卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
アートグレイス ウエディングヒルズ京都
100人以下

ウォルトディズニーワールドの挙式ではヴァージンロードにAnd they lived happily ever afterという文字が入っていたり、魔法の鏡をイメージした大きな鏡があったり、ガラス張りになっているところからシンデレラ城を眺めることが出来て最高にロマンティックでした。

国内のチャペルは、ステンドガラスが張り巡らされていて、高い天井に真っ赤なヴァージンロード、聖歌隊と生オルガンが二階にいて良く響き、クラシカルで最高の雰囲気でした。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
4
アートグレイス ウエディングヒルズ京都
100人以下

プールのあるガーデンを囲うように広い踊り場と披露宴会場があり、どちらも大きな窓のようになっていて、暖かい季節はガーデンでサンクスギビングパーティーをしたり演出も行うことが出来ます。
階段からの入場もオススメです。
私達の披露宴の時間帯は雨が降っていたのですが、チャペルからそのまま踊り場に繋がっていて、踊り場が広いので使い道が沢山あると思います。
(私達は踊り場にマリアッチというメキシコの音楽を演奏するグループを呼んだりデザートビュッフェを行いました)

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

招待状やメニュー表のペーパーアイテムのDIYでおとぎの国っぽさを演出しました。
席次表は作らず、アイシングと可食ペーパーでエスコートクッキーを作って置いておきました。
ウェルカムスペースもラプンツェルをイメージして自分で飾りつけました。
挙式の時には友達にディズニープリンセスになってもらってブライズメイドをお願いしました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

国外挙式
white by vera wangのプリンセスライン

国外挙式では、とにかくプリンセスちっくなドレスを着たくて見つけたドレスです。
切り返しまでの部分がコルセットのようになっていて珍しかったのと、下のフリル部分の形が可愛くてまさにプリンセスドレス!だったのでこちらに決めました。

ブランド
White by Vera Wang
ドレス 2着目

国内挙式
vera wangのfernanda

一目で見てvera wangだと分かる特徴ある胸元と繊細なフワッフワのチュールが可愛くて選びました。
試着の時にサッシュリボンを巻いたのが可愛かったのもポイントでした。

ブランド
Vera Wang
ドレス 3着目

お色直し
ナイームカーンのキラキラAラインドレス

Lazaroのキラキラしたドレスを着たかったのですが提携先には無くて、ずっと良いものが見つからなかったのですが、新作で入ってきたこちらのドレスを試着して、スパンコールの輝きが強くキラキラしてロマンチックだったのでこちらにしました。
挙式用ドレスはボリュームがあったので、スッキリとしたAラインで違いも見せれると思ったのもポイントです。

ブランド
NAEEM KHAN
シューズ

ドルチェ&ガッバーナのゴールドカラーの総レースハイヒールにしました。
ディズニー感とアンティーク感を出したかったのでゴールドにしました。

ヘアメイクのポイント

国外挙式では、実写版シンデレラのようなグリグリに巻いたハーフアップにしました。

国内挙式では挙式時には巻いただけのダウンヘア、披露宴では夜会巻き、お色直しではラプンツェルの光る髪をイメージしたくて、シニヨンにした中にワイヤーライトを編み込んでもらって、沢山の蝶々のヘアピンを指してもらいました。
ダウンヘアを考えている場合は最初にすると綺麗な巻きが出来るとのことでした。

ベースメイクは泣いても崩れないというハリウッドメイクにしてもらい、シャネルのスティックハイライトを乗せてツヤッツヤにしてもらいました。

目元メイクはさりげなくダブルラインを入れたかったのですが、似合わなかったためダブルラインの代わりにシャドウで影をつけてもらいました。

リップは挙式時にはレッドにブラウンを足してクラシカルに、披露宴ではレッド、お色直しでは明るめのピンクにしてイメージを変えてもらいました。

アクセサリー

国外挙式…キャトルズの小枝風イヤリング

国内挙式…シンプルにジェニファーベアのゴールドのフラワークラウンのみ
披露宴時…ジェニファーベアのリボンの形をしたスワロフスキーのピアス
お色直し時…ジェニファーベアの蝶々の形をした大ぶりのイヤリング

ヘッドアクセサリー

国外挙式…海外サイトで購入したゴールドのクラウン

国内挙式…ジェニファーベアのゴールドカラーのフラワークラウン
披露宴時…ティファニーで朝食をのように小ぶりのティアラ
お色直し時…イヤリングとお揃いのジェニファーベアの大小サイズの違う蝶々のヘアピンとLEDのワイヤーライトを編み込んでもらいました

ネイル

国外挙式…ホワイトカラーにゴールドのパーツやビジューを乗せてもらったプリンセスちっくなネイルにしてもらいました。

国内挙式…ラプンツェルをイメージして、パープルベースに一本だけクリアに金箔を散らしてもらい、他の指はゴールドのお花やリーフのパーツとワイヤーを乗せてもらい、ラプンツェルのような雰囲気にしてもらいました。
フットネイルもパープルの宝石カットネイルにしました。

メインで使った花や装花のテイスト

高砂席はラプンツェルをイメージして、テーブルは1卓ごとに異なったディズニーの物語をイメージして作ってもらいました。
私自身がずっとお花をやっているので、装花も早めに来て確認したり修正などもしてもらいながら完成させてもらいました。

装花のポイント

高砂席はラプンツェルの長い髪をイメージして床を這うほど長いグリーンを使ったアレンジにしてもらいました。
各卓ごとに小物を国内外から取り寄せ使用して、お花と小物だけで何の物語なのか分かってもらうように、お花の打ち合わせは一番長く取ってもらい、全部で3回打ち合わせに行きました。
また席札と一緒にその物語をモチーフにしたアイテムを置いてもらいました。
13卓あったので、物語の数は13個です。
(リトルマーメイドはフォーク、不思議の国のアリスはトランプといったような感じです)

フローリスト

提携先のHIBIYA KADANさんです。

お料理のこだわり

メキシコ人の彼との国際結婚で、メキシコからもゲストが30人ほど来てくれていたので、メキシコ人に日本人の作るタコスを食べてみてもらいたい、日本人にはメキシコ料理を食べてみてもらいたい、そう思って魚料理をもともとのコースの品と入れ替えて新しいお料理を作って頂きました。
メキシコといえばタコスなので、メキシコでは安くて美味しいタコスを日本ならではの鱧を使った魚介のフレンチ風の上品な一品にしてもらいました。

ウェディングケーキ

国外挙式では下がピンクのフリルになっていて、上段にはゴールドの文字が入っています。
上には小さいゴールドのクラウンをケーキトッパーとして置いてもらいました。

国内挙式では同じ二段のものにしてもらいました。
クリームが掠れたようなケーキに金箔とグリーンと実物を乗せてもらいました。
ケーキカットの代わりにチョコレートをかけるドリップケーキにしました。

引出物

引き出物はカタログギフトにしました。
縁起物に富士山の形をした最中茶漬けと、引き菓子は4月14日がオレンジデーなのでオレンジピールが入ったのマーガレットの形をしたチョコレートケーキにしました。

プチギフト

こちらもオレンジデーを意識してイギリスで有名なクルトンヒルファームのオレンジのハンドクリームにしました。

婚約指輪

ティファニーのハートシェイプです。

結婚指輪

ティファニーのハーフエタニティリング、エンブレイス バンドリングにしました。
彼の方はシンプルなデザインにしました。

ラプンツェルの1シーンであり彼がプロポーズで私に言ってくれた言葉でもあるため、 私のリングにはYou are my new dream 彼のリングにはAnd you are mine と文字を入れてもらいました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

一番の親友たちがディズニープリンセスとして私たちの挙式をお手伝いしてくれて、式の間ずっとそばで見守ってくれていたので安心して、そしてとても感動しました。
結婚式のテーマであった無数の光は室内でのランタンの演出だったのですが、みんなでランタンを飛ばして披露宴会場が光で満たされた時は本当に魔法のようでとても感動しました。

二人らしさとは

私達はワクワクすることが大好きなので、結婚式でもずっとゲストがワクワクしてもらえることを意識して2人でDIYを頑張りました。

嬉しかった参加者の反応

こんなにこだわった結婚式は初めてとか、本当に感動したとか、全部が綺麗だったとか、そういう声を沢山もらえてとても嬉しかったです。
メキシコ人のゲストも、なんで細かくスケジュールが決まっているの?なんでこんなに短いの?と日本の結婚式に疑問を感じていたそうですが(メキシコの結婚式は夜から朝まで続くので。笑)
結婚式が終わる時にはほとんど全員が泣いていて、こんなパーティーは初めてで感動的だった、日本のウェディングは素晴らしいよと言ってくれたので、これも日本の文化の一つとして受け入れてもらえたのかなと思うととても嬉しかったです。

私にとって結婚とは

全てをシェアすることが出来るパートナーを持つことだと思います。
最悪な時も、最高な時も隣にいるのが夫婦なんだなと感じました。

後悔していること

まさか雨が降るとは思わずに、演出を完全に外で行うものとして進めていたので、当日ランタンの長さなどの調節にスタッフの方々に迷惑を掛けてしまったなと反省しました。
ガーデンがある場合は天候のこともしっかり頭に入れておいた方がいいと思いました。

やりたかったけれど諦めたこと

やりたかったことは全てやり尽くしました!笑

節約のための工夫

作れるものはなんでも自分達で作りました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

小さな不安が、そのあとの大きな後悔に繋がってしまうと思うので、少しでも不安がある時には、不安が無くなるまでとことんプランナーさんやスタッフの方に相談してほしいなと思います。
そして、当日はとにかく新郎新婦が全力で楽しむことがゲストの人達にとって何よりのおもてなしになるはずです。