卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
TRUNK(HOTEL)
100人以下

都会の中心とは思えないほど、グリーンに囲まれていて、ウッディな内装で落ち着きがあり、唯一無二のチャペルだと思います。
バージンロードは短めですが、ゲストとの距離が近く一体感を持てます。

きっと、何年経ってもこのチャペルはステキと思えると思います。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
TRUNK(HOTEL)
100人以下

私たちはMORIというバンケットを選びました。
MORIの内装はウッディで、私たちのパーティーのテーマに一番合っていると思いました。
シンプルだけど、窓も照明もとてもオシャレです。

特に、このバンケットを選んだ一番の理由は、TRUNKのバンケットの中で唯一テラスでBBQができることでした!

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

オトナ婚で子どもがいるゲストが多いので、なるべくゲストに負担をかけないことを心掛けました。
主賓挨拶や余興、二次会は無しにして、夕方からの式にしました。

私たちらしくを意識して、それぞれのゲストに私たちを知ってもらう機会に、またこれまで心配をかけたお互いの両親に安心してもらえるように…感謝の気持ちを込めました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

VERA WANG
Octavia

挙式ではボリュームがある花嫁らしいものを着たいと思っていました。
シンプルの中にチェックのチュールなど、個性もちゃんとあるoctaviaを着たとき他にはない高揚感がありました。
TRUNKのチャペルにも合うと思い、決めました。

ブランド
Vera Wang
ドレス 2着目

Jenny Packham
Venetia

繊細な総レースで丁寧に付けられたビーズ、背中の抜け感がポイントです!
女性心をくすぐるポイントをしっかり抑えてくれています。
カラードレスには興味が湧かなかったので、2着目をWDにするなら、雰囲気の異なるスレンダーのドレスを着たいと思いました。

ブランド
Jenny Packham
シューズ

マルジェラのtabi(8センチヒール)

ヘアメイクのポイント

普段あまり濃いメイクをしないのと、似合わないので、なるべくナチュラルに、普段の私に近い状態にしてもらいました。

1着目は細かいウェーブつけてもらいシニヨン。
2着目はドレスに合わせて玉ねぎヘアにしてもらいました。

アクセサリー

挙式…ripsalisのパール
披露宴…ranjanakhan風のイヤリング
お色直し…orgablancaの小枝のイヤリング

ヘッドアクセサリー

2着目のみグリーンのドライフラワーと革紐をつけました。

ネイル

くすみピンクで一部ミラーにしてもらいました。

メインで使った花や装花のテイスト

お花より、グリーンをメインにしてもらいました。

装花のポイント

高砂は、テントをイメージできるようなものにしてもらいました。

フローリスト

TRUNKのフローリストさん。
指名は特にしませんでした。

お料理のこだわり

最後にBBQをすることは決まっていたので、コースはボリュームを抑えてBBQを楽しんでもらえるようにしました。
家族と試食会に参加して、4種類の中から見た目味が一番気に入った、山吹のコースにしました。

ウェディングケーキ

TRUNKのケーキリストの中から、グリーンとラベンダーが添えてあるケーキを選びました。(もともと思い出があったのでラベンダーを使いたかったのでぴったりでした)

クリームの塗り方だけ変更してもらいました。

引出物

TRUNKの引き出物リストから選びました。
ゆらぎ中皿2枚セットとパウンドケーキ(ハニーレモンかキャラメルアップル)

親族には別でカタログギフトを式後に贈りました。

プチギフト

六花亭のマルセイバターサンドです。

婚約指輪

EXELCOのリング

結婚指輪

Cartierのトリニティリング

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

挙式前の撮影が終わり、小部屋でゲストのチャペルへの入場を待っているとき、アテンドさんからひとつのカードを手渡されました。
私の家族からサプライズでメッセージカードでした。

これまでたくさん喧嘩もしてきた母が「貴方が結婚する人ができたと聞いた時は、本当に嬉しかった。貴方の幸せがパパとママの幸せです。」と書いてくれてました。

その後、挙式でベールダウンをしてもらった時に、「おめでとう」と言って送り出してくれた時、本当に感極まり動けなくなりました。

二人らしさとは

ありのまま自然体でいること。
アウトドアが好きなこと。
人が好きで、たくさんの人に支えられて今があること。
感謝の気持ちを忘れないこと。

嬉しかった参加者の反応

今まで参加した結婚式の中でも、特にゲストが温かくたくさんの笑顔に溢れていた。
2人の人柄が出ていた。
ふたりらしくてすごくオシャレだった。
こだわりが良かった。

など言って頂けた事と、
引き出物のお皿に食べ物を乗せて、 写真を送ってくれる方がいて嬉しかったです。

私にとって結婚とは

家族ができることです。
楽しいことも苦しいことも、なんでも共有できる相手ができること。
心の癒し、拠り所、帰る場所。

小さなことにも幸せを感じられるように、 より幸せに感じられるようになりました。

後悔していること

撤収が遅くなり、ゲストが各自で行われていた2次会になかなか顔を出せなかったことです。

あと、カメラマンとの好きなテイストの共有不足です。
指名しても良かったかも…と思ったりもします。

やりたかったけれど諦めたこと

2人の写真をなるべくたくさん写真に撮って欲しかったのですが、旦那さんへのサプライズや親族紹介を優先させた為、カット数は少なくなってしまいました。

節約のための工夫

ドレスをセカンドオーナーとして迎えたこと。
ムービーやウェルカムボード、席札、一部ペーパーアイテムなどを手作りしたこと。
招待状を外注したこと。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

時間もお金も労力もたくさんかかるけれど、終わった時、その努力を忘れるくらいの幸福感を得られるはずです。
たくさん夫婦で話し合って、夫婦のスタートラインに立てた気がしました。

最高の一日になりますように!!