卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
Barn&Forest148
100人以下

自然に囲まれたガーデンで挙式が出来ます!
納屋をイメージしたラスティックな挙式会場から登場したり、新郎新婦の後ろに木のボードや木を置いて写真映えするアレンジが出来ます。
挙式会場も木のぬくもりでいっぱいの雰囲気のある会場なので雨天で室内になっても文句なしです。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
Barn&Forest148
100人以下

高砂をソファーにアレンジ出来るのでゲストと近くで写真を撮ったり出来ます。
ソファーの周りには好きなものをたくさん置いてオリジナリティを出せました。
会場もふたパターンあり、私は木を全面に使用した会場にし、とってもナチュラルでラスティックな雰囲気になりました。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

小物を沢山手作りして、自分達にしか作れないリングピローやプロフィールブック、ウェルカムボードにしたことです。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

上半身が逞しいのがコンプレックスで隠したかったので、半袖でTシャツみたいなのを探していたました。
足は少し見せたい、お腹締め付けるのが嫌だ、と思っていたところ、セパレートドレスを着てみたら細く見えたので即決で予約しました。

ブランド
THE DRESS ROOM
ドレス 2着目

セパレートドレスを生かして、あえて上はチェンジせず、スカートだけボリュームのある色付きに変えました。
2着目も白でいいかなと思っていたところ、あまり見ないオリーブ色のスカートがあり、会場の雰囲気にも合うと思い即決しました。
その色を選んだのは私が1人目だったそうです!
茶色の麦わら帽子を被って、籠ブーケを持ってナチュラルな感じに仕上がりました。

ブランド
THE DRESS ROOM
シューズ

スタンスミス(スニーカー)
マークの部分は目立たないように金色のものを探しました。

ヘアメイクのポイント

1着目は低めのお団子で後れ毛をだし、2着目は太い編み込みをしてかっちりしないようにしました。

アクセサリー

お友達にイヤリングを作ってもらいました。

ヘッドアクセサリー

自分で造花を使ったヘアアクセサリーを作りしました。
義母が作ってくれたブーケの余り造花を頂いたのでピンとテープ代だけで沢山出来ました!

ネイル

模様なしのベージュネイルにしました。

メインで使った花や装花のテイスト

あまり華やかにはしたくないので、造花やドライフラワーでラスティックな感じをお願いしました。

装花のポイント

お花より葉っぱ系を多くしてもらいました。

フローリスト

会場にあるお花屋さんの渡辺さん

お料理のこだわり

フレンチやイタリアンではなく、アメリカ料理にしました。(中華やフレンチなど多国籍料理)
お腹は1番ランクの上のものにしました。

ウェディングケーキ

真っ白いケーキにナッツドリップをしました。
自分で用意したバケツに、ナッツをいっぱい入れてもらって、スコップですくってみんなの前で掛けました。

引出物

旦那が新潟出身で、引き出物は5種類入っているのが当たり前ということで、新潟の目上の方には5種類のものを選びました。
女性陣にはチーズケーキ、子供がいる人にはポップコーンセットなど、お菓子で贈り分けをしました。
そして遠方の方が多かったので全員自宅に次の日届くよう郵送にしました。

プチギフト

グラノーラ(ネットで注文した名前入り)です。
ナッツがゴロゴロ入ってて美味しかったです!
二次会は茶葉まで食べれる紅茶と義母が好きなお店のクッキーを詰めました。
ラベルシールは自分で手作りして貼りました。

婚約指輪

いらなかったのでもらっていません!

結婚指輪

二人で手作りしました。
結婚式では使いませんでしたが、製作中の映像を編集してデータを送ってくれるところで作ったので良い思い出ができました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

旦那がサプライズで私の好きな歌をピアノで弾き語りをしてくれたことです。
サプライズをするような人じゃないので嬉しかったです。

二人らしさとは

パフォーマー同士なので、一緒にやった仕事や道具などが分かるようにし、今2人でやっているパフォーマンスの写真を全面にだしました。
なによりも、来た人に某テーマパークに来たように楽しんでもらいたいと思いました。

嬉しかった参加者の反応

「らしいね! 珍しいこといっぱいで楽しかった! 」と言って頂けて嬉しかったです。

私にとって結婚とは

1人だと頑張りすぎてしまいますが、甘えられる場所があることです。
あと、楽しいこと嬉しいことをいつでも共有できる相手がいることです。

後悔していること

あの人も呼べば良かったねーと、後から招待すればよかった人が出てきたことです。

やりたかったけれど諦めたこと

2人のパフォーマンスをドレス着て出来たらやろうと思っていたのてすが、アクロバットの為、動きにくかったのでやめました。

節約のための工夫

招待状をなるべく手渡しし、小物も手作りしました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

最初の会場選びが大きいと思います!
私は会場が理想的過ぎて、そこで満足していましたが、やりたいこともなんでもやらせてもらえる会場で、更に理想的なものになりました!