【招待状の宛名書き】基本マナーとおすすめ筆耕業者5選♩

結婚式準備中の花嫁さん、招待状の宛名書きどうしますか?自分の字に自信がないという花嫁さんは筆耕業者に依頼するのがおすすめ!宛名書きの基本マナーとおすすめの筆耕業者をどどんとご紹介します♡

2018.10.18 公開 2018.9.28 更新
この記事を書いた先輩花嫁
yucco

ウェディングニュース編集部* 2017年にTRUNK HOTELで挙式をした卒花です♡ 皆さんにとって役立つ情報を発信していきます♩

https://www.instagram.com/wedding.yucco/?hl=ja

字に自信ない方におすすめ♡筆耕業者に頼ろう♩

結婚式準備の最初の大仕事が招待状の準備ではないでしょうか?

招待状の宛名書きは手書きが基本的なルールですが、字があまり自信がなくて、手書きは避けたい、、という花嫁さんも多いと思います。
最近では、そんな方のために代行で宛名書きを引き受けてくれる筆耕業者が増えてきているんです♩

式場で代筆を依頼すると、大体200円程かかるので、外部の筆耕業者だと節約ができるだけでなく、手間もかかりません♩

この記事では、おすすめの筆耕業者と、知っておきたい宛名書きの基本的なマナーをご紹介します♡

招待状の作成から発送までの全体の流れ♩

まずは、招待状作成から発送までの全体の流れをご紹介します
全体の流れを知る事で、どれくらい前から準備をすればいいのか把握しておくと、
スケジュールが立てやすいですよ♩

・約3ヵ月前・・・招待客の確定・制作

・約2か月前・・・招待状の封入・宛名書き

・約1か月前・・・返信・招待客確定

約3ヵ月前くらいから招待客リストを作り、招待状を作り始めたり業者へ発注依頼します。
招待客リストは式場専用のシステムに入力する場合もありますが、エクセルなどを使って招待客の整理をしておくと、席次や引出物決め等、後々の準備にも役立つのでおすすめです♩

2〜3ヶ月前くらいから宛名書き、封入を始めていきましょう^^
なかなか時間がかかる作業なので、早めに取り掛かることをおすすめします♡

1ヶ月前くらいになると、返信ハガキが届き始め、ゲストが確定します。返信ハガキは、名前や住所、アレルギー等の記入漏れが無いかしっかり確認しておくと、直前のバタバタが避けられますよ♪♪

知っておきたい*宛名書きの代筆を依頼する場合の注意点

意外と知らない宛名書きの注意点。知らずに出してしまって後悔しないように、今からチェックしておいてくださいね!

原稿に間違えがないように確認!

当たり前の事ですが、間違えないことが基本中の基本なので、原稿をしっかりと見直しましょう。
名前や住所の誤字脱字は失礼にあたるので間違えた場合のために何枚か封筒を余分に渡しておくと安心です^^
肩書や名前の漢字など分かりづらいもの(旧字等)は本人にあらかじめしっかり確認しておきましょう!

法人名は略さない!

法人に出す場合は(株)など略さずに”株式会社”と正式名称で書きましょう!また役職なども間違えてしまうと失礼にあたるので注意しましょう。名刺を参考にすると良いですよ♪♪

依頼は余裕をもって!

業者に依頼する場合は余裕をもって行動しましょう。

期限ぎりぎりに依頼して間に合わなかった!なんてことにならないように早めに注文しましょうね♩


TOP画像出典: www.weddingnews.jp