mskiiix_xさんのアイコン画像

mskiiix_x

【エシカルウエディング】
「地球とヒトが笑顔にHappyの連鎖になる結婚式」

私たちは「自然」が大好きです。
そして地球や環境についても日々考えて暮らしています。
当日お招きする大切な皆様と世界中の人々や地球環境のことも考えた優しさあふれる結婚式のスタイルを選びました。
結婚式を通じて関わる全てのことやヒト、自然に感謝し、少しでも地球に貢献できて世界中に笑顔がもっと増えたらと思っています。

・箸は、実のなる木から作られたものを配布し、使い捨てではなく、持って帰っていただき、家でも使用してもらう。

・食べ物は、地産地消のお野菜を中心に、オーガニック食材で美味しくて栄養価も高いヴィーガン料理。
地元の食材を活かすことでフードマイレージを下げました。食材の紹介文は、石に記入。目で見て楽しむことができるようなカラフルな料理。

・引き出物は、エシカル商品を用意し、フェアトレードのコーヒーや、陶器のお皿。引き出物バックは、エコバッグを配布しました。

・フラワーは何年も保存できるドライフラワーやドライフラワーになる素材の生花を使いました。

・コロナ対策として使用したトングは、紙製のもの。

・飲み物も、リサイクルできる瓶を使用したり、カップは、とうもろこしやじゃがいも、さとうきびなどの植物に含まれるでんぷんが原材料で地球にやさしく環境にやさしい植物性プラスチックのカップを使用したりしました。

produce by... p.style wedding (@p.style_wedding)

挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度5
2021-05-01
風の里キャンプ場
100人未満

自然の中で、風や日差しの心地よさを感じながら、緑あふれる挙式会場を作りました。

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度5
2021-05-01
風の里キャンプ場
100人未満

自然の中、開放感あるキャンプ場です!
人数もたくさん入ることができる広い空間です。

コンセプトやこだわったこと

外で遊ぶこと、自然がだいすきで開放感のある空の下、結婚式をあげたかったので、アウトドアウェディングを行いました。

自分自身アウトドアウェディングに参加したことがありませんでしたが、p.style weddingさんに結婚式をプロデュースしてもらい、たくさんのアイディアをいただき、ご協力してもらったおかげでオリジナルウェディングを行うことができました!

結婚式では、地球環境を配慮したエシカルウェディングにしたいと思い、食べ物や引き出物にもこだわりました。
また、ゲストのみなさんに楽しんでほしいという思いが1番でした。屋内での良さ、外だから出来ることそれぞれ素晴らしいと思うので、私たちの式では、外だからこそ出来る演出や装飾を楽しんでもらえるようにしました。軽トラや、キャンプ用カート乗って入場したり、風に心地よく揺れる布の装飾などを行いました。

結婚式の日に作ってもらったこの流木のツリーは昨年、熊本県人吉での水害で流されてきた流木で作成したツリーです。私たち夫婦も、ボランティア活動を行なっており、実際に被害を目にし、悲しい現状を知りましたが、この流木のツリーが、結婚式という門出の日に光をさしてくれたような気持ちがしました!熊本が、明るい未来にむかってすすんでいけるような力強いアートでした!


produce by ... p.style wedding

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
ドレス 1着目

ブランド:dressproduction

自然の中に溶け込めるようなシンプルなデザインが決め手でした。

SECOND DRESS
ドレス 2着目

ブランド:アーバンブランシュ

綺麗なオレンジのビタミンカラーに一目惚れしました。シンプルだけど肩のフリルが可愛くて、オレンジが顔色を明るく見せてくれ、新緑の中によく映えるカラードレスでした!

THIRD DRESS
ドレス 3着目

ブランド:dressproduction

一着目と同じドレスの上から、自前のニットを羽織りました。シンプルカジュアルで、会場の雰囲気によくあっていたと思います。

SHOES
シューズ

ブランド:ORiental TRaffic

キャンプ場なので、動きやすいペタンコシューズで、ゴールドの色味がお気に入りです。エシカルウェディングのテーマのもと、出来るだけ、結婚式だけで終わるのではなく、その後の日常でも使用できるものにしたいと思い、このシューズにしました。

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

普段のヘアカットからお世話になっている大好きな美容師さんにお願いしました。私の好みも理解しつつ、会場の雰囲気、旦那のタキシード、ドレスの雰囲気全てを見た上で、当日にセットを決定してもらいました。
ブーケに合わせた花をつけたり、明るい目元になるよう黄色を入れてもらったり、大満足のヘアメイクでした!

ACCESSORIES
アクセサリー

1つ目の衣装の際は、友達が手作りでプレゼントしてくれたビーズのロングピアス
2つ目の衣装の際は、ゴールドの花の揺れるピアス

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

1つ目の衣装は、ブーケに合わせてフローリストさんに作っていただいた花のヘッドパーツ
2つ目の衣装は、レースや紐、新聞紙や花のヘッドパーツを使用しました
3つ目の衣装は、布で作った大きなリボン

NAILS
ネイル

ドレスに合うようなアイボリー、ピンクのニュアンスネイル

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

阿蘇の自然に合うようなナチュラルカラーの旬のお花。

FLOWERS
装花のポイント

お花以外に木箱や、丸太などを使用し、ナチュラルでシンプルなデザインにしてもらいました。

挙式での装花では、丸太やユーカリなどの葉の間に、子どもの頃からの写真を並べ、ここまで大切に育ててくれたことへの感謝や、大切な友達に出会ってこれた人生を表現しました。

FLORIST
フローリスト

hymy.

FOOD
お料理のこだわり

ご飯は、もともと好きだったSTUDIO VEGANの純さん、ともみさんにお願いしました。
料理が美味しいのはもちろんのこと、人柄や考え方など、優しさに包まれた雰囲気が大好きな方々です。

料理は、地産地消のお野菜を中心に、オーガニック食材で美味しくて栄養価も高いヴィーガン料理。地元の食材を活かすことでフードマイレージを下げ、環境に配慮することができました。また、食材の紹介文は、石に記入。目で見て楽しむことができるようなカラフルな料理です!


料理人 純さんの「世界には、宗教やアレルギーなど、さまざまな理由で一緒の食卓でも同じ料理を食べることが難しいことがあります。しかし、ヴィーガン料理なら、誰しもが同じ食卓で同じ料理を楽しめることができる。」という考え方が大好きで、実際に結婚式でも、食物アレルギーの方が数名いらっしゃいましたが、全員で同じ食材で作られた料理を一緒に楽しむことがだしました。

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

屋外ウェディングということもあり、大きなケーキを保管することが難しいため、大きなクレイケーキを作成してもらい、ファーストバイト用のケーキも別で用意しました。
クレイケーキだったため、ドライフラワーをたくさん使った自分好みのデザインに仕上げてもらいました!

WEDDING FAVORS
引出物

★友人他
①フェアトレードのマグカップ。 ネパールで古くから焼き物を作り続けている工房「ティミセラミックス」の人々が一つ一つ手作り。

②THINKSコーヒー ドリップパック 2個セット。フェアトレード・パートナーはフィリピンのルソン島現地NGO「コーディリエラ・グリーン・ネットワーク」手間暇かけて育てた生豆を、適正かつ安定した価格で取り引きし、プレミアム(奨励金)を付与するという フェアトレードの仕組みで作られています。 農薬は使わず、多種類の樹木や作物を組み合わせて育てる農法と林業を組み合わせた、持続的な農法。


★親戚
① 九州産野菜だけつくったサスティナブルなだしパック 野菜だけのやさしい旨みだし。
皮もまるごと使用していたり、添加物不使用、食材の廃棄ロスにつながるエシカルな取組みで生まれたサスティナブルなだしパック。

② 小石原焼のお皿2枚
小石原焼は福岡県と大分県の山あいにて焼かれる陶器です。 刷毛目、飛び鉋、櫛描き、指描き、流し掛け、打ち掛けなどの文様が特色。


★引き出物バック
ゴミにならず、結婚式のあとにも使っていただけるようリサイクル素材でできたエコバッグに、オリジナルスタンプを押しました。

★引き菓子
熊本県阿蘇で作られている自家製カモミールコーディアルが香る、旬の自家栽培エディブルフラワーの標本サブレ。
季節によって違うお花や野草を使用した、春夏秋冬色々な表情の標本サブレです。

PETITE GIFTS
プチギフト

ジャムや蜂蜜に、オリジナルのサンクスタグをつけました。

WEDDING RING
結婚指輪

yuka hojo
シンプルで、大好きなアンティークなゴールドの指輪

ふたりで歩く一歩一歩が、振り返ったらふたりだけの
素敵な道のりになりますように。そんな想いをこめられている指輪です。

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

挙式で入場するときに、ゲストのみんなの顔が見えた時。
ドキドキ緊張していましたが、みんなの顔が見えた瞬間、やっと結婚式をあげれることの喜び、このような状況の中、大切な方々が集まってくれたことへの感謝、イメージ通りの結婚式を作ってくれたスタッフの方々への感謝の気持ちが溢れました。

二人らしさとは

楽しいと思うこと、やりたいと思うことをすること。

常識にとらわれずに、自分がしたいと思うことを2人で楽しむことが、私たちらしいと思います。結婚式では、その結果周りの人も楽しいと思ってもらえるよう工夫しました。

嬉しかった参加者の反応

ゲスト全員が、アウトドアウェディングに参加することがはじめてで、開催を楽しみにしてくれていました。

コロナ禍の中の結婚式ということで、心配していましたが、「どんな状況になっても、必ず参加するよ」「楽しみにしてるよ」と何度も声をかけてくれ、とても嬉しかったです。結婚式後も、「こんな素敵な結婚式に参加したのははじめて」「2人の優しさがいろんなところに詰め込まれていて、素敵だった」と嬉しい言葉をいただきました。

私にとって結婚とは

2人で一緒にいれること、これからの未来を一緒に想像できることが嬉しい!お互いの家族のことも大好きで、大切な人が増えたことが嬉しい!

後悔していること

アウトドアウェディングでは、天気に大きく左右されます。そのため、雨の際の対策は行っていましたが、寒さへの対策が甘かった。5月なので大丈夫と思って油断しましたが、当日は風が強く、ゲストの方々が寒い思いをされたのが心残りです。

やりたかったけれど諦めたこと

引き出物のギフトマルシェ
本当は、自分の好きなもの、欲しいと思うものを選んでいただきたかったのですが、コロナ対策で人が密集することを避けるため、行うことができませんでした。

節約のための工夫

ペーパーアイテムや、プロフィールムービーの自作をしました。

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

自分のやりたいことを思い切り詰め込む!
インスタやPinterestで情報を集め、自分の好きなものを見つけていくことが、後悔しない結婚式になるポイントかと思います!

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

テーマから探す

WN編集部が選ぶ おしゃれ花嫁
【2021年】冬の華やかウェディング
伝統×おしゃれ 和モダンウェディング
開放感抜群! ガーデンウェディング

エリアから探す

スタイルから探す

保存するには登録が必要です