卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
クルトゥルハイム聖堂、パークハイアット東京
30人以下

大学構内の教会だけあって、静かで厳かな雰囲気です。
結婚講座も興味深いお話を聞けました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
クルトゥルハイム聖堂、パークハイアット東京
30人以下
ドローイングルーム

サービス品質の圧倒的な高さが決め手です。
見学〜打ち合わせ〜当日まで何一つ不満がないのはもちろん、常に期待を超えるサービスは流石です。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

家族と親しい友人のみでお食事と歓談を楽しみたかったので、美味しい料理や座席の居心地の良さ、演出のシンプルさにこだわりました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

自分で絵に描いたドレスをフルオーダーメイドしていただきました。
教会に合わせて露出を控えたく、ロールカラーのドレスにしました。
肩の第二鎖骨を通るようなライン、顔の大きさとバランスのとれる幅など細かく調整して作りました。

ドレス 2着目

1着目のドレスにレースをかけてアレンジしました。
ロールカラーをとって、上からレースとチャールをかぶせてアレンジしました。
色々なレースを胸にあて自分に似合う糸の色と柄を見つけ、破きながら似合う空き具合を探りました。

ドレス 3着目

1着目、2着目のドレスから、ロールカラーもレースも取り去りシンプルなベアトップのドレスにしました。
ハートカットの深さを顎の形に合わせて作りました。

シューズ

ドレスのデザイナーさんにお借りしたシンプルな白のパンプスです。
13センチヒールもプラットホームのお陰で歩きやすかったです。

ヘアメイクのポイント

ドレスのデザイナーさんに紹介していただいた大ベテランの方にお願いし、ホテルには交渉して持ち込みました。
教会とホテルに合わせて、クラシカルかつきちんと仕上げていただきました。

アクセサリー

1着目はシンプルにパールのイヤリングのみ。
2着目はブローチをつけました。

ヘッドアクセサリー

挙式には憧れだったIvory&coのティアラをつけました。披露宴ではブーケにも入れた胡蝶蘭をサイドにたっぷりつけました。

ネイル

シンプルに、イブサンローランのピンクベージュを塗っただけです。

メインで使った花や装花のテイスト

一目惚れしたフローティングキャンドルの花器を使い、間にグリーンを這わせキャンドルを点在させました。
色味は会場に映える白グリーンを基調に、
アクセントでブルースターを。

装花のポイント

ゲストが対面でも会話しやすいよう高さを抑えました。
悩みに悩み時間の迫る中デッサンを3回描いていただきましたが、装花は高額なので納得いく仕上がりになって良かったです。

フローリスト

パーク専属のフローリストさんです。

お料理のこだわり

フルオーダーメイドなので、季節感に合わせて提案していただいたものをそのまま採用しました。
グレードアップしない方がほとんどだそうです。
息子とお友達の幼児食も好きなものを入れて、メニューを考えていただきました。
またカクテルも、夫婦のストーリーに因んだものをオリジナルで作っていただきました。

ウェディングケーキ

シンプルな小ぶりの3段にベリー系をあしらい、
さらにサクランボも加えて季節感と可愛らしさを。
こちらも絵を描いて提案していただけるので安心でした。

引出物

親族にはタンブラー、
新郎友人にはワイングラス、
新婦友人にはマグカップを贈り分けました。
ブランドは全てティファニーで、パークの季節のパウンドケーキもつけました。

結婚指輪

ティファニーの、ソレスト(新婦)とミルグレイン(新郎)です。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

ケーキカットの時です。
結婚して2年経ち子どもも生まれ、今さら祝ってもらえるのか当日まで不安でいっぱいでした。
しかし、ケーキカットでおめでとう!とあたたかい拍手をもらった瞬間、そんな心配は杞憂だったとホッとして、また親しい人々に祝福されることの嬉しさから涙が溢れてしまいました。
結婚式を挙げてよかったです!

二人らしさとは

2人の選択全てが2人らしさとして、自ずと出てくるのではないでしょうか。

嬉しかった参加者の反応

こんなにアットホームな結婚式は初めてと言われたとき、私たちの目指したいものが伝わったとわかり嬉しかったです。

私にとって結婚とは

辛いこともありますが、家族で過ごす楽しい時間を思い出せば、私はいつも「幸せ」という言葉に還ってくることができます。

後悔していること

ヘアがクラシカルすぎたかなと後悔しています。
もっとふわっとしたおしゃれな髪型もトライしてみたかったです。

やりたかったけれど諦めたこと

ブライズメイドです。
手配に時間がなかったからです。

節約のための工夫

お金もですが時間もなかったので、
ウェルカムスペースの小物、ネイル、プチギフトなど自分の中で不要と思ったものは潔く削りました。
とくにウェルカムスペースはホテルのハード面が元々素晴らしいので中途半端な私のセンスで雰囲気を壊さずに済みむしろ良かったです。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

準備してきたことが現実となり、親しい人々から祝福される一日はまさに夢のようです。
全ての皆さまが夢の一日を迎えられますように☆