましたが、下見のときにたくさんのキャンドルに照らされた表参道並木をイメージした内装に一目惚れしました。

当日は挙式の進行に合わせて照明が調整され、はじめは暗めでよりいっそう幻想的に、終盤にかけて明るくなっていく過程はどこを切り取っても本当に素敵でした。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
ザストリングス表参道
100人以下
イーストスイート

私はザストリングス表参道のイーストスイートにて披露宴を開催しました。

イーストスイートはザストリングス表参道の披露宴会場の中で唯一階段を使って入場できる会場で、また会場の後方にオープンキッチンもあり新郎によるフランベの演出なども出来るため、他の会場よりも演出の幅が広いことがおすすめです。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

ご参加いただける方が必ず楽しんでいただけるような進行を考えました。都合がつかず来れなかった知人も多い中、ご都合つけて来てくださる方には来て良かったと絶対思っていただけるような進行やウェルカムスペース作りをこだわりました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

ドレス名 englantine
ショップ名 verawang表参道店

ワンショルダーの有無、袖の有無で最大4wayの着こなし方がある点です。

ブランド
Vera Wang
ドレス 2着目

ドレス名 CS1003(アクアグラツィエオリジナル)
ショップ aquagrazie表参道店

お色直しのドレスは華やかすぎないものが良いと考えておりました。ラインは王道のAラインでシンプルなシルエットでありながらワインレッドの色合いで存在感を出せるところがお気に入りです。

ショップ
ACQUA GRAZIE
ドレス 3着目

ブランド Tadashi Shoji
ドレス名 Adrenna(BHLDN)
ショップ beacondress

二次会用ドレスは会場の雰囲気に合わせてヴィンテージライク、ボタニカルな雰囲気が出せるものが良いと考えていました。

Tadashi Shoji Adrennaはボタニカルな雰囲気に加えオフショルダーでゆったりしたシルエット、そして大きく背中があいており、可愛すぎずおしゃれなデザインに一目見て二次会で着たいと思いました。

シューズ

JIMMYCHOOのRomyにしました。

EngalantineやTadashi Shoji Adrennaは全くの白というよりはアイボリー、お色直し後のaquagrazie originalもワインレッドということでシューズも少しでもゴールドの色味が入ったほうが馴染むと思いました。

また、せっかくの晴れの日なので憧れのJIMMYCHOOを身につけたいという思いがあり、シャンパンゴールドの色味のものを選びました。

ヘアメイクのポイント

親族も集まる場なので挙式は王道にシニヨンをベースにしつつ、全体的にゆるめに仕上げ、後れ毛も出すことで抜け感を出すことを意識しました。

披露宴以降はシンプルにダウンスタイルにしつつ、ストレートにしてみたり、ウェーブでゴールドのヘッドドレスで華やかさを出してみたりと工夫しました。

二次会はダウンスタイル×ウェーブのまま、ヘアアクセサリーをプリュイのホーンクラウン、ゴールドベースのドライフラワーのヘッドパーツに変えてラスティックな雰囲気でTadashi Shojiのドレスに合うようにしてみました。

アクセサリー

あまり身につけてはいませんでしたが、唯一ピアスだけ場面によって使い分けていました。

挙式〜披露宴はシンプルでも存在感のあるタッセルのピアスを、二次会はボタニカルな感じを出すべくゴールドのドライフラワーのピアスをつけました。

ヘッドアクセサリー

挙式では低めのシニヨンにプリュイのホーンクラウンを、披露宴ではストレートヘア×ホワイトゴールドのヘッドドレス、ウェーブヘア×ゴールドのヘッドドレスを、二次会ではウェーブヘアにプリュイのホーンクラウン、ドライフラワーのヘッドドレスをつけました。

ネイル

アイボリーのウエディングドレスにもワインレッドのカラードレスにも合うように、クリアベースにゴールドのニュアンスアートを施したデザインにしていただきました。

いつも御願いしているネイリストさんに華やかさと個性が出るようなデザインに仕上げていただき、とてもお気に入りです。

メインで使った花や装花のテイスト

披露宴会場が比較的可愛らしい雰囲気の会場である一方、全体の雰囲気としてはあまり可愛くしすぎたくない気持ちがありました。

装花で調整しようと思い、装花は少しくすんだ色合いを出したく、パンパスグラスは必ず入れていただくようにお願いしていました。

装花のポイント

くすんだイメージを出したく、ドライフラワーを多めに入れていただいたことです。

フローリスト

ジェーンパッカー

お料理のこだわり

ザストリングス表参道はゲストの方は挙式までを専用のラウンジで待てたり、披露宴の開始時間まではサンクスギビングパーティーを行っていただきますが、それぞれの場でいろんな種類のアペリティフやドリンクが出されます。

こちらは他の式場には無いポイントで、ゲストの方にはこちらを是非楽しんでいただきたく、その旨事前にお伝えしておりましたので、披露宴での料理はあえて量の多すぎない、スープや白身魚といったものが出される比較的あっさりめで胃のもたれないようなコースを選びました。

ウェディングケーキ

金箔を表面に張っていただきたいと考えており、そのほかの部分はなるべくシンプルにするようにお願いしていました。表面は均一になるようになめらかに塗っていただき、周りにはグリーンや無花果、ブルーベリーなどを少し散らしていただきました。

引出物

ゲストの方の帰りに荷物が増えないよう、ピアリーさんでヒキタクを手配しました。内容は、式の後も楽しめるようなカタログギフトに加え、アーモンドのタルトを添えてお送りしました。

プチギフト

手のひらサイズのポップコーンギフトをお送りしました。こちらもPIARYさんで購入したのですが、10種類ほどのフレーバーがあり、皆さんにはランダムにお渡しさせていただきました。

婚約指輪

ithでオーダーメイドでお願いしました。

名だたるブランドリングにはあまり興味が無く、夫婦で同じデザインにはしながらも色味やテクスチャーを変えてオリジナリティも出すことができ、世界に一つだけのリングを作ることができて大満足です。

結婚指輪

婚約指輪と同様です!

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

結婚式という節目の場所で、これまで生きてきた中で関わってくださった大切な方にお集まりいただいたことです。

挙式の場でも、披露宴の場でも、所属は違っても自分が大変お世話になったという共通点を持った方が一堂に会することで、また皆さんに温かく迎えていただきたくさんの感謝の気持ちが波のように感じられてとても幸せな気持ちでした。

二人らしさとは

あえてこだわりすぎないところだったと思います。
いろいろな演出やケーキ、装花を見てきましたが必ずこれをやりたい!というもがあまり無く、そのため夫婦間での衝突もほぼ無いまま準備期間を終えることが出来ました。

あまり細かく決めなかった一方、式場にお任せしたところは予想以上の仕上がりとなっており、当日も神経質にならずに肩の力を抜いて楽しむことができたので結果これで大正解だったと思います。

嬉しかった参加者の反応

一番嬉しかったことは、月並みですが高砂からゲストの方の笑顔を見ることができたことです。

上述のとおり、時間を作ってお越しいただいたゲストの方には必ず楽しんでいただきたかったので、主賓挨拶、友人スピーチも喋りの上手い方にお願いしました。

私にとって結婚とは

私たち夫婦はお互い共働きですが、結婚前は仕事が終わって家に帰っても誰もいなく今に比べたら味気ない生活だったと思います。

今は家に帰ると夫や飼っている猫が待ってくれているので、自分は1人で生きているのでは無いということをふと感じることがあり、気持ちが安らげることができるようになったことが1番良かったことだと思います。

節約のための工夫

ザストリングス表参道はペーパーアイテムやアクセサリー以外は基本的に持ち込みが出来ないので節約という観点では少し苦労しました。

そのような状況の中でも、ペーパーアイテムをCreemaで依頼したり、引き出物をヒキタクで手配したりと、instagramで事前に情報収集しながら節約できるポイントを探りました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

他の卒花嫁さんとはまた違った方向性になってしまうかもしれませんが、こだわりたいポイントは絞り、優先順位の低い項目については式場にお任せしてみると準備期間も気楽で最後まで頑張ることができると思います。

その中でもこだわりたいポイントについてはしっかり詰めておけば当日は本当に大満足な1日になると思いますので、このあたりのメリハリをつけて無理なく準備を進めていただければと思います!