卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

___wd.ka1004na___

___wd.ka1004na___さんのプロフィール写真
家族への感謝がテーマでした。
イメージ上でのコンセプトは、スタイリッシュ。
ナチュラル過ぎず、ラグジュアリー感もしっかり出すこと。Jo MALONEの世界観が理想。
ゲストへのホスピタリティを重視しました。
東京都 / 表参道駅
ザ ストリングス 表参道

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
ザストリングス表参道
100人以下

幻想的な空間のチャペルグランデは、本当に素敵でした。
ナチュラルなようで、重厚感のあるチャペルです。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
ザストリングス表参道
100人以下
グラマシーハウス

グラマシーハウスは乾杯の発声と共に、高砂の後ろのカーテンが開き、表参道の通りを一望できます。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

まずは式場選びの時点でのこだわりとして、
・駅近
・ホスピタリティの充実
・式場内の設備の良さ
を重視して選びました。

ゲストには有意義に、非現実的な1日を特別感をもって過ごして欲しい、という思いもあって、装花やコーディネートはこだわりました。

ドリンクメニューのランクを上げて種類を豊富にしたり、ゲスト一人一人へのおもてなしの気持ちを、色々な形で表現しました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

englantine(イングランティン)

憧れだったverawangの新作で、あまり着ている人がまだいない事や、3wayになる珍しいドレスという事。
そして、とても柔らかいチュールの透明感に惹かれました。

ブランド
Vera Wang
ドレス 2着目

マーメイドドレス

お色直しは、白!とずっと決めていました。
形はマーメイドで探していたのですが、このドレスのバックスタイルに一目惚れ。
立体感のあるフリルと、ラインがたまらなく美しいドレスです。

ブランド
LUISA
シューズ

DIANAのヌーディーベージュのパンプスに、RANDAのビジュークリップを付けました。
式後も使えるものが欲しかったので、シンプルな色味をチョイス。
華やかにもしたかったので、取り外しのできるクリップを付けて、大正解でした。

ヘアメイクのポイント

挙式、披露宴はシンプルな低めのシニヨン。
お色直しは、センターパーツでスッキリまとめ髪にしました。

アクセサリー

挙式は、パールのピアス。
披露宴は、パールのピアスから、大ぶりのクリスタルピアスへチェンジ。
お色直しは、スネークチェーンの長めのピアス。

ヘッドアクセサリー

挙式はティアラ、小枝のヘッドドレス。
披露宴は、小枝のヘッドドレスのみ。
お色直しは、生花の花飾り。

ネイル

ホワイトを基調にした、ニュアンスネイルにしました。

メインで使った花や装花のテイスト

メインのお花は、アネモネです。
時期的なこともあり、アネモネは造花でした。
あとは白バラ。
白一色で統一しました。
グリーンの色味は、フレッシュグリーンです。

装花のポイント

・アネモネを絶対に入れること。
・白、グリーン以外の色を入れないこと。

フローリスト

Janepacker

お料理のこだわり

ストリングスはお料理全て美味しいので、安心してお任せしました。
スープが特に美味しくて、お気に入りです。

ウェディングケーキ

こちらも白一色。
アクセントに白バラがのっています。
4段ケーキで高さもあり、一目惚れのケーキです。

引出物

主賓、友人、親族共通なのは
〈引き菓子〉
OCEAN&TERREのフロランタンとブラウニーセット
〈縁起物〉
恋ウサギ

引き出物
主賓…Tiffany ペアマグカップ
友人…Tiffany ペアグラス
親族…RING BELL カタログギフト プレアデスジュピター

プチギフト

&Cのストロベリーチョコクランチです。
ミニThankyouバッグに入っていて、可愛いです。

結婚指輪

CRAFYのもので、2人で手作りしました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

大切な人たちが、自分の為に泣いてくれている姿を見て見た時に、1番感動しました。

二人らしさとは

・素直でいること。
・感謝の気持ちや、尊重する気持ちを忘れないこと。

嬉しかった参加者の反応

・今までで1番感動した良い結婚式だった!
・ホスピタリティが良くて、会場で至れり尽くせりでとても良かった!
・何よりとても楽しかった!

と言ってもらえたことが嬉しかったです。

私にとって結婚とは

幸せ、の一言です。
私達は息子を出産してからの式で、ファミリー婚だったので、とても温かい式になったかなと思います。
結婚して、1人じゃないんだと思えることがたくさんあって、本当に幸せなことだなと実感しています。

後悔していること

当初40人ほどで考えていたのですが、思いの外増えて最終60人になりました。
そのため、会場が少し手狭で窮屈になってしまったかな、という印象があったので、会場の変更も考えれば良かったなと思いました。

やりたかったけれど諦めたこと

息子との演出です。
当日寝てしまったりのハプニングがあって、パパと挙式入場する演出が出来なくなってしまいました。
あとはゲストへのサプライズを、もっとたくさんしたかったなと思いました。

節約のための工夫

・必要ない削れるものは、大胆に削ったこと。
・チリも積もれば精神で、わずかな部分でも必要性を感じなかったら削ったことです。
・映像は、ダイジェストになっているエンディングムービーのみのプランにして、当日ムービーを無くしました。
・装花も値段の上限を指定して、その中で可能な装飾等を選んでいきました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

後悔先に立たずなので、一生に一度の結婚式を少しでも理想に近づけられるように、イメトレは本当に大切だと思います。
悔いのないようにということと、自分の中の不安要素を無くす意味でも、担当ディレクターさんとのチェックや連絡を惜しまないことをオススメします。