卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
4
道の駅ゆうひパーク浜田
70人以下

外での挙式だったので、空と緑の多い、綺麗な写真がたくさん取れました。
また、広い芝生の上で、ゲスト全員と集合写真も撮れました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
4
道の駅ゆうひパーク浜田
70人以下

夕方から夜にかけての披露宴だったので、
綺麗な夕陽を見ることができました。
エンディングでは外に出て、ゲストに手持ち花火を持ってもらい、花道を作ってもらいました。
夕方と夜では、違う雰囲気で写真も撮れたのでオススメです。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

ゲスト参加型の結婚式をしました。
席は用意せず、好きに動き回ってもらい、
用意したチェキや、写ルンですを撮って、
壁に貼ってもらったりしました。
コンテンツでは、借り人競争をしました。
ゲストには親族、友達がバラバラになったチームを作ってもらってゲームをしました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

A THINGS WHITE
ヴィンテージのキャミソールドレス

ヴィンテージの、キャミソールドレスをはじめから探していました。
色も真っ白ではなく、ヴィンテージ感のあるくすんだ色が気に入っています。

ドレス 2着目

Ceylon

自分のサイズで作ってもらったので、綺麗に着れました。
後ろがくるみボタンになっています。

ショップ
Confetti
ドレス 3着目

Grimoire-Select Vintage Shop-
ヴィンテージドレス

1950年代のドレススタイルを理想にして、
このドレスにしました。

シューズ

repettoのバレエシューズで、色はゴールドです。

ヘアメイクのポイント

ベリーショートなので、髪は特に何もしていません。 メイクは、2着目で目の横に星をつけました。
3着目のときは、白いアイラインを入れました。

アクセサリー

2着目のときに、ゴールドの蕾のイヤリングをつけました。
1.3着目はつけていません。

ヘッドアクセサリー

1着目は、ブーケに合わせたドライフラワーの髪かざりを使ってもらいました。
2着目は、ゴールドのリーフのヘッドパーツをつけました。
3着目は、白のトーク帽をつけました。

ネイル

ヴィンテージのドレス似合うように、シンプルでアンティークなものにしました。
先端にゴールドを入れています。

メインで使った花や装花のテイスト

会場は、ドライフラワーと生花を混ぜてもらいました。
ブーケは、ドライフラワーで作ってもらいました。

装花のポイント

花や、葉っぱを多く使った空間を作ることです。

フローリスト

crazy wedding
芦田川さん

お料理のこだわり

地元の食材を使った、料理を出してもらいました。

ウェディングケーキ

ケーキは用意しませんでした。

新郎新婦で、お互いを他己紹介しました。

友達から新郎新婦との思い出インタビュー
チェキ
ファッションコンテスト
借り人競争
5年後への自分へ手紙を書いて、タイムカプセル作り
手持ち花火で花道
などのコンテンツをしました。

引出物

united arrowsのカタログギフト、ラムネ、
中学生のゲストは、手作りの造花のブーケの中に、
洋菓子を混ぜたもの、
お子様には、手作りの造花のブーケの中に、
赤ちゃんお菓子を混ぜたものを贈りました。

プチギフト

オレンジクッキーを贈りました。

婚約指輪

MAHARAJA DIAMOND

結婚指輪

ついぶ京都工房で、手作りしたものです。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

目を閉じたまま披露宴会場に入り、
担当プロデューサーさんの話を聞き、
目を開けて初めて会場を見たときに一番感動しました。

二人らしさとは

自分たちだけを見てもらうのではなく、
ゲストにも参加してもらって、楽しみながらみんなが仲良くなるコンテンツを用意したことです。
服が好きで、結婚式の衣装も二人でこだわりながら選びました。

嬉しかった参加者の反応

・タイムカプセルなど、二人らしい演出だったと言われたこと。
・借り人競争では親族・友達がバラバラになって、
それぞれのチームが楽しそうにしていたこと。

私にとって結婚とは

結婚とは、

・好きな人とずっと一緒にいること。
・遊びや家事など、何でも一緒にやって楽しく過ごしています。

後悔していること

あまり参加できていないゲストも中にはいたので、
もう少し配慮が必要だったと思います。

やりたかったけれど諦めたこと

打ち上げ花火です。
打ち上げ地点から、一定の範囲を規制することが難しかったため諦めました。
打ち上げ花火の代わりに手持ち花火をゲストの方に持ってもらい、花道を作ってもらいました。

節約のための工夫

ドレスは、レンタルよりも購入した方が安かったので、安くていいものを探しました。
ヘッドパーツもイメージは固めつつ、安いもので理想に近いものを探しました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

私たちの結婚式は自分たちのやりたいこと、
ゲストのみなさんにやってほしいことを、
全部詰め込んだ盛り沢山なものにしました。
やりたいことを全て詰め込んだので、内容に関して後悔はありません。
結婚式は一瞬なので、最高の内容と、好きなものを着て、好きな人と物に囲まれて、その瞬間を楽しんでください。