arisa_wedding20191220さんのアイコン画像

arisa_wedding20191220

新郎新婦が海外に住んでいる事もあり、ゲストがほとんど海外から来てくれたので、和風の雰囲気も取り入れたお花や料理を選びました。

ヘアメイク
@bie_and_co 斎藤裕子
https://www.instagram.com/bie_and_co/

英語司会&通訳
@kayokohazell
https://www.instagram.com/kayokohazell/

フォトグラファー
@r.yamashita_ig
https://www.instagram.com/r.yamashita_ig/

挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度5
2019-12-20
Oriental hotel Kobe
50人以下

オリエンタルホテルのチャペルは、窓が大きく光が入ってくるので、写真を撮った時にとても映えます!
海外ゲストからもとても好評でした。

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度5
2019-12-20
Oriental hotel Kobe
50人以下

オリエンタルホテルのテラスルームは、名前の通りテラスの横にあり、開放感があるとても素敵な会場です。
オープンキッチンもあるので、温かい料理がそのまま出てくる事もゲストからとても好評でした。

コンセプトやこだわったこと

私のVera Wangのドレスと新郎のフルオーダーメイドのタキシードです。

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
ドレス 1着目

ブランド
Vera Wang

Vera Wang
Bridal war(日本だとバレリーナ という名前かもしれません)

やはりVera Wangはチュールが何層にもなっていて高級感があることが決め手でした。

SHOES
シューズ

Nine West
シルバーのヒール

特にこだわりはなかったのですが、ファーストダンスを踊る関係で歩きやすいものを選びました。
パンプスタイプだとむくんだりかかとが痛くなりそうだったので、ミュールタイプが絶対いいと思います。

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

メイクさんに全てお任せしました。
二次会の髪型は、大好きなGossip girlのブレアが結婚式でしていた髪型にしてもらいました。

ACCESSORIES
アクセサリー

オーストラリアでプチプラだけど安っぽく見えない、キラキラなものを購入してつけました。

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

〈挙式〉
ロイヤルウエディングで使用されたティアラのレプリカ

〈披露宴〉
One day bridalのリーフ型のもの

NAILS
ネイル

シンプルに薄いピンクの単色にしました。

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

和モダンをイメージしました。

FLOWERS
装花のポイント

かなり前から打ち合わせをしていたので、こけまりを育てて用意してもらったりして、和のテイストを入れてもらいました。

FLORIST
フローリスト

Lässig Design Büro レッシグデザインビュロ
Noritaka Igarashi 五十嵐 規高さん

FOOD
お料理のこだわり

元々の料理のメインがオージービーフ(オーストラリア産)だったのですが、私たちがオーストラリアに住んでいるということもあり和牛にアップグレードしました。
あとは、地元名産の讃岐うどんを持ち込みして入れてもらいました。
海外ゲストからも日本のゲストからも好評でした。

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

シンプルに苺と生クリームのケーキです。

WEDDING FAVORS
引出物

海外ゲストが多かったので引き出物は出していません。

PETITE GIFTS
プチギフト

なしにしました。

ENGAGEMENT RING
婚約指輪

ティファニー

WEDDING RING
結婚指輪

家業の関係で、メーカーから直接買ったのでブランドは覚えてないですが、プラチナのものです。
私は小さいダイアモンドが入っています。

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

実は結婚式を私の病気が見つかった関係で、一年間延期したのでとても色々な思いがありました。

無事治療を終えて式を挙げられたこと、祖母にはじめての孫の結婚式を見せてあげられたこと、世界のいろんな場所から私たちのためにゲストが来てくれたこと、日本に住んでいた時に働いていたオリエンタルホテルで知っている人に囲まれて祝福してもらえたことなど、色々な思いが込み上げてきました。

駆け込みではありましたが、2人でファーストダンスを一生懸命練習して、当日なんとか踊れた事もいい思い出です。
シューゲームでは意味のわからない質問もありましたが、日本のゲストや家族は海外風の式を楽しんでもらえたみたいです。

二人らしさとは

外国人の主人、私もオーストラリアに10年ほど住んでいるので、いい意味でリラックスしているところかなと思います。
いい意味で日本のよくある結婚式とは全く違うものになったと思います。

嬉しかった参加者の反応

今までで参加した結婚式の中で1番素敵で美男美女のカップルだったと言ってもらえたことです。
拘ったドレスとタキシードをすごく褒めてもらえました!

私にとって結婚とは

実は5年ほど前に既に籍を入れていたので、なんら変わりはないのですが、やっぱり結婚指輪を見ると結婚したんだなという実感があります。
あとは海外だとMissからMrsになることです!

後悔していること

特にないですが、式場の人が指示したご祝儀箱の説明と、シューゲームのルールをうまく説明してもらえてなくて、意味わからない質問があったことです。

節約のための工夫

オンラインでペーパーアイテムを作ったことと、アクセサリーをプチプラのお店で買ったことです。

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

私たちは元々これがやりたいとか希望がなかったのですが、あまり詰め込まずにやりたいことを最大二つとかまでにした方がいいと思います!
(私たちの場合、wedding shoe gameとfirst dance)

友達の式で、ファーストダンスを間違えて喧嘩になったカップルもいましたが、私たちは間違えてもアドリブで修正したりして終始chillingな感じでリラックスしてたので楽しめたなと思います。

ドレスは式場によっては制限あると思いますが、やっぱり自分に似合う好きなものを着るのが1番じゃないかなと思います。

絶対こだわりたいところを一つ決めて、あとは全部スタッフさんにお任せくらいの勢いで欲張りすぎず完璧を求めないくらいだったからこそ、とても満足して後悔が全くない式にできたのかなと思っています。

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

クリップするには登録が必要です