折り鶴シャワーで結婚を祝福!一人当たりの個数や作り方も大公開

折り鶴シャワーで結婚を祝福!一人当たりの個数や作り方も大公開のカバー写真

挙式後の二人を祝福するためのフラワーシャワー。生花や造花を使用しますが、最近では折り鶴でお祝いする折り鶴シャワーが人気です。今回は折り鶴シャワーについてや作り方を紹介するので、結婚式の予定を立てている人は参考にしてみてください。

折り鶴シャワーとは?

折り鶴シャワーとは、生花や造花の代わりに折り鶴を使用したアフターセレモニーのひとつです。洋装だけでなく和装での挙式にぴったりで、フォトジェニックなため人気があります。

折り鶴には結婚や平和の意味があり、「二人の健康や幸せ」を込めて祝福できるため縁起がよいものでもあります。また、散らばった後も美しく片付けしやすいメリットも。特別な結婚式にしたい人におすすめです。

折り鶴シャワーは人りあたり何個準備が必要?

折り鶴シャワーは一人あたり5〜10羽を準備するとよいです。10羽だと両手で持てる量なのでより華やかさがアップします。参列してくれるゲストの数に合わせて準備を行いましょう。

綺麗な状態で折り鶴シャワーを行うためにも、折りたたんだ状態で式場に運び入れて当日広げるのがおすすめです。しかし、当日新郎新婦は何かと忙しいため、事前にプランナーさんに相談しておくと当日の準備を手伝ってくれますよ。

千代紙を使用して自作するのもおすすめ

折り鶴シャワー用に折り紙で鶴を作る場合、大きすぎると投げにくくかさばります。一辺6cm程度の折り紙を使用するのがおすすめです。和模様が美しい千代紙を使用すれば結婚式にぴったりな鶴に仕上がりますよ。「みんなが楽しんでくれますように」など、思いを込めながら鶴を折れば、素敵な思い出としても残るでしょう。

水引や折り紙風船と混ぜるとより華やかに

折り鶴シャワーに同サイズのかわいい水引や紙風船などを混ぜるとより華やかになります。落ちる速度が違うため、美しいのが魅力的です。他にもフェザーを混ぜてふんわり感を演出するカップルもいます。一工夫して自分達らしさをプラスするのもよいですね。

折り鶴シャワーはネット通販で購入も可能

挙式まで時間がないけど折り鶴シャワーをしたいなら、折り鶴をネット通販で購入することも可能です。内容量や使用している紙によっても価格が異なりますが、200羽以上準備する必要がある場合は自作するだけで時間が取られてしまいます。

効率よく準備を進めるためにもネットで購入するのもおすすめです。

折り鶴シャワー(500羽入りアソート)

友禅風千代紙で丁寧に折られた折り鶴アソートです。500羽入りなので大量に準備したい人におすすめ。幸せな結婚式にぴったりの上品な鶴が揃っていますよ。

  • 折り鶴サイズ:約60×37mm
  • 価格:27,500円(税込)

折り鶴シャワー(500羽入りアソート)の商品詳細はこちら

折り鶴シャワーは入れ物もおしゃれに!

折り鶴シャワーを直で手に配るのもよいですが、入れ物を準備しておくとおしゃれさがアップするのでおすすめです。また、折り鶴を持っていやすいので、ゲストにも喜ばれるでしょう。

簡単に自作できるおしゃれなコーン

洋テイストな紙を使用して作ったコーンの中に入れるだけでおしゃれ感がアップします。手間をかけずに作れるのでおすすめです。

和テイストの寿柄紙カップ

折り鶴シャワーカップは、自作だけでなく購入も可能。ネット通販では紙に模様や名前・結婚式の日付を印刷してもらえるため、組み立てるだけでOKです。和テイストでおしゃれな柄も多いのでチェックしてみるとよいでしょう。

透明カップアレンジ

透明カップに和柄の折り紙を使用してオリジナルの折り鶴カップを作るのもおしゃれ。コストも抑えられ、ゲストにも配りやすいですよ。

実際に折り鶴シャワーを行った人の口コミ

当日自分たちではカゴに入った状態を見ていないので、写真で初めて見て「おぉ〜こんな感じやったんや✨」ってちょっと感動でした。

夫と2人で合間で折りました🌹 同期が我が家に遊びにきてくれたときに手伝ってくれたことも思い出です

フラワーシャワーの値段が3万かかるのが手間暇かけたおかげで千円以内に収めれました。頑張った…まじ後半無意識下で鶴折ってたww

たくさんの折り鶴が美しく、新郎新婦だけでなくゲストも感動したとの口コミが多いです。また、夫と一緒に折り鶴を作ったり、家族や友達が手伝ってくれたのもよい思い出として心に残ります。

全て自作をすれば式場にフラワーシャワーをお願いするよりも安い価格で済むので、なるべく費用を抑えたい人にもおすすめです。

折り鶴シャワーで思い出に残る結婚式を演出しよう!

今回は折り鶴シャワーについてや鶴の作り方などを紹介しました。細部にまでこだわりたいなら、折り鶴やカップを自作するのもおすすめ。素敵な折り鶴を準備して、華やかで思い出に残る結婚式を演出しましょう。

クリップするには登録が必要です