卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

lovpi

lovpiさんのプロフィール写真
シンプルで上質な大人のウエディングを目指しました。 会場ごとに洗練されたテーマと設備が用意されているので、 あまり盛り込み過ぎないよう意識しました。

ペーパーアイテムや装花、全てのバランスにもこだわり、おもてなしの部分では、挙式前からVIPラウンジで軽食やお酒を楽しめるよう手配しました。
東京都 / 表参道駅
ザ ストリングス 表参道

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
セントグレース大聖堂
100人以下

チャペルは、グループ提携のセントグレース大聖堂を選びました。

まず、存在感のあるステンドグラスに圧倒されます。
カサブランカの香りが広がる空間と、バージンロードに映る逆さステンドグラスもまた素敵です。
昼夜違った雰囲気を出すため、前撮りと本番では時間を変えてみるのがお勧めです。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
ザ ストリングス表参道
100人以下
グランドセントラル

ザ ストリングス表参道は、ホテルのような華やかさをロビーから感じることができます。

披露宴会場(グランドセントラル)は、プロジェクションマッピングによる樹木模様の演出や、 大きなスクリーンと迫力ある音響、会場四方の鏡張りなど、 もともと備え付けの設備が充実しており、標準の装花・装飾プランでも十分華やかな演出が可能です。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

サプライズ演出を進行に加えました。

■ドレス当てクイズ
お色直しをされる方は特にお勧めです。 和装など意外性がある衣装の場合は特に盛り上がります。
投票箱や投票券、景品等の準備はありますがそこまで大変な演出ではなかったです。

■新郎へのサプライズ
事前に新郎側ゲストと親族から新郎へのメッセージを集め、 メッセージムービーを自作し上映しました(外注でも良いと思います。
気合いを入れて4ヶ月ほど前から準備を始めましたが、それでもギリギリでした。早めに計画を立て、取りかかることが大切です!

■両親へのサプライズ
結婚式当日が両親(新郎側)の結婚記念日と重なっていたため、デザートプレートにメッセージを入れてもらいました。両親も喜んでくれて、記憶に残る演出だったと思います。

プランナーさんや司会者さんとも小まめに連絡を取り合うことが増えます。その分、演出だけでなく全てにおいての密な報連相ができ、信頼へ繋がったのだと思います。
準備はとても大変でしたが、どの演出もゲストや親族からの評判が良く、 こだわって良かったと思っています。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

DRESS:SIBILLA / ANTONIO RIVA

シルクオーガンジーを贅沢に使用した気品のあるドレスです。レース素材も検討しましたがシンプルが大好きなので最終的にプレーンな素材に。

1番の決め手はアントニオリーヴァ特有のバックスタイル。後ろ姿に一目惚れでした。すっきりとまとまり感のあるビスチェとは対象的に、 ボリューミーなスカートが存在感を放ちより一層特別感を与えてくれます。
結婚式のテーマの大人らしさ、シンプル、洗練にもバッチリはまりました。

ブランド
ANTONIO RIVA
ショップ
ACQUA GRAZIE
ドレス 2着目

SHOP:VERA WANG
DRESS:Delaney

1着目のドレスと雰囲気を変えたく スタイリッシュで都会的なデザインが魅力的なドレスを。
ボリューム控えめのチュールを使用した軽やさがポイントで 大人らしいシックな第一印象に惹かれました。

ANTONIO RIVAと悩んでいた私を見かねて 「どっちのドレスも着たい!」というわがままな私の願いを 主人が叶えてくれました。

ブランド
Vera Wang
シューズ

ROMY100 / Jimmy Choo
ダスティグリッター・ポインテッドトゥパンプス

ヘアメイクのポイント

■メイク:ナチュラルに透明感と艶を重視。ポイントメイクは暖色系に統一していただきました。

■挙式ヘア:タイトめのギブソンタック トップに少しボリュームを出し、顔周りにはやや後れ毛を。ベールの位置は低め。すっきりとした印象で厳かなチャペル挙式に合わせて控えめに。

■披露宴:ルーズシニヨン 少しだけシニヨンを崩し気味にしニュアンスを。サイドは編み込み、華やかさを強調。

■お色直し:ゆるふわダウン トップから動きのあるウェーブ。ダウンスタイルでガラッと印象を変えました。

アクセサリー

挙式:Pearl Earrings / TSUTSUMI

披露宴:Leaf motif Earrings / TASAKI×ACQUA GRAZIE

お色直し:Lunetta Earrings Gold / Maria Elena

ネイル

ダスティピンクとホワイト、パールを使用したシンプルなニュアンスネイルにしました。

メインで使った花や装花のテイスト

■会場装花
上品かつ優雅なテイストを希望し、くすみグリーンをベースに所々に白と青を置き、フレッシュなグリーンもMIX。ユーカリ(ポポ・グニ)、バラ、エリンジュームを指定しました。

高砂は高さを出しすぎないこと、サイドキャンドルにはゴールドを。 ゲストテーブルは、アーティフィシャルリースを使用しました。

装花のポイント

■ブーケ
ネイティブフラワー のプロテアを使ったブーケ。
プロテア以外はグリーンでまとめ存在感を高めるように。 パンパスグラス、リューカデンドロンを加え 秋の季節感も出してもらいました。

フローリスト

Jane Packer Japan

お料理のこだわり

TOROCADERO(トロカデロ)に SAINTGERMAIN(サンジェルマン)のデザートを組み合わせました。
味だけでなくトータルバランスや見た目も良く、 ゲストに満足してもらえるコースだと感じました。

また、新郎の希望もあってドリンクにもこだわりました。 試食会に参加した際に紹介してもらったキャンペーンを利用して、 カクテルやソフトドリンクの種類が充実したプランを採用しました。
マタニティドリンクの用意もあり、当日 参列頂いた妊婦の方にもとても喜ばれました。

ウェディングケーキ

インスタグラムで見つけたデザインを 忠実に再現していただいたこだわりのケーキです。
金箔を流れるように貼り、あまり飾り過ぎず葉は会場のものと統一するようにオーダーしました。

プチギフト

Number Sugar
挙式日に合わせて、No.11とNo.3の2種類のキャラメルを詰め合わせて贈りました。

婚約指輪

Tiffany セッテイング

結婚指輪

Cartier バレリーナ

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

挙式で両親に今までの感謝を伝えられたことです。
セントグレース大聖堂での挙式には 「絆式」 というそれぞれの両親に感謝を伝える時間があります。
父の手をとった瞬間に涙が溢れ出て 握った手がとても温かかったのを覚えています。 “ありがとう“と、ひと言 声に出すのが精一杯でした。

二人らしさとは

「お互いに家族想いなところ、友達が大好きなところ」 そこが似ているなと思い惹かれ合いました。
大好きな友人や親族に囲まれて、最高の時間を過ごすことができ、一生忘れられない思い出となりました。

嬉しかった参加者の反応

「こんな結婚式初めて」
「愛が溢れる結婚式だった 笑顔が印象的だった 」
「めちゃくちゃ感動した」
「全てがおしゃれ 」

両親との絆式、祖母との中座、新郎へのサプライズ、花嫁の手紙など 様々なシーンで感動したと言ってもらいました。両親や友人のことを褒めてもらえることもすごく嬉しかったです。

私にとって結婚とは

共に歩んでいく、1番のパートナーができたこと。
辛い時は支え合って、楽しい事は分けあって、共有していく。そんな存在がいることが幸せでとっても心強いです。

節約のための工夫

ペーパーアイテムで主に節約をしました。
招待状は、上司や親族以外にはWeb招待状を利用したり、 席次表、メニュー表、自己紹介などは一冊のプロフィールブックに纏めて自作しました。

また、オープニングムービーやプロフィールムービーは外注しましたが、 式場のものよりかなり費用を抑えられます。

ペーパーアイテムのDIYや動画等の自作が可能な方は、 コストを抑えるポイントになります。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

結婚式の準備は精神的にも体力的にも本当に大変で、主人と喧嘩になることもありました。
今となっては、良い想い出です。笑

今後式を控えているプレ花嫁の皆さんも、同じように抱える悩みが多くモヤモヤの日々かと思いますがそれを超える程の幸せな一日がきっと待っています!
最幸の日を迎えられますように…!