卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

r_i___wd

r_i___wdさんのプロフィール写真
テーマは”Take Hand”
プランナーさんがつけてくれました。

「違うものを見ていても、辿り着く場所は同じ。手をつないで同じ道を歩んでいく」
という意味が込められています。

このテーマに沿って、一日を通してゲストと触れ合い、アットホームな式を目指しました。

テイストはBOHO WEDDING。装飾を控えめにして布を多く使い、質感を重視したりとこだわりました。テーマカラーはテラコッタです。
挙式
挙式の満足度
5
ama terrasse
100人以下

太陽の光が入ってくるのでドレスの白が綺麗に映えました!

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
ama terrasse
100人以下

ゲストとの距離が近く、アットホームな式におすすめです。バンケット自体はシンプルなので、どんなテイストの装花でも合うと思います。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

ゲストの手に直接渡るものはできるだけDIYしました!
特にペーパーアイテムはすべて手作りで、最後までこだわり抜きました。高砂のマクラメも手作りです!!

あとはゲストとの距離◎
新郎新婦が遠くてなかなか話せない…というのは嫌だったので、自由に写真を撮ったり話したりという時間をたくさんとりました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

zoey

結婚式が決まる前から憧れていたドレス!
大胆なフロントのVカット、コットンタフタの生地感、バックのくるみボタンがお気に入り ヘルシーで潔く、本当に運命の一着だと思えたドレスです。

ブランド
atelier nae
ドレス 2着目

eden

挙式とのギャップを狙ってスレンダーラインを選びました。 そして憧れのJenny Packham 全身のビーズ刺繍が動くたびにキラキラし、軽くて柔らかいのでずっと着ていたいと思えるドレスです。 大好きな一着です。

ブランド
Jenny Packham
ドレス 3着目

Tadashi Shoji

二次会に着用しましたが、前撮りでも使用し思い出深い一着です。 全身の刺繍がBOHO感たっぷりで、こちらも可愛いドレスです。

シューズ

ETRE TOKYOのセンターシームパンプス

オフホワイトでヒール部分がブラウンになっていて、式後も使えるものを!と選びました。 高さは8cmで、一日履いていたのでチャンキーヒールを選んで大正解◎

ヘアメイクのポイント

ドレスやアクセサリーを綺麗に見せたくて、挙式はシニヨン、披露宴はフィッシュボーンと、どちらもタイトなヘアにしました。
そのため、お色直しはアクセサリーとリップをチェンジし雰囲気を変えました。 どちらかというと可愛いよりヘルシーにかっこよく、なイメージです◎

メイクは普段とあまり変えず、オレンジ・ブラウンメイクに。 ドレスに負けないよう、リップはしっかりめに

ヘアメイク アルバムを見る >
アクセサリー

挙式:イヤリング/ヴィンテージ
挙式はとにかくシンプルに!

披露宴:フープピアス/monshiro
結婚式にはあまり見かけない大きめのフープでカジュアルダウン◎

お色直し:SUSAN/orgablanca
ロングイヤリングで顔まわり華やかに

ヘッドアクセサリー

披露宴ではpluieのコーラルヘッドバンドをつけました。ヘアが至極シンプルなので、少し存在感のあるものがつけたくて。
パッと視線を惹いて、モードになりすぎず、ぴったりでした◎

ネイル

テラコッタ、シルバー、ブラウンがメインのニュアンスネイルにしました。 少し入れたはちみつ色がポイント◎

ブライダル感を出さなかったのが自分らしくてお気に入りです。

メインで使った花や装花のテイスト

BOHOテイストで、大好きなパンパスグラス、グレビリアゴールド、バンクシアをメインにお願いしました。テーマカラーに沿ってもらい、あとはあえて色をあまり入れないよう指定しました。

明るい色をあまり使っていないので、結婚式!っていう特別感は低いけど(笑)
高砂の装花の量はあまり多くない方かな? なので、その代わり布を垂らしてもらったりと目を惹く演出をしてもらい、これがすごく可愛くて ゲストにたくさん来てほしかったのでちょうど良かったかなあと思います。

装花のポイント

大好きなドライフラワー、ネイティブフラワーを使うこと。好き嫌いがはっきりしているので、使ってほしくない花はしっかり伝えました。

こういうことは伝えるか迷うけれど、こだわりがある方はより理想に近づけるために伝えることをおすすめします!

フローリスト

プランナーさんの紹介で、はなやコキリさんにお願いしました。イメージを実現していただいて本当に感謝です。

お料理のこだわり

もともと地元や日本各地の美味しい食材を使用しているレストランなので、そこは大きなポイントでした。

創作料理のコースでしたが、全ゲストに楽しんでほしかったので、お箸を使って 食べられるもの、好き嫌いが大きく分かれそうなものは他の食材に変えてもらいました。 お酒の種類も豊富に用意し、とても喜ばれました。

ウェディングケーキ

ケーキは地元のカフェにお願いしました。
ケーキには美味しさ以外あまりこだわりがなかったので、打ち合わせで好きなイメージを持参し、あとはおまかせしました 。クリームのベタ塗り感が好き。

引出物

メインギフトのみ贈り分けし、引菓子・縁起物は共通のセットにしました。

引菓子・縁起物は知り合いのショップで人気のものや、実際に食べて美味しかったものをセレクトしました。メインはあまり自分で買わないけどもらって嬉しいもの、その他は実用的で美味しいもの笑

親族:カタログギフト/ACTUS
男性友人:スニーカー用シューケアセット/JASON MARKK ハードシェルケース/Nehe
女性友人:パドルブラシ/AVEDA
引菓子セット:食べるオリーブオイル、きりたんぽカップスープ、あんみつ、マドレーヌ

プチギフト

因島はっさくゼリーをラッピングして渡しました。
美味しさはもちろん、パッケージの素朴なイラストに惹かれて…笑
この辺はおしゃれを度外視です(笑)

結婚指輪

Passage of Time/YUKA HOJO

ずっと着けるならツルツルつやつやのものじゃないなっていうのが自分の中にあって(笑) 槌目の質感が大好きなリング。 指にどんどん馴染んでいく良さがあります。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

挙式は人前式だったのですが、結婚承認のためにゲストに拍手をしてもらった時のこと。
壇の上からゲスト全員の笑顔を一斉に見た瞬間、本当に幸せで涙が溢れてしまいました。その中でも父が泣いているのを見て、私もさらに泣いてしまいました。

二人らしさとは

気取らず、ありのままの自分たちで居ることと、それぞれが大事にしているものを2人で守ること。

笑って泣いてばっかりの結婚式で、ハプニングもありました。 だけどそれが私たちらしくて、後から思い出しても笑える程で、、ゲストにも心から楽しめたと言ってもらえました。

ゲストとの距離はまさに夫婦の大切にしたいものだし、自分たちらしく式をしたから叶えられたことだなあと思います。

嬉しかった参加者の反応

「こんなにおしゃれで、たくさんの人が集まる高砂は見たことない!」と多くの方に言ってもらい本当に嬉しかったです。あとは「可愛い!」「綺麗!」をあんなに言ってもらえる日はもうないだろうなあと笑

ドレスも装花も本当にこだわったのでそれが伝わり、年代を問わずに褒めてもらえて、頑張ってよかったー!と心から思いました。

私にとって結婚とは

好きな人とずっと一緒にいられることはやっぱり幸せです。不幸なことがあってもこの人となら乗り越えられるなあと思います。
そんな気持ちが現実に近いものになること、毎日顔を見てそう思えることが結婚の良さかなあと。

あとは旦那の家族はもちろん、旦那の友達と友達になったり、人との繋がりが広がったことも幸せなことだなあと思います!

後悔していること

式場が遠方の地元だったので、打ち合わせの度には帰ることができず、プランナーさんと会ったのは数えるほどでした。 電話では話していたけれど、演出や装花の打ち合わせ等、細かいことを伝えるのが難しかったので、直接会ってすり合わせる機会をもっと増やして、突き詰めれば良かったかなあと思います。

あとはレストランという建物の構造上のことなのでしょうがないけれど、空間の非現実感は薄かったかなあと(笑)
ウェルカムスペースやちょっとした装飾も、、写真を見ていると細かいことはたくさん出てきます(笑)

やりたかったけれど諦めたこと

式場選びの時点で初めからできないとわかっていたけれど、ガーデン等の外での演出があったら楽しかったなあと思います。

節約のための工夫

ペーパーアイテム、引出物バッグなど多くのものをDIYしました。 装飾用のキャンドル等、自分で用意した方が安いものを持ち込んだことも節約につながりました。

あと工夫ではないけれど、持ち込み料がないことも会場選びのポイントの一つでした。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

結婚式についての情報が本当に増え、あちこちで素敵なアイデアを見かけるようになりました。

私も式のテーマやテイストを定めるために見ていましたが、これもいいなあ、あれもやりたい!と思うことがしばしば。でも結局は、自分が初めにやりたいと思ったものに落ち着きました。
情報が多い中で、テーマカラーを決めたり、写真に撮ってまとめてみたりすることで全体が見えて取捨選択しやすいかなあと思います。

あと、なかなかしっくりくる会場が見つからない方へ
私はこだわりが強く、会場選びに妥協しようとしていた時にフリープランナーさんに出会いました。
様々な可能性を提示していただいたことが救いとなり、理想の結婚式を挙げることができました。

いろいろな条件があると思いますが、理想に近づける一つの選択肢として、フリープランナーさんおすすめです。

準備の期間は本当に体力勝負で、あっという間に時間が過ぎていきます。できることはコツコツと、早めに終わらせておくことが絶対におすすめです!!
早く準備を始めたと思ってもギリギリになることがザラです(笑)
あとは旦那さんの協力(結婚式の準備に限らず、家事とか!)を仰ぐのがカギ笑

悩むことがあれば声に出してほしいし、広く視野を持って準備に臨んでほしいです!オリジナリティを忘れずに きっとたくさんの幸せが待ってます 頑張ってください!