卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

aico0525

aico0525さんのプロフィール写真
麗風つくばシーズンズテラスは、お互いの実家の中間地点エリアで駅近という立地と、神前式が出来ること、平日だと貸切になるのが魅力でした。そして何より、担当プランナーさんに私が一目惚れしたことが最終的な決め手です。

式場のレポートを書く機会があったのですが、その際にプランナーさんが私たちの結婚式に題名を付けてくたのが"WA(和、輪、笑)心wedding"でした!
振り返ると、これがテーマだったなと思います。

私たちの結婚式は私の憧れである白無垢での挙式、色打掛での披露宴でした。(これが"和"です)
また、私たちの周りには常にゲストが集まってくれていました。会場がずっとひとつになっている気がしました。(これが"輪"です)
そして、私たちだけではなく、ゲストもみんな終始笑顔で居てくれました。私自身、最後の両親への手紙も泣かずに読めたくらいです。(これが"笑"です)

来てくれたゲストがみんな笑顔で、大半のゲストの方が料理が本当に美味しかったと言ってくれたことも嬉しかったです。
関わってくださったスタッフさんがみんな良い方達で、スタッフさん同士が和気あいあいとしていて、とても良い雰囲気だなと感じました。その感じが当日にも出ていたので、本当にいい結婚式になったんだと思います。

茨城県 / 研究学園駅
麗風 つくば シーズンズテラス

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
麗風つくばシーズンズテラス
30人以下

ガラス張りになっており、自然光が綺麗に入ってくるとても開放的なチャペルです。私たちの式当日はお天気にも恵まれて、本当に素敵な挙式ができました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
麗風つくばシーズンズテラス
70人以下

天井が高いので、開放感がある会場です。
高砂の後ろから入場することが出来るので、ゲストへサプライズすることが出来ます。会場内にある階段からの再入場も可能です。
私たちは使用しませんでしたが、大きな壁を使って、プロジェクションマッピングをすることも出来ます。
見学の際見せていただいたのですが、迫力がすごかったです。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

1、料理
ゲストは料理を楽しみに来てくれると思うので、こだわりました。
シェフと打ち合わせをして、私たち2人のオリジナルメニューが完成しました。特にお口直しの氷菓子は私たち2人をイメージして作っていただけて、感激でした。

2、ゲストとの時間
余興をあえて頼みませんでした。ゲストと楽しく触れ合える時間を大事にしたかったからです。たくさん写真を撮ったり、たくさん話せる時間を作りました。
また、どうすればゲストに楽しんでもらえるかを考えて当日を迎えました。

3、BGM
これはただただ自己満足のBGMにしました。笑
大好きな音楽に包まれ、幸せな時間を過ごす事が出来ました。

4、手作りアイテム
作れるものは作ろうと、不器用ながら作りました。一番力を入れたのが、色打掛の際に持つボールブーケとフォトラウンドの時に使用した”HAPPY”オブジェです。

5、衣装
SNSなどで見て、以前から”この色打掛が着たい”という物がありました。提携しているドレスショップに着たかった色打掛があり、運命の1着に出会うことが出来ました。

ウェディングプロフィール

和装 1着目

古典的なTHE白無垢!と言うよりは、柔らかい感じの白無垢がよかったので、全体的に花が散りばめられてる物にしました。
夫は白の袴です。

スタイル
白無垢
和装 2着目

こちらの色打掛はInstagramで見ていて、これが着たい!と思った色打掛でした。提携してるお店に私が着たい色打掛があり、運命を感じました。
旦那は同じく白の袴です。

スタイル
色打掛
ドレス 3着目

最後はウェディングドレスを着ました。
腕や背中を出すことに抵抗があったのと、派手なものは苦手だったので、レースで背中やデコルテ辺りを隠せて、ナチュラルなものにしました。
旦那はタキシードです。

シューズ

洋装が1着だけだったので、ウェディングシューズは提携しているお店からお借りしました。
ヒール7cmくらいだったと思います。

ヘアメイクのポイント

ヘアメイクは派手にならないよう、ナチュラルでお願いしました。
あまり髪も長くなかったので、出来る髪型も限られていましたが、和装(白無垢、色打掛)の時は、下の方にお団子にしてもらいました。
洋装の時は、軽いハーフアップの様な髪型にしてもらいました。

アクセサリー

アクセサリーもほぼ身につけませんでしたが、洋装の時にドレスショップでお借りしたイヤリングを付けました。

ヘッドアクセサリー

色打掛の時は、3種類ほどの生花をお団子の周りに付けてもらいました。
洋装の時は、ブーケと同じく7色のカスミ草で出来ている花冠にしました。

ネイル

ベースはナチュラルな淡いピンク。
それぞれの指に、貝殻やワイヤーでハートを作ったものや、小さな花束などを付けてもらいました。
ちょっとした遊び心で、右の薬指に実家で飼っている猫ちゃんを書いてもらいました。

メインで使った花や装花のテイスト

【色打掛時のヘッド装花】
カスミソウ、ダリア(オレンジ)、ピンポンマム(黄、オレンジ、白)にしました。

【洋装時のヘッド装花】
7色のカスミソウにしました。

【会場装花】
カスミソウ(白)、デルフィニューム(ラベンダー)、スカビオサ(淡いピンク)、バラ小輪(ピンク)、アジサイ(白)にしました。

装花のポイント

ナチュラルで!とお願いしました。
私がカスミソウが好きなことをお伝えし、いろんなところにカスミソウを使っていただきました。

当日装花を見た時には、素直に「可愛い!理想通り!」と思いました。私のゲストからも「お花可愛いね」「髪飾りのお花が素敵だね」と言ってもらえました。

お料理のこだわり

お料理の美味しさはピカイチだと思います。
試食会の際、結婚式でここまで美味しい料理食べたことがない!と思ったほど、料理にはとても力を入れていただいているんだなと感じました。

*鮮魚の昆布締め刺身湯葉のコンポジション
和出汁のジュレと共に

*旬魚介のカルパッチョ 色彩野菜のサラダ仕立て
特製和風ドレッシング

*ズワイ蟹たっぷりのフラン
銀餡仕立て

*オマール海老のヴァプール 天然真鯛を鱗焼きに見立てて
祝いのブーケアンショワヤードと
贅沢なシャンパンのソース

*ピンクグレープフルーツの氷菓子

*常陸牛フィレ肉とロース肉のグリエ
赤ワインジャポネソース 藻塩 刻み山葵をお好みで

*ウェディングケーキ 濃厚バニラと苺のパンナコッタ
ミニョンフルーツ添え

ウェディングケーキ

和装という事もあり、Instagramなどで和のケーキを探していました。自分たちの中でこれだ!と思ったのが、ダルマのウェディングケーキでした。
ゲストにも好評なウェディングケーキになりました。

引出物

あごだしとかつお節のセットとバウムクーヘンは共通にしました。
カタログギフトが友人達は3000円、5万包んでくれた親戚には5000円、10万包んでくれた親戚には8000円のものにしました。

プチギフト

マルティネリ(りんごジュース)にしました。

結婚指輪

ithと言うお店でオーダーメイドしました。
素材は旦那がプラチナ、私がK18です。
表面に細かい槌目模様を入れてもらいました。
リングはリボンのような形です。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

ほぼ泣くことはありませんでしたが、結婚式という素晴らしい1日そのものに感動しました。
中でも、挙式と披露宴の入場の時は一番感動しました。
神前式だったので、扉を開ければ目の前には大好きな家族が居て、その家族が私たちだけを見てお祝いしてくれる!と言う状況が感動でした。
同じ理由にはなりますが、披露宴の入場も、大好きな友達、家族が笑顔で迎えてくれたことは絶対忘れません。その中でも何人かの方たちが泣いてくれた姿も感動しました。

二人らしさとは

言葉で表現するのは難しいですが、私は人の笑顔が見るのが大好きです。
もちろん笑顔で居ることが難しいことだってありますが、私にとって笑顔はすごく大事なことです。
2人で居る時も、笑顔で居るように、笑いが絶えない生活を大事にしています。
私達の結婚式は私たちをはじめ、ゲストの皆さんが常に笑顔で居てくれて本当に幸せな時間を過ごせました。

嬉しかった参加者の反応

大好きな友達や家族、親戚が終始笑顔で楽しんでくれた事が何よりも嬉しかったです。

また、頑張って手作りしたものや、準備したものをみんなが褒めてくれました。色打掛の時に持っていたボールブーケは不器用ながら一生懸命作って、友達、親戚の他に式場の方々にも褒めていただけて嬉しかったです。

Instagramを見てずっと着たかった色打掛を、「似合ってたよ」「素敵な色打掛選んだね」など言ってもらえたことも嬉しかったです。

「あなた達らしい結婚式で本当によかったよ!」と何人もの方に言ってもらえました。
試食会にも行き、シェフとの打ち合わせもして、選んだ料理を来ていただいた方たちがみんな口を揃えて「美味しかった」と言ってくれたので、とてもよかったです。

私にとって結婚とは

当たり前ですが、家族になることだと思います。
好きな人と結ばれて、家族を一から築き上げる事って、本当に幸せなことです。
また自分の事を常に思ってくれている人と一緒に居られるのは安心感があり、結婚してよかったなと思います。

もちろん、実家でも安心感はありましたが、また別の安心感や幸福感があり、結婚してよかったなと思います。

後悔していること

切実にダイエットを頑張ればよかったなと思います。
ほぼ和装だからと思い、そこまで気合いは入れませんでしたが、二の腕は頑張ればよかったなと後悔しています。

やりたかったけれど諦めたこと

・サンクスバイト
お互い母親にサンクスバイトをやりたかったのですが、時間的に難しかったのと、私の母がそういうことを嫌がるため出来ませんでした。

・テーブルラウンドでの果実酒作り
こちらも時間的、金銭的に難しかったのと、衛生上みんなで作ってもらった果実酒は持ち帰れないとの事で諦めました。

・歓談の時間に誰かを指名して一言スピーチ
サプライズでやりたいなと思いましたが、せっかく楽しい時に指名された友達は恥ずかしかったりするかなと思いやりませんでした。

・お世話になったプランナーさんに披露宴中にサプライズでプレゼントを渡す
こちらもプランナーさんに違う意味で迷惑をかけてしまうかなと思い、式が終わったあとに手紙とお菓子を渡しました。

また、実際は神前式で挙げましたが、人前式も考えていました。家族だけではなく、友達にも参加してほしいと思っていましたが、自分たちで誓いの言葉やいろいろな事を考えなくてはいけないこともあり、時間的に準備が厳しいと思いやめました。

節約のための工夫

手作りできることは手作りしました。
色打掛の時に持ったボールブーケ、オープニングムービー、プロフィールムービーなど(他にも手作りしたものはあります)、作れるものは作って、節約しました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

私はまず、Instagramやネットで結婚式について、沢山調べました。その中から自分のやりたいこと、やりたいイメージなどを膨らませていきました。
InstagramなどのSNSを駆使するのもいいと思います。いろんな情報網を使って欲しいです。
結婚式を終えた友人にアドバイス貰うのもありだと思います。

準備段階から本当に楽しんで欲しいです。
当たり前ですが、結婚式までの日々は戻れないので…

あとは、担当プランナーさんも大事だと思います。
私は、プランナーさんに一目惚れして式場を決めたのも理由の一つで、プランナーさんに恵まれると、本当に素晴らしい式になると思います。
担当プランナーさんとは、初めて会った時から初めて会った感じがしなくて、失礼な言い方になってしまいますが、打ち合わせの度に友達と会ってる感じがして楽しかったです。
披露宴が終わり新郎新婦が退場した時、スタッフさん達が出迎えてくれ、そこで担当プランナーさんが私たちに一言を言ってくれた時、泣いてくれました。
そこで改めて、担当プランナーさんと出会えて、一緒にこの日に向けいろいろと作り上げ、最高の日を迎えることが出来てよかったと思いました。

心から楽しめる結婚式になるように、願ってます。