卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
ザ ストリングス 表参道
100人以下

ケヤキ並木をイメージした木々とキャンドルによる暖かい雰囲気のチャペルです。完全屋内ですが天井が高くて広々としていて、お天気の心配もいらないし、収容人数も110名なので安心でした。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
4
ザ ストリングス 表参道
100人以下
グランドセントラル

挙式会場の隣にあるニューヨークスタイルの披露宴会場。照明や壁、木の装飾がすでにされているのでお洒落なまま装花やペーパーアイテム等でオリジナリティを出すことができました。下見でもどんな雰囲気かイメージしやすいので良いと思うポイントです。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

海外風ウェディング。ナチュラル&エレガントにしたくてカラーはゴールド・ホワイトでテイストを統一しました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

ケリーファッタニーニのmargo。海外風のストンとしたラインのドレスで、胸元の刺繍レースも繊細で一目惚れでした。チャペル、バンケットともに雰囲気ぴったりです!このドレスに合わせてナチュラルだけど繊細さを演出できるよう小物選びはこだわりました。

ブランド
KELLY FAETANINI
ショップ
ACQUA GRAZIE
ドレス 2着目

憧れのブランド、ヴェラウォンのドレスは着たいと思ってて出会ったのがNayaです。ヴェラウォン独特のくすみピンクに一目惚れしました。あまり人とかぶりたくなかったので珍しいバラのデザインもお気に入りです。

ブランド
Vera Wang
ショップ
ACQUA GRAZIE
シューズ

BENIRのホワイトレース柄フラットシューズ。新郎も同じブランドのシューズを購入しました。当日はサムシングブルーとして二人で身につけてました。金額は私のシューズのみです。

ヘアメイクのポイント

あまりクラシカルすぎにならないように気をつけました。メイクはナチュラル、ヘアもゆるめふんわりとまとめてもらいました。

アクセサリー

母のハンドメイド。ドレスの雰囲気や私のイメージに合わせて作ってもらいました。挙式用では小枝イヤリング。写真のお色直し用ではヘッドドレス、ビジューイヤリング、ブレスレット。金額は4点大体の材料費です。

ヘッドアクセサリー

Love Tiaraの小枝ティアラ。ウェディングドレスに合わせて選びました。挙式ではティアラとして使用し、披露宴ではバックカチューシャとして使用しました。クリスタルが上品にキラキラと輝いてとても素敵なティアラです。

ネイル

セルフネイルです。自宅用のジェルネイルで金箔やパール、ビジューをのせました。金額は大体の材料費です。

メインで使った花や装花のテイスト

色や雰囲気のみ指定して花材はお任せしました。装花の色はホワイト・グリーンで、雰囲気はシンプルにまとめてもらいました。

装花のポイント

高砂をソファにしたこと。あとは時期的にクリスマスの気配を感じてほしくて小物にキャンドル・オーナメントを使ってもらったことです。

フローリスト

ブーケはフローリストさんと画像を見せ合いながら打ち合わせを重ねました。ベースの色はホワイト、くすみグリーンで、それにペッパーベリーという木の実がアクセントになっていてとてもお気に入りのブーケです。

お料理のこだわり

総料理長が有名なすごい方で、試食会でも美味しいお料理をいただいたので安心してお任せしました。当日はコースの説明をしてくださり来賓の方々も期待して召し上がってくださりお料理への満足度は高かったです。

ウェディングケーキ

2段ケーキで装飾にベリー系とシナモンやハーブを使ってもらいました。ドリップケーキにしたくてキャラメルソースを用意してもらいケーキカットの代わりに行いました。周りも盛り上がってくれて楽しかったです。

引出物

ヒキタクにしたためテーブルには後日ご自宅に届く案内状を置きました。また、ペーパーアイテムやプチギフトを持ち帰る用に小さい紙袋を用意しました。

プチギフト

犬と猫の形をしたクッキーにしました。彼が犬好きなのと私が猫好きなので両方とも用意しました。お見送りでは来賓の方に猫派?犬派?なんて会話しながらお渡しして最後まで笑ってもらえました。

婚約指輪

Cartieの1895ソリテールのハーフエタニティ。新郎がサプライズで用意しプロポーズしてくれました。今でも大切な婚約指輪です。

結婚指輪

Cartieのバレリーナをお揃いで購入しました。私はハーフエタニティにしました。

前撮り
後撮り
前撮りの満足度
5
シドニー/オーストラリア

Instagramで知ったフォトグラファーさんにお願いしました。腕もセンスも素晴らしくて撮りたかった構図の写真と、ロケ地ならではのおすすめスポットを教えてもらいました。どの写真も自然体だけど素敵な瞬間を撮ってもらえて大満足です。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

海外の雰囲気を写真でも伝えたくてロケ地にはこだわりました。シドニーで行ったので有名なオペラハウス、ダーリンハーバーを中心に移動して撮影しました。またドレスや小物は全て自分たちで用意したためサイズなどぴったりで良かったと思います。

ウェディングプロフィール

ショップ・フォトグラファー

Iku Motonagaさん

衣装の数

1

着用した衣装

Mori Leeのソフトマーメイド。全体的にレース刺繍と、ビーズやパールによる華やかなデザイン。こちらは卒花さんから譲っていただきました。