【なぜジューンブライドは人気?】本来の意味・由来と結婚式への素敵な取り入れ方

花嫁さんの憧れ「ジューンブライド(June Bride)」。でもなんで梅雨の6月が人気なの?その理由は、ジューンブライドの本来の意味にあります!ここではジューンブライドの正しい意味や由来について解説。6月に素敵な結婚式を迎えるための、取り入れ方も合わせてご紹介します。

2018.4.12 公開 2019.5.1 更新

花嫁の憧れ、ジューンブライドについて色々知りたい♡

@ka.ru.wd

誰もが聞いたことのある『ジューンブライド』。
花嫁さんにとっては、結婚式をする上で一つの憧れ、でもありますよね。

ただ、6月に結婚式をすること以外、よく知らないなんて方も多いもの。
実はジューンブライドには深い由来や意味があります。

知っておくと、案外得する?
そんなジューンブライドについて、この記事で詳しくご説明します♡

そもそも、ジューンブライドの由来とは?

ジューンブライドは、元々ヨーロッパの言い伝えから生まれたものです。

海外の歴史(諸説あり)


諸説ありますが、一番有力なのはローマ神話の女神・ユノ(Juno)を由来とする説。
ユノは結婚や出産、育児の象徴とされる女神で、女性や子供、家庭の守護神とも言われています。

そんなユノが守っている月が6月!
*英語の6月、Juneの語源ともされているそう。
そこから人々には、「6月に結婚すると幸せな結婚生活を送ることができる」と伝えられてきました。

他にも、6月より7月の方が降水量が多く、意外に天候に恵まれる日が多いという説や、結婚解禁月説などがあり、色々と結婚式にまつわる説が多い事が『ジューンブライド』という言葉の由来になっているようです。

日本で広まった歴史と現状

ジューンブライドが日本で普及され始めたのは50年ほど前だそうです。
それまで6月は梅雨のイメージが強く、結婚式が少なかったんだとか。

そこに目をつけたのがホテル業界。
海外のジューンブライド文化を元に、戦略として「6月の花嫁さんは幸せになれる」という言い伝えを日本に広め、そこからジューンブライド文化が成り立っていきました。

ジューンブライドのメリット&デメリット

現在も6月は人気ですが、日本では秋が1番人気のシーズンとなっています。
その理由は、季節柄のメリットデメリットがあるから!
ここではジューンブライドを決める前に知っておきたい、メリットデメリットをご紹介します。

メリットについて

縁起がいい

先ほどお伝えしたように、ヨーロッパでは「6月の花嫁さんは幸せになれる」と言い伝えられてきました。
さらに日本でも、ことわざの「雨降って地固まる」にならい、雨を縁起の良いものと捉えることがあるようです。

費用が安い

日本では、過ごしやすい春と秋が結婚式の人気シーズン。
6月は結婚式があまり多くありません。

そのため、割引をしている結婚式場も多いのがメリット!
費用を抑えたいカップルには最高の条件とも言えますで♡

新婚旅行が安い

結婚式が終わったら、近日中に新婚旅行へ旅立ちたいカップルも多いですよね*
GWと夏休みに挟まれた6月は、旅行代金も安くなります♡
何かとお金がかかる結婚…6月は費用面でのメリットがかなり大きいのが特徴です。

デメリットについて

屋外演出ができない

日本は例年6月中旬頃から梅雨が始まります。
もしも屋外での演出を木ボスしているなら、6月は避けておいた方が無難です。
でもどちらも叶えたい!その気持ち、大いにわかります。
そんな欲張りな花嫁さんは全天候型の式場を選ぶと良いでしょう。

ゲストが服装や髪型に困ってしまう

梅雨が始まると湿気や突然の雨で、せっかくの衣装が台無しになってしまう可能性も。
特に来ていただくゲストさんには、快適に過ごしてもらいたいもの。
時期をずらすか、便利なアメニティを準備しておくようにしましょう。

ジューンブライドだからこそできる!演出&装飾アイデア

@ka.ru.wd

意味やデメリットを押さえた上で「やっぱりジューンブライドが良い!」と心に決めたみなさん。
ここからはお待ちかね、ジューンブライドだからこそできる結婚式の演出アイデアをご紹介します。6月というテーマにふさわしい、お花や装飾をご覧ください。

装花

結婚式を彩る装花*有名どころの紫陽花はもちろん、他にどんなお花があるのか気になりますよね*それでは早速チェックしてみましょう♪

①アジサイ

6月と言えばアジサイ!というくらい、ジューンブライドにぴったりなお花♡

優しい色味で色の種類も多いアジサイはグラデーションを楽しむこともできる、とっても優秀なお花です♪

珍しいアジサイブーケはゲストにも喜んでもらえるでしょう♪

ナチュラルウェディングに人気なリースブーケも、アジサイならとっても優しい雰囲気になります♪

パステルカラーのグラデーションも、とってもステキ♡

最近人気の高いお花のヘッドドレスも、アジサイを使うと柔らかい雰囲気になります♡

優しい雰囲気やナチュラルな雰囲気が好きな花嫁さんにおすすめです。

②ライラック

4月〜6月に開花するライラックは甘い香りと華やかなお花にハート型の葉っぱがとってもかわいくて結婚式にもぴったりです♡

ブーケに入るとお上品だけどかわいらしくなります♡

お上品で上質な結婚式にもぴったりです。

ジューンブライドにはぴったりなライラックカラーのドレスもおすすめです♡

カラー


すっきりとしたカラーは凛とした花嫁さんにぴったりなお花です♡

特徴を生かしたアームブーケが人気です♡

キャスケードブーケは豪華絢爛でとってもキレイ♡

カラーの長さや形を生かした高砂もとってもスタイリッシュで美しいですよ♡

デルフィニウム

鮮やかな青が綺麗なデルフィニウムは初夏の結婚式におすすめです♡
ヘアアクセサリーに入れても爽やか♡

デルフィニウムでデコレーションしたウェデイングケーキは凛としていてとっても綺麗ですね♡

てるてる坊主・傘のアイテム

「天気にな〜れ!」という願いを込めて、てるてる坊主グッズを用意しましょう♪ガーランドもかわいくておすすめです♡

プチギフトをてるてる坊主や傘のアイシングクッキーにしてもとってもかわいいですね♡

演出

可愛い傘でウェディングフォト

せっかくのレイニーウェディングなら傘を使って、雨の日しかできない特別な1枚を撮りましょう♪

カラフルな傘を使うのもとってもかわいいです♡

雨をイメージしたBGM


ぜひ雨に関連したBGMを使ってさらにジューンブライドを盛り上げましょう♪

おすすめは月9ドラマにも使われた久保田利伸さんの「LOVE RAIN〜恋の雨〜」。
20代〜30代のゲストは懐かしい気持ちあり、気分も上がるはず♪

雨上がりに爽やかな虹をイメージしたいなら、NHK連続テレビ小説・花子トアンの主題歌で、絢香さんが歌う「虹色」もオススメです♡

『これからはじまるあなたの物語、ずっと長く道は続くよ』というフレーズが、まさに結婚式にぴったりですよね♪

結婚式以外にも!憧れのジューンブライドを取り入れる方法

入籍日を6月にする

6月に結婚式をあげるのは難しい…というカップルは6月に入籍してジューンブライドを取り入れましょう♡
6月は特別な記念日が少ないため、お役所も意外と空いているそうです。

海外ウェディングをする

海外ウェディングやハネムーンで人気No.1のハワイやヨーロッパは、6月がベストシーズンと言われています!

最高のお天気の中、ビーチウェディングやガーデンウェディングを楽しめるでしょう♪

雨の季節を楽しもう♡

天候が気になってしまうジューンブライドですが、ほかの月でも雨は降るもの♡

「6月の花嫁さんは幸せになれる♡」という言い伝えにあやかって、是非ジューンブライドを楽しんでくださいね^^

この記事を書いた先輩花嫁
Suzy

結婚を機に東京から札幌に引っ越してきた札幌プレ花嫁です☃ 結婚式は東京で挙げるので行ったり来たりしております! 日本中のプレ花嫁さんと一緒に、楽しみながら結婚式準備をできたらな♡と思ってます。ふんわりかわいい雰囲気の結婚式にしようと頑張ってます♡!

TOP画像出典: www.weddingnews.jp