卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
フォーシーズンズホテル京都
100人以下

私たちは白無垢人前式で執り行いましたが、和装でも洋装でも似合う会場です。
光が差し込み、万が一雨でも心配ないところも魅力でした。
木でできた会場は暖かく、そしてデザイン性に溢れ、今まで見たことのない空間でとってもお気に入りです。 白無垢、ドレスどちらも素敵なお写真を残すことが出来ました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
フォーシーズンズホテル京都
100人以下

ラグジュアリーホテルということもあり、会場スタッフさんの気遣いはゲストさんからも評価が高かったです。
お料理も美味しく、好評でした。
披露宴前半は和をコンセプトとしており、会場の西陣織タペストリーでのプロジェクションマッピングや、三味線・尺八・ピアノの三重奏、そして鏡割りと目で見てもゲストさんに楽しんで頂けたかと思います。
またお花もニコライバーグマンさんのセンスが光り、こんな「結婚式初めて!」と友人にも言ってもらいました。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

ゲストさんに楽しんで頂けるかという目線でこだわりました。

ウェディングプロフィール

和装 1着目

挙式:白無垢 ザキモノショップからレンタル。
相良刺繍のもの。
家が呉服店であり、良いものをということで、相良刺繍は絶対でした。
色々なレンタルショップを見て、お値段の面でも良心的だったザキモノショップさんでレンタルしました。 真っ白よりもアイボリー系が肌と馴染むこと、京都宇治出身であり、平等院にちなんだ鳳凰の刺繍が施されていることも決め手でした。

スタイル
白無垢
和装 2着目

結婚が決まった時から決めていました。
黒振袖で着ることも検討しましたが、身長が低いため、バランスが色打掛の方が良いという理由で、オリジナル振袖にたどり着きました。

スタイル
色打掛
ドレス 3着目

披露宴:ヴェラウォン ヘイリー購入
オイスターカラーのリボンをつけました。
ヘイリーは試着した時に私の骨格に合っていること、ホテルウェディングに合うボリューム感もあり、決めました。
旦那さんや両親からの推薦もありました。
二次会:ヴェラウォン キャサリン購入
キャサリンは一目惚れです。どうしても着たくて、旦那さんにお願いして購入しました。

ブランド
Vera Wang
シューズ

ジミーチュウ ラメのものです。
ゴールドとシルバーが混ざったような色合いです。

ヘアメイクのポイント

メイクはお任せしました。
ヘアは衣装によりガラッと印象が変わるようにお願いしました。

アクセサリー

ヘイリー:ヘッドドレス、ピアス、ブレスレットはジェニーパッカムのものを購入しました。

ヘッドアクセサリー

アクセサリー欄に記載しています。

ネイル

白のお花と羽をモチーフにしたものにしました。

メインで使った花や装花のテイスト

ホワイトとグリーンをメインに、スタイリッシュに仕上げました。

装花のポイント

かわいすぎるものNGでお願いしました。

フローリスト

ニコライバーグマン

お料理のこだわり

選択肢はありませんでしたが、季節に合わせてシェフがご用意下さり、目でも楽しめる満足できるものでした。

ウェディングケーキ

鏡割りをしました。

引出物

ドレスにちなんで、ウェッジウッド、ヴィラウォンのお皿、ウェッジウッド紅茶、グラマシーニューヨークチーズケーキを贈りました。

プチギフト

チップトリージャム28gをネットで購入し、手作りのサンキュータグをつけました。

婚約指輪

ヴァンクリーフアーペル

結婚指輪

ヴァンクリーフアーペル

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

両親がずっと感動して泣いていたことです。
一人っ子ということもあり、色々な思い出がブラッシュアップしました。

二人らしさとは

他にないもの。
品のある。
ホテルウェディング。
これがふたりらしさです。

嬉しかった参加者の反応

今までで一番よかった。こんな結婚式初めて!
と言ってもらえたことです。

私にとって結婚とは

結婚とはいくつかありますが、
安心感。
幸せを分かち合える人がいるという喜び。
楽しみすぎる未来。

後悔していること

前日寝不足だったことと、
ウェルカムスペースだけ、しっかりと考える時間がなくなったことです。

やりたかったけれど諦めたこと

神前式:移動が伴い、ゲストの方が大変だと思ったため。
前撮り:お金と時間の余裕がなかったため。

節約のための工夫

筆耕。プロフィールブック。 席次表。 エスコートカード。 芳名帳。ペーパー系は手作りしました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

結婚式当日の流れを何回もイメトレして、どんどん必要なもの、したいことを形にしていきました。
大変かと思いますが、とっても贅沢な悩みです!
ぜひ彼と楽しんで、大切な時間を過ごしてください。